妊娠・出産

関連キーワード

妊娠・出産に関する記事

【妊娠16週0日/予定日まで168日】「安定期」に入りました!

つわりの症状が和らぐ人も出始め、赤ちゃんの胎盤が完成しました。安定期とはいえ、おなかに赤ちゃんがいることに変わりはありません。日ごとに成長する赤ちゃんの様子や出産に向けて少しずつ変化するママの心と体、またその時期に気をつけたい注意点など経験豊富な産婦人科医 鮫島先生がアドバイスしてくださいました。今回は妊娠5カ月...

2017/08/20


「夫が浮気!?」「破水した!」妊娠中に見るこんな夢は何かの予兆!...

暑くて寝苦しい夜ほど、こわい夢や不吉な夢、またちょっと不思議な夢を見るもの。赤ちゃんや出産にまつわる夢だった場合は、「これって何かよくないことの予兆なの?」と不安になる妊婦さんもいるかもしれません。先輩ママたちが妊婦時代に見た夢をもとに、夢の専門家・富田 隆さんにその意味を解説してもらいました。「最近、気になる夢...

2017/08/18


9月生まれ赤ちゃんのママが「ムダなくベストだった」と振り返る出産...

季節の変わり目の9月。東京などではまだまだ暑い日が続くものの、北日本の地域では秋や冬に向けどんどん肌寒くなっていきます。今回は宮城に住む先輩ママに、出産準備グッズとして便利だったもの、必要なかったものを教えてもらいました。北の地方に住む9月出産予定の妊婦さんは、肌着やウエアの枚数など、ベビーの着るものについてのア...

2017/08/16


9月生まれベビーのママが振り返る「これが私のムダなし出産準備リスト!」

出産準備は楽しい反面、いろいろなグッズがありすぎて、実際に何をどれだけ買ったらいいのかわからない〜っと悩む妊婦さんも多いはず。今回は9月に出産した先輩ママに、実際に買ってよかったもの、あまりいらなかったものなどを教えてもらいました。実際にそろえた出産準備グッズリストも大公開! これを参考に、ムダなくベストな出産準...

2017/08/09


「アイス食べたいけど体重増加が心配」な妊婦さん向け 真夏のひんや...

妊婦さんにとっては暑くてつら〜い夏。体重&栄養管理が気になりながらも、ついついアイスクリームやジュースに手が伸びてはいませんか? 妊娠中は冷たいアイスやドリンクの糖質や脂肪分にもしっかり注意したいところ。妊娠中の栄養について日々研究を続ける管理栄養士・宇野 薫さんと予防医療コンサルタント・細川モモさんの2人の栄養...

2017/08/04


赤ちゃん肌着ってどんなタイプを何枚用意すればいいの?

肌着は、ベビーが生まれたその日から毎日必要になるもの。「まずは何が必要?」「生まれる季節によって用意するものは違うの?」「何枚あればOK?」など、新米ママは素朴な疑問だらけ。今回、高品質な肌着が長くママたちから愛されているミキハウスに教えていただき、ベビー肌着の疑問を解消する肌着準備ガイドをお届けします!

2017/07/31


7、8、9、10、11月出産予定のママは「こうすれば出産準備は完...

赤ちゃんの誕生が楽しみで、ついつい買いすぎてしまいがちな出産準備アイテム。いるものをしっかり見極めて準備しないと、産後に「これはまったく必要なかった〜」なんてアイテムもいくつか出てしまいます。7、8、9、10、11月に出産した先輩ママたちが、自分の出産準備の経験をもとに、これから出産予定のママたちに出産準備のポイ...

2017/06/28


先輩ママが教える!“10・11月生まれベビー”の冬育児に欠かせな...

10・11月生まれの赤ちゃんは、家の中でも外でも防寒対策が必須です。防寒アイテムを中心に先輩ママたちが、冬の育児でどんなアイテムを活用していたのか聞いてみました。家の中で過ごすことが多くなる冬場は、赤ちゃんが家の中で快適に過ごせるように工夫することもたいせつ。冬育児に欠かせないおすすめ便利家電などもしっかりチェッ...

2017/06/23


8・9月生まれベビーの生後4カ月までの肌着&ウエア これが全部リスト

8〜9月はまだ暑い日が続くものの、9月後半は徐々に朝晩の寒暖差が出て、肌寒い日も少しずつふえてきます。この時期に生まれる赤ちゃんには、どんなウエアを用意しておけばいいのでしょうか? 8、9月生まれの赤ちゃんを持つ先輩ママに、退院から生後4カ月までの赤ちゃんの服装について聞いてみました。短肌着や長肌着、コンビ肌着の...

2017/06/23


難産の原因にもなる“目の疲れ”をとって骨盤をしなやかに! 整体で...

目の筋肉は、子宮を収縮させる筋肉や骨盤を動かす筋肉と連動しています。ここがかたいと、難産の原因になることも。頭痛・肩こり・ストレスを緩和するツボに加え、肩甲骨まわりの筋肉をほぐすエクササイズで、目の疲れをしっかりとって、安産を目指しましょう。妊娠16週を過ぎた妊婦さんは主治医と相談のうえ、体調をみながらチャレンジ...

2017/06/21