Fammが子育て中の女性に「在宅ワークへの興味関心に関する意識調査」を実施。7割が在宅ワークに興味を持ち、希望平均時給は東京都の最低賃金を上回る結果に。

プレスリリース

株式会社Timers

公開日:2020/12/04

子供がいる女性向けのキャリア・金融教育サービスや、家族アルバムアプリを展開するライフデザインブランド「Famm」を運営する株式会社Timers(タイマーズ)(渋谷区 代表取締役社長:田和晃一郎)は、子育て中の女性477名を対象に「在宅ワークへの興味関心に関する意識調査」を実施いたしました。






調査概要

調査手法:Fammアプリ内でのインターネット調査
対象者:Fammアプリユーザー(子育て中の女性) n=477 名
対象地域:全国
調査時期:2020年11月11日~11月19日


調査背景

2016年4月に施工された女性活躍推進法を通じて、政府や企業を中心に女性の活躍を後押ししていますが、育休後に思うような働き方や職場復帰ができない人も多く、引き続き「M字カーブ」の社会課題の1つとして各メディアでも取り上げられています。

その中で、株式会社Timersでは、2019年に子供がいる女性が通える「Fammママ専用スクール」を開校。Webデザイナー講座や動画クリエイター講座、グラフィックデザイン講座などを中心に累計2,000人以上の卒業生を排出しており、子育て中の女性が新しい働き方を実現していく姿を見て、育児とバランスをとった在宅ワークの可能性を感じています。コロナ禍が続く今だからこそ働き方も変化しており、子育て中の女性の在宅ワークに関する考え方が変化してるのではないかと考え、今回の調査を実施しました。


調査サマリ

・2020年、ママの約7割が在宅ワークに興味がある時代に。
・在宅ワークをする場合の希望平均時給は1,176円となり、東京都の最低賃金を上回る結果に。
・在宅ワークに興味がある理由は「家事・育児と両立しやすい(56.7%)」、「収入を増やしたい(54.2%)」、「場所や時間に融通がきく(44.4%)」が上位に。
・やってみたい在宅ワークの第3位には「秘書や事務職(24.4%)」と、これまで在宅では遂行しにくかった業務もランクイン、2位は「アフィリエイト、アンケート入力(31.5%)」、1位は「文章やデータ入力(66.6%)」
・育休中に取得したいスキルや知識は「PC操作(28.5%)」、「語学(25.6%)」とスキルアップに繋がるものが上位を占めたが、次いで「金融・不動産の知識(23.2%)」や「育児に関する知識(12.6%)」のような家庭内で役立つ知識も人気に。
・上記に挙げた育休中の勉強に興味はあるものの、93.7%が育休中に十分に勉強ができなかったと回答。


調査結果

ママの約7割が在宅ワークに興味を持っていました。これはコロナ禍で働き方が変化してきていることや、家事や育児をしているからこそ、有効時間を活用したいと考える女性が増えてきていると考えられます。
また、在宅ワークをする場合の希望平均時給は1,176円となり、東京都の最低賃金を上回る結果となりました。



家事や育児をしているからこそ、働きやすい環境に繋がる両立や融通に関わる項目の「家事・育児と両立しやすい(56.7%)」、「場所や時間に融通がきく(44.4%)」と上位を占める一方で、「収入を増やしたい(54.2%)」が2位となりました。




やってみたい在宅ワークの第3位には「秘書や事務職(24.4%)」と、これまで在宅ではなかったような業務がランクインしたことで、昨今のオンライン秘書やオンラインアシスタントの広がりを感じる結果となりました。2位は「アフィリエイト、アンケート入力(31.5%)」、1位は「文章やデータ入力(66.6%)」等のPCを用いて作業する業務がランクインしました。


育休中に取得したいスキルや知識は「PC操作(28.5%)」、「語学(25.6%)」と自身のスキルアップに繋がるものが上位を占めたが、次いで「金融・不動産の知識(23.2%)」や「育児に関する知識(12.6%)」のような家庭内で役立つ知識も人気となりました。

その他の意見ではハンドメイドやSNSを利用したモニター等の声もあがっていました。



上記に挙げた育休中の勉強に興味はあるものの、93.7%が育休中に十分に勉強ができないという結果となりました。




まとめ


今回行った調査では、子育中の女性の在宅ワークに関する考え方の実態が明らかとなりました。
その中で、育児休業中に何か新しい知識やスキルをつけたいと考える女性が多いにも関わらず、93.7%が十分に学べなかったという回答をしています。

これは家事や育児に追われ、勉強する時間が十分に取れないという物理的な問題と、子育てと両立しながら学べる環境が整っていないという社会的な問題を兼ね備えていると考えられます。

シッターサービスがつくことで子育てと両立しながら学べる環境、そして1ヶ月強で講座が完結する短期コースだからこそ、忙しい女性でも無理なく学べる機会提供を通じて、社会課題の解決を推進し、より一層女性の多様なキャリアを支えてまいります。

■Fammママ専用スクールについて
育休中のママに大人気のFammママ専用スクールとは、育児中の女性が子供と一緒に通えて、Webデザインやグラフィックデザイン、フォトグラファーなどのスキルを学べるスクールです。家族アルバムアプリ「Famm」が手がけるサービスとして、オンラインを中心に開校しています。

小人数制だからこそ、質疑応答もしやすく講師からのフィードバックも充実しており、子育てに従事する女性がキャリアを諦める必要がない社会づくりに向け、キャリアップや復職、新たな可能性を広げる在宅ワークに繋がる様々なコースを提供しています。

卒業後には、在宅ワーク開始のための支援プログラムや、専用コミュニティへの案内、キャリアカウンセリングなどを無料で提供しており、卒業生は様々な領域で活躍の幅を広げています。

●オフィシャルサイト:https://famm.us/ja/school

■Fammについて
Fammは、お子様の写真・動画のクラウド共有・印刷サービスから、子育て家族の金融リテラシーを向上する子育て費用相談会つき撮影会、子供と一緒に通えるママのためのキャリアスクール、フォトグラファーによる出張撮影などを展開する、子供がいる女性の理想のライフデザインに寄り添うブランドです。

●オフィシャルサイト https://famm.us/
●Fammママ専用スクール https://famm.us/ja/school
●Fammお金の相談会つき無料撮影会 https://famm.us/ja/studio/area
●Famm出張撮影 https://snap.famm.us/

■株式会社Timersについて
株式会社Timersは、家族アルバムアプリ「Famm」をはじめ、子育て費用の相談もできる「Famm無料撮影会」、ママが子供と一緒に通えて、育休中でもスキルアップ・キャリアップを目指せる「Fammママ専用スクール」など、子育て中の女性向けのライフデザインサービスを複数手がけています。これまでの累計資金調達額は10億円以上となっており、2017年「日経新聞 NEXTユニコーン108社」にも選ばれています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム