「はたらく細胞」のアニメイラストで学べるウイルス&細菌図鑑が1月21日発売! 新型コロナを正しく学んで予防しよう!

プレスリリース

株式会社講談社

公開日:2021/01/18



            (C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
大人気アニメ「はたらく細胞」のイラストをふんだんに使用した
ウイルス&細菌をこどもはもちろんおとなも正しく学べる
『感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑』が
2021年1月21日(木)に発売!

感染症を引き起こすウイルスと細菌の違いからはじまり、
アニメで敵キャラとして登場する数々のウイルスや
細菌のアニメイラストを使いながら、それぞれの特徴や対処方法を学べる1冊です。
たとえば、
●ウイルス……新型コロナウイルス、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、
ムンプスウイルス(おたふくかぜ)、デングウイルス
●細菌…肺炎球菌、化膿レンサ球菌、緑濃菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、
ミュータンス菌、セレウス菌、腸炎ビブリオ、
カンピロバクター、ピロリ菌、腸内細菌
などを掲載しています。



『はたらく細胞』の小学生向け図鑑シリーズ(既刊『からだのしくみを学べる! 
はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑』および新刊『感染症を正しく学べる! 
はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑』)はシリーズ累計17万部突破! 
細胞たちの勢いは止まりません!
みんなで正しく学んで、ウイルスに負けないよう体の中の細胞を応援しちゃおう!

『感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑』
講談社編
定価:本体1400円(税別)
小学生むけ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム