憧れ・迷い・希望・苦悩……世界中の母親の気持ちに寄り添う1冊『ママン ー世界中の母のきもちー』4/14発売

プレスリリース

株式会社パイ インターナショナル

公開日:2021/04/08

株式会社パイ インターナショナル(豊島区) は2021年4月14日(水)に書籍『ママン ー世界中の母のきもちー』を刊行いたします。




世界累計24万部を超えるベストセラー。世界中の母親が子を慈しむ気持ちや、繰り返される日々の中で奮闘する姿、母と子のかけがえのない一瞬を詩的につづる大人の絵本です。ボローニャ国際児童図書展で注目の作家の美しいイラストと、内田也哉子の愛にあふれた翻訳でお届けします。

「世界中のお母さん、あなたがあなたでありがとう」
ーー内田也哉子

初めから「お母さん」である女性は誰ひとりいません。血のつながりがあろうと、なかろうと、この世に生まれてきた子どもと何かを共有し心を通わせるところから母親は、はじめの一歩を踏み出します。きっと、子を育てる世の女性たちは、繰り返される日々の中で、転んだり、ぶつかったり、試行錯誤して、いつしか母になるのでしょう。(訳者あとがきより)

絵:カンタン・グレバン
1977年ブリュッセル生まれ。ブリュッセルのサン・リュック美術学院でイラストを学び、卒業後すぐにデビュー作となる絵本をミジャード社から出版。以来、子どものためのお話から古典の名作まで幅広くイラストを手がけ、ボローニャ国際児童書展で何度も入選。世界中で著書が翻訳出版されている。邦訳された著書に『ナイチンゲール』『おやゆびひめ』(ともに岩波書店)、『きづいてパンダさん』(潮出版社)などがある。

作:エレーヌ・デルフォルジュ
文学を専攻したのち、教師・ジャーナリスト・コラムニストとして活動。『ママン』が初の著作となる。同じくカンタン・グレバンとの共著に『Amoureux(恋人たち)』(未邦訳)がある。

訳:内田也哉子
1976年東京生まれ。エッセイ執筆を中心に、翻訳、作詞、バンド活動(sighboat)、ナレーションなど、言葉と音の世界に携わる。幼少のころより日本、米国、スイス、フランスで学ぶ。三児の母。著者に『ペーパームービー』(朝日出版社)、『会見記』『BROOCH』(ともにリトルモア)、中野信子との共著に『なんで家族を続けるの?』(文春新書)、樹木希林との共著に『9月1日 母からのバトン』(ポプラ社)など。絵本の翻訳作品に『たいせつなこと』(フレーベル館)、『岸辺のふたり』(くもん出版)、『ピン! あなたの こころの つたえかた』(ポプラ社)、『こぐまとブランケット 愛されたおもちゃのものがたり』(早川書房)などがある。

『ママン ー世界中の母のきもちー』
https://pie.co.jp/book/i/5444/

書籍の内容をNetGalley内で無料でご覧いただけます。
(※NetGalleyの会員登録が必要です)
https://www.netgalley.jp/catalog/book/220569


イメージ










書籍概要


書名:『ママン ー世界中の母のきもちー』
https://pie.co.jp/book/i/5444/
仕様:A4判(297×210mm)/ハードカバー/68Pages(Full Color)
定価:本体2,400円+税
ISBN:978-4-7562-5444-3 C8798
発売日:2021年4月14日
作:エレーヌ・デルフォルジュ
絵:カンタン・グレバン
訳:内田也哉子
発売元:パイ インターナショナル



書籍に関するお問い合わせ


株式会社パイ インターナショナル
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4
TEL:03-3944-3981
ホームページ:https://pie.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/pieinternational
ツイッター:https://twitter.com/PIE_Children
インスタグラム:https://www.instagram.com/pie_children_book/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム