排便から健康をととのえる「うんちweek」小学生1万人が排便記録に参加

プレスリリース

NPO法人日本トイレ研究所

公開日:2020/10/30

11/10~19に初開催

NPO法人日本トイレ研究所(所在地:東京都港区、代表理事:加藤篤)は、排便をとおして健康や生活リズムを整えることを目的にした啓発活動「うんちweek」を、2020年11月10日~19日に実施いたします。 【特設サイトURL】http://toilet-magazine.jp/unchiweek/(11月4日公開)  【準備サイトURL】http://toilet-magazine.jp/etc/1705



背景・目的
排便は、食事・睡眠・運動と同様に、生きる上で欠かすことのできない生理的欲求です。しかし、大人も子どもも排便について学ぶ機会はほとんどなく、日常会話でも隠される傾向にあります。また、排便回数や排便状態、排便疾患に関する基本的なデータが十分ではありません。過去に日本トイレ研究所が行なった調査では、自分を「便秘症だと思わない」と答えた人のうち約25%は、実際には便秘症の傾向がある状態でした。「うんちweek」の開催により、排便への関心を高めるとともに、健康や生活リズムを整えるきっかけとして、排便状態のチェックを呼びかけます。

期間
2020年11月10日(いいトイレの日)~11月19日(国連・世界トイレの日)

実施内容   


特設サイト・オンラインイベントによる情報発信

特設サイト:専門家(医師等)による、排便に関する正しい情報を発信(チラシ画像参照)
オンラインイベント:
・11月14日(土)「トイレに、愛を。フォーラム子どもの排便・栄養・睡眠の悩みにお答えします!」
・11月15日(日)「意外と知らない!便秘のはなし」
 *いずれも専門医からのレクチャーのあと、Q&Aを行います

排便記録の呼びかけ

・小学校に排便記録を呼びかけ、約1万人の小学生が排便記録を実施
・一般に向けた、記録用紙(ダウンロード可)とアプリ(ウンログ)の活用による、排便記録の呼びかけ

排便記録の結果発表

・期間中に集まった排便記録の結果を集計し、12月中旬に発表予定

実施主体
主催 NPO法人日本トイレ研究所  
協力 ウンログ株式会社

協賛企業メッセージ


EAファーマ株式会社
うんちweekを通じて皆様の「満足度の高い排便」の一助になれば幸いです。便秘を本気で考えるサイト「イーベンnavi」も是非、ご覧ください!(製品戦略部 芦田・宮野・國光・道宗)

カルビー株式会社
「気持ちのいい朝を作る!」をテーマに「フルグラ」を通じて朝食と排泄を一緒に考えていくきっかけ作りを一緒にできればと考えています。(マーケティング本部商品3部 網干弓子)

株式会社総合サービス
災害時や介護現場でも排便は特に重要な要素です。総合サービスは介護・防災の観点から健康促進のため、うんちweekを応援しています。


株式会社ビー・エス・ケイ
生きる上で最も大切な排泄習慣。当社の快適トイレで、野外でも健康なカラダの維持を!ビー・エス・ケイはうんちweekを応援しています!(本社 清水愛友)

森下仁丹株式会社
皆様の健康のバロメーターである“うんち”について気づきのきっかけになれば幸いです。当社は皆さまの健康を全力で応援します。(ヘルスケア事業本部 プロダクト・マーケティング部 平田隆司)

協賛企業一覧
EAファーマ株式会社、カルビー株式会社、株式会社総合サービス、株式会社ビー・エス・ケイ、森下仁丹株式会社、協和化学工業株式会社、小林製薬株式会社、野村乳業株式会社(順不同)

NPO法人日本トイレ研究所
「トイレ」を通して社会をより良い方向へ変えていくことをコンセプトに活動している NPO です。近年はとくに「子どものトイレ・排泄環境」「災害時のトイレ・衛生環境」「街なかのバリアフリーなトイレ環境」の3つのテーマに力を入れています。
所在地:東京都港区新橋5-5-1 IMCビル新橋9F
NPO法人設立:2009年(活動開始は1985年)
コーポレートサイト: https://www.toilet.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム