【調査】子供のオンライン学習ツール利用率は3割超 費用と継続できるかが懸念材料に

プレスリリース

株式会社クリスク

公開日:2021/04/21

すぐまなラボ~ 子供の学習ツール使用状況に関する実態を調査

子供向けオンライン学習サービス検索サイト「すぐまなラボ()」を運営する、株式会社クリスク(東京都品川区、代表取締役社長:杉島 泰斗)が、3歳~中学3年生までの子を持つ親御さん、300名を対象に、子供の学習ツール使用状況に関する実態調査を行いました。


2020年度は、新型コロナウイルスの影響により学校への登校が制限。その結果、オンラインを用いた学習活動が活発になったと話題になりました。
コロナ禍がはじまり1年以上が経った現在、実際にどれくらいの家庭がオンライン学習サービスを利用しているのか、またどのような点に満足・懸念点を感じているのでしょうか。

■調査結果概要

オンライン学習を利用中の家庭は3分の1
利用していない家庭の懸念材料は「金額」と「継続」
利用中の家庭は「金額」と「実績」に満足している


詳細な調査結果はこちらでお読みいただけます
https://www.sugumanalabo.com/column/research/808.html

■オンライン学習を利用中の家庭は3分の1
「お子様はデジタル学習教材(WEBサービス・アプリ・専用タブレット教材・オンライン授業サービスなど)を利用していますか?(単一回答)」(n=300)と質問したところ、「利用している」が33.67%、「利用していない」が61.67%、「利用していたがやめた」が4.67%、という結果になりました。



■利用していない家庭の懸念材料は「金額」と「継続」
デジタル学習教材を利用していない方に対し、「利用していない理由を教えてください。(複数回答)」(n=185)と質問したところ、「続かなさそうなため」が35.68%と最も多く、「費用が高い」が32.97%、「どれが自分の子に合っているか分からない」が32.47%、と続きました。





■利用中の家庭は「金額」と「実績」に満足している
デジタル学習教材を利用している方に対し、「利用していたデジタル教材・サービスで満足と感じるポイントは(複数回答)」(n=115)と質問。結果は、「子どものペースで学習できる」が36.52%と最も多く、「金額」「サービスの実績」「学べるジャンル・科目数」が続きました。



■調査内容まとめ
オンライン学習サービスを子どもに利用させている家庭は、33.67%と3割程度にとどまりました。
利用している家庭では、費用や学べる科目数など、機能と金額バランスに納得している家庭が多いほか、苦手なものはわかるまでゆっくり学べ、得意なものはどんどん学び進めるという、オンライン学習ならではのメリットにも満足していることが分かります。

一方、まだ利用したことがない家庭では、サービスの特徴やどのような継続しやすい仕組みがあるか、など具体的な利用イメージがつかめていないため一歩踏み出せないという状況が見て取れます。
オンライン学習自体を親自身が利用したことがあるか・ないかといったことも、この懸念点に関係しているかもしれません。

すぐまなラボでは、今後もオンライン学習や子どもの学びに関する調査を定期的に実施してまいります。

【調査概要】
調査名: 子どもの学習ツールの使用状況に関する実態調査
調査対象: 3歳~中学3年生の子どもがいる親 300名 (男性94名:女性206名)
調査期間: 2021年03月12日 ~ 2021年03月12日
調査方法: インターネット調査

【すぐまなラボについて】


「すぐまなラボ」は、2020年より運営を開始した、子供向けオンライン学習サービスの検索・情報プラットフォームです。
地域や世帯収入による学習機会の不平等を少しでもゆるやかにし、多くの子供たちの可能性を広げる手段として、オンライン学習の利用を広めています。年齢や学べるジャンルからのサービス検索のほか、編集部がピックアップしたアプリ・学習サービスの紹介、サービス利用者による体験レビューなどを発信中。
WEB:https://www.sugumanalabo.com/

【会社概要】
会社名:株式会社クリスク
所在地:東京都品川区東五反田5-22-37オフィスサークルN五反田2階
代表者:杉島 泰斗
業務内容:インターネットを利用したメディア事業、ソーシャルメディア事業およびコンサルティング業務などを行う。東南アジアでのソーシャルネットワークマーケティングも展開。
WEB:https://www.clisk.com/

【本調査に関するお問い合わせ】
株式会社クリスク メディア事業部
E-mail : media@clisk.com
担当者 : 北澤・重信

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム