子どもが一人留守番中に大地震が起きたら!?累計1000万部突破「科学漫画サバイバル」シリーズから、クイズで防災を学べる『防災のサバイバル』が発売

プレスリリース

株式会社朝日新聞出版

公開日:2021/03/08

累計1000万部突破、小学生に大人気の「科学漫画サバイバル」シリーズから、クイズで楽しく防災が学べる『防災のサバイバル』が発売されました。東日本大震災から10年、“子ども版防災ハンドブック”として一家に一冊、必携です。


(C) Han Hyun-dong/Mirae N

累計1000万部突破、小学生に大人気の「科学漫画サバイバル」シリーズから、クイズで楽しく防災が学べる『防災のサバイバル』が発売されました。

家で留守番をしているときに大きな揺れを感じたら? 電車に乗っているときに大地震に遭遇したら? エレベーターの中でグラグラ揺れたら? 子どもたちが災害に遭遇したとき、1人でも落ち着いて行動し、身を守る方法を学べるクイズ形式の「子ども版防災ハンドブック」です。人気キャラクターのジオやピピと一緒に、ノウ博士からの防災ミッションをクリアしながら、楽しく防災の知識を身につけることができます。

地震のほかにも、豪雨や竜巻、雷などの自然災害、海や川、山などアウトドア事故の防止など、さまざまな災害に対する防災の心得や、新型コロナウイルスの感染予防についても学ぶことができます。




東日本大震災から10年、本書は子どもたちが防災への関心を持つための「最初の入り口」として活用していただくための1冊、“子ども版防災ハンドブック”として一家に一冊、必携です。

防災のサバイバル
発売日:2021年3月5日(金曜日)
定価:960円+税
A5判/160ページ/オールカラー
マンガ/韓賢東
監修/国崎信江、山本典生
https://www.amazon.co.jp/dp/4023319457

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム