竹でつくったトイレットペーパーの定期便 「BambooRoll」 5月12日より正式発売を開始!全国のカフェ・オフィス・ショップでも導入開始

プレスリリース

おかえり

公開日:2021/05/12


おかえり株式会社(所在地:長野県諏訪郡、代表取締役:松原佳代、以下「おかえり」)は、2021年5月12日、竹でつくったトイレットペーパーの定期便サービス「BambooRoll」(以下「バンブーロール」)の正式発売を開始いたします。
https://bambooroll.jp




■BambooRollについて
バンブーロールは原材料を竹100%とするトイレットペーパーを定期便で家までお届けするトイレットペーパーのサブスクリプションサービスです。環境と体にやさしいトイレットペーパーを目指し、漂白剤を使用しない無漂白の商品です。パッケージにはプラスチック・フリーのリサイクル段ボールを採用し、トイレットペーパーの芯(竹製)と段ボールはリサイクルすることができるため、ゼロ・ウェイストのパッケージを実現しています。2021年1月より先行予約を開始。2021年5月12日より正式発売となりました。全国のカフェやオフィス、ショップでの導入も始まり、店舗でバンブーロールが使用できます。公式サイトで導入店を紹介しています。
バンブーロールの導入店舗 https://bambooroll.jp/blogs/showcase 
※販売店舗ではありません

■竹でトイレットペーパーをつくる理由
竹はいま、その二酸化炭素の固定能力と耐久性からプラスチックや木材の代替資源として、注目を集める素材のひとつです。草である竹は木よりはるかに早いスピードで生育し、竹とラタンの国際機関・INBARが発表するレポート(※1)によると、生育期間5年前後までの期間は針葉樹・広葉樹よりも二酸化炭素を多く吸収するとの検証結果も提示されています。収穫してもすぐに自然に生え、少量の水で農薬を使用することなく早く成長する竹を使うことで、収穫、使用、そして自生してCO2を再び吸収するという循環をつくりたいと考え、バンブーロールを届けることにしました。また製造工程では再生可能エネルギーの電力を使っています。
また、2019年2月のNRDCの調査結果(※2)によると、日本は一人あたりのトイレットペーパーの消費量が世界第4位と発表されており、日本人のトイレットペーパーの消費量は多いことが明らかになっています。一方、2020年2月のコロナウイルス感染症拡大時の消費動向は、トイレットペーパーは日常の暮らしになくてはならない商品であることも示しました。
毎日何度も使う日用品であるトイレットペーパーだからこそ、一人ひとりの小さな暮らしの変化でも、日々の暮らし方や消費の仕方を考えるきっかけとなり、それが大きな変化となり得るかもしれない、そしてバンブーロールが持続可能な暮らしへのきっかけとなればと考えています。
※1 INBAR「Bamboo and Climate Change Mitigation」https://www.inbar.int/wp-content/uploads/2020/05/1489457789.pdf
※2 NRDC「THE ISSUE WITH TISSUE: HOW AMERICANS ARE FLUSHING FORESTS DOWN THE TOILET」https://www.nrdc.org/sites/default/files/issue-tissue-how-americans-are-flushing-forests-down-toilet-report.pdf

■バンブーロール概要


販売場所:バンブーロール公式サイト https://bambooroll.jp
商品:竹100%トイレットペーパー 1箱18ロール入り
1ロール 100mm × 115mm 330シート 3枚重ね
定価 : 定期便1箱 1,800円(税込) お試し1箱 1,980円(税込)
送料:全国一律 1箱 680円
※定期便は2ヶ月目以降、自動でお届けするサブスクリプションです。公式サイトでスケジュールの変更や停止は可能です。
※沖縄・離島への配送は受け付けておりません。

■おかえり株式会社について
2020年12月に設立した持続可能な社会を目指すスタートアップ企業。「“還す”を未来のあたりまえに」をビジョンとし、循環を生み出すサステナブルなプロダクトやサービスの開発を事業とします。松原佳代、大塚雅和、増村江利子の3名で創業。長野県富士見町に本社を置き日本・長野、米国・ポートランド、エストニア・タリンを拠点に事業を展開します。

■おかえり株式会社 会社概要
社名:おかえり株式会社
設立日:2020年12月1日
代表取締役:松原佳代
取締役:大塚雅和、増村江利子
URL:https://okaeri.company
事業内容:循環を生み出すサステナブルなオリジナルプロダクトやサービスの企画開発運営

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム