日本キャラクター大賞2021ニューフェイス賞受賞の「クマーバチャンネル」が、初となる絵本を本日2冊同時発売!さらに絵本題材の知育ソングのミュージックビデオを初公開!

プレスリリース

株式会社Kumarba

公開日:2021/04/12

株式会社Kumarba(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋渡昇一郎、以下「Kumarba」)が運営するキッズ向けYouTube「クマーバチャンネル」初の絵本『クマーバとリズムでおぼえる どうぶつずかん』『クマーバとリズムでおぼえる たべものずかん』を、本日2冊同時発売いたしました。また、絵本を題材にした「どうぶつずかんのうた」もリリースしたことをお知らせします。



◼️ 「クマーバチャンネル」とは
キッズ向けYouTube「クマーバチャンネル」は、2019年5月1日からスタートし、チャンネル登録者数27万人、総再生回数は3億回!また、2020年のYouTube再生数VTuberカテゴリで年間1位を獲得しました※。多くのお子様にお楽しみいただいており、お子様がキャラクターと一緒に楽しく成長できるエンタメ知育チャンネルです。
※国内最大級のYouTubeデータ分析ツール「kamui tracker」調べ(2020年1月1日~11月27日)

◼️ しかけいっぱいの図鑑絵本
「クマーバチャンネル」初の絵本は、リズムに合わせて言葉が覚えられる図鑑絵本です。東京家政学院大学の吉永早苗先生が絵本監修を担当。「わんわん」「にゃーにゃー」「もぐもぐ」「ちゅるちゅる」といったオノマトぺ(擬音語・擬態語)と動物や食べ物の名前を組み合わせて紹介しています。音と名前がセットになってリズミカルに展開していくので、自然に言葉が覚えられます。
『クマーバ とリズムでおぼえる どうぶつずかん』

『クマーバ とリズムでおぼえる たべものずかん』

<書籍情報>
書名:『クマーバとリズムでおぼえる どうぶつずかん』
   『クマーバとリズムでおぼえる たべものずかん』
【Amazon.co.jp限定】特典付き クマーバどうぶつずかん・たべものずかん2冊セット
定価:各1210円(税込)・Amazon限定2冊セット2420円(税込)
判型:15cm×15cm/28ページ
ISBN:『どうぶつずかん』978-4-07-447899-6
    『たべものずかん』978-4-07-447882-8
   Amazon限定2冊セット978-4-07-448255-9
対象年齢:0歳~
発売日:2021年4月12日(月)
発行:主婦の友社


◼️ 絵本を題材にした新曲「どうぶつずかんのうた」同時リリース




ユニバーサル ミュージックとのキッズソングプロジェクト「DJクマーバミュージック」から、絵本を題材にした知育ソング「どうぶつずかんのうた」を、本日リリースしました。絵本と合わせて歌を聴いていただくことで、より一層「リズム」にあわせて「ことば」を覚えることができます。


タイトル:「どうぶつずかんのうた」
作詞:森田友梨、京田クリエーション、主婦の友社
作曲:森田友梨
配信開始:2021年4月12日(月)
販売:ユニバーサル ミュージック

▼デジタル配信について
DJクマーバ 「どうぶつずかんのうた」
iTunes、レコチョクほか主要音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスなどで配信中です。
https://lnk.to/DoubutsuZuka


■おうち時間を音楽で楽しく!「DJクマーバミュージック」


「DJクマーバミュージック」は、おうち時間を過ごすキッズたちが、音楽を通して、楽しく健やかに育っていけるようにと企画されました。DJクマーバと一緒に歌やダンスで身体を動かしたり、生活習慣を身に付けることで、楽しく成長できるエンタメ知育を提供します。2020年5月にデジタル配信シングル「トイレいけるかな?」でメジャーデビューを果たしたDJクマーバは、全国放送のテレビ番組をはじめ、様々なメディアに取り上げられ話題になりました。その後配信されたデジタルシングルのYouTube総再生回数は400万回を突破。


■ 「クマーバチャンネル」概要
クマーバチャンネルは、お子さんがキャラクターと一緒に楽しく成長できるエンタメ知育チャンネルです。「未就学児の想像力と表現力を豊かにし、可能性を広げる」ことをテーマにコンテンツを制作しています。YouTubeで良質なコンテンツを配信することで、いつでもどこでも楽しみながら心身ともに成長できることを目指しています。




■ 問い合わせ先
・株式会社Kumarba:kuma-ba@aktsk.jp

株式会社Kumarba 会社概要
Kumarbaは、「キャラクターの力で子ども達を笑顔に」をミッションに掲げ、これからの未来を担う子ども達に、笑顔を生み出すキャラクターとコンテンツを届けていきます。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム