【佐賀県立図書館】期間・数量限定で「漫☆画太郎」「ミニクマしげのぶ」「こどもの図書室」等のデザインを選んで利用者登録ができます 

プレスリリース

佐賀県

公開日:2019/04/22

4月23日の「子どもの読書の日」から始まる「こどもの読書週間」イベント。4月25日(木)~5月28日(火) @佐賀県立図書館

佐賀県立図書館では、4月23日(火)から5月12日(日)の「こどもの読書週間」にちなみに、子どもたちが本や図書館に親しみ積極的に読書活動を行う機会をつくるため、スペシャルおなはし会、展示「平成の児童書」、SPレコード鑑賞会等のイベントを開催します。どのイベントも無料で、事前申込みも必要ありませんので、お気軽に御参加ください。



公式ホームページ:https://www.tosyo-saga.jp/





また今年度は新たな試みとして、4月27日(土)からは、18歳以下の新規登録者を対象に、利用者カードを通常デザインに加え、デザイン違いで「漫☆画太郎バージョン」、「ミニクマのぶしげバージョン」、「こどもの図書室バージョン」の 3種類を各100枚用意し、お好きなカードを選んでいただくことにしています。これをきっかけにどうぞ県立図書館をご利用ください。多くの皆様の御来館をお待ちしています。



「こどもの読書週間」イベント概要


期間:2019年4月25日(木)~5月28日(火) 9時~20時(図書館開館時間)
場所:佐賀県立図書館(佐賀県佐賀市城内2-1-41)
参加:無料・事前申し込み不要
内容:
1)スペシャルおはなし会・・・4月27日(土)1回目:13時30分~ 2回目:15時~
2)展示「平成の児童書」・・・4月25日(木)~5月28日(火) 9時~20時
3)SPレコード鑑賞会・・・ 5月11日(土)11時30分~12時
4)オリジナルデザイン利用者カードの配布・・・4月27日(土)からなくなり次第終了
5)その他(参考情報)こころざしの森    



「こどもの読書週間」イベント内容


(1)スペシャルおはなし会



日時:4月27日(土)1回目 13時30分~ 2回目 15時~ ※1回目と2回目の内容は同じです。
場所:県立図書館 1階 こころざしの森
内容:千代田おはなし会ゆめどんによる絵本の
読み聞かせ、手袋シアター、紙芝居など。
対象:小学生以下(保護者同伴可)


(2)展示「平成の児童書」
期間:4月25日(木)~5月28日(火)
時間:9時~20時(図書館開館時間)
場所:県立図書館 1階 展示ホール
内容:平成元年~30年に発行された児童書の中から、各年を代表する1冊を選んで展示します。


(3)SPレコード鑑賞会




日時:5月11日(土)11時30分~12時
場所:県立図書館 1階 こころざしの森
内容:今では大変珍しくなっているSPレコード
の音色をお楽しみいただく鑑賞会です。
対象:どなたでも御参加いただけます。
※ SPレコード(スタンダード・プレイングの略)とは、1950年代後半まで生産された蓄音機用レコードです。12インチ盤の片面の録音時間は最大でも4分半ほどですが、SPレコードならではの味わいのある音色が楽しめます。


(4)オリジナルデザイン利用者カードの配布

18歳以下の新規登録者の方を対象に、通常デザインに加えオリジナルデザインのカード3種類を各100枚
用意し、お好きなカードをお選びいただきます。
期間:4月27日(土)~ カードがなくなり次第終了
場所:県立図書館 1階児童室(10時~17時)、2階貸出カウンター(9時~20時)
好生館分室(8時30分~17時30分)

【漫☆画太郎バージョン】



ギャグマンガ界のカリスマ、漫☆画太郎(まん がたろう)さんによる佐賀県立図書館キャラクター“くすクスくん”の大胆アレンジです。


【ミニクマのぶしげバージョン】



佐賀県立図書館ホームページのこどものページキャラクター“ミニクマのぶしげ”です。佐賀出身のイラストレーター326(ナカムラミツル)さんによるイラストです。


【こどもの図書室バージョン】



1階児童室の窓に描かれているイラストと同じデザイン。佐賀を拠点に活躍中のDesign446(デザインヨンヨンロク)さんによるイラストです。


【くすクスくんバージョン】



佐賀県立図書館キャラクター“くすクスくん”です。
現在配布している通常バージョンです。


(5)その他(参考情報)



※「こころざしの森」の森の字は、3つの本で構成した創作漢字です。




県立図書館1階南側の「こころざしの森」は、図書館利用者、公園利用者等が自由に利用できるオープンスペースです。児童書等を配架し、畳敷きのスペースを設けています。子どもたちが好きな本を自由に手に取って読んだり、読み聞かせができたりするなど、親と子が本に親しみくつろげる空間となっています。


【こどもの読書週間】
子どもたちにもっと本を!との願いから、1959年(昭和34年)に始まりました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日~14日)でしたが、2000年より、今の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)~5月12日になりました。

【子ども読書の日】
2000年に政官民の協力で実施された「子ども読書年」。この流れを受けて、2001年12月には「子どもの読書活動推進法」が公布・施行、国と自治体には子どもの読書推進に関する施策の策定・実施の責務を有することが明記されました。その「子どもの読書活動推進法」により、4月23日が「子ども読書の日」と定められました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム