【楽天イーグルス】TOHOKU SMILE PROJECT第4弾「こどもアスレチック」寄贈

プレスリリース

株式会社楽天野球団

公開日:2020/06/01

宮城県名取市閖上地区に寄贈

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)は、「TOHOKU SMILE PROJECT(東北スマイルプロジェクト)」第4弾として、宮城県名取市閖上地区に寄贈する「こどもアスレチック」がオープンすることとなりましたので、お知らせいたします。


■株式会社楽天野球団 代表取締役社長 立花 陽三 コメント
このたび、「TOHOKU SMILE PROJECT」の第4弾として、宮城県名取市閖上地区に「こどもアスレチック」を寄贈する運びとなりました。この「こどもアスレチック」建設・寄贈に向け、2019年5月より開始した募金活動や寄付への呼びかけに対して、多くの皆さまのご協力・ご支援により、無事この日を迎えることができました。
心より御礼申し上げます。
東日本大震災、そして、今般の新型コロナウイルス感染拡大により、子どもたちが思いっきり体を動かすことのできる機会が減少しています。
今回、「こどもアスレチック」を寄贈させていただくことによって、たくさんの子どもたちが屋外で元気にのびのびと遊ぶことができ、笑顔になるきっかけに、そして隣接する商業施設「かわまちてらす閖上」とともに、地域のシンボルとして皆さまの憩いの場になればと願っております。

■宮城県名取市 山田 司郎市長 コメント
「TOHOKU SMILE PROJECT」の第4弾として、閖上地区に「こどもアスレチック」をご寄贈いただき厚く御礼申し上げます。
また、株式会社楽天野球団様には、これまで野球教室や子どもたちの野球観戦招待など、多くの復興支援を賜り深く感謝申し上げます。
令和元年6月に「スポーツの力で子どもたちを笑顔に!」というこのプロジェクトのお話しをいただいて以来、施設の完成を心待ちにしておりました。
閖上地区では、河川空間とまちの融合を目指し、商業施設、震災伝承館のほか、散策路の整備など「かわまちづくり」に取り組んでおります。
この施設が川辺に人々を誘う新たな地域の魅力として「かわまちてらす閖上」とともに、交流の拠点となるものと確信をしております。
市としても、この施設を最大限に活用すべく、今後もにぎわいの創出に取り組んでまいります。


<「こどもアスレチック」に関して>

本事業は、「スポーツの力でこどもたちを笑顔に!」この言葉を合言葉に、2014年に立ち上げ、東北のプロスポーツチームとして、東日本大震災の復興・再生のお手伝いを継続的に実施するなかで活動を開始しました。
日本だけでなく世界中の方々と力を合わせ、東北のこどもたちを笑顔にしたいと考えています。
これまで、多くの皆様からのご協力のもと、第1弾として福島県相馬市へ「相馬こどもドーム」、第2弾として岩手県大槌町に「こどもグリーンフィールド」を寄贈、第3弾として東北各地に「こどもスタジアム」の建設を目指して活動を行ってまいりました。
そして、このたび、第4弾の「こどもアスレチック」を宮城県名取市へ寄贈することとなりました。
名取市閖上地区は東日本大震災で起きた津波によって、甚大な被害を受けた場所です。「スポーツを通じて人々が集う交流の場をつくりたい」、そして「こどもから大人まで地域の皆さまの笑顔を生みだすお手伝いをしたい」という想いから、今回の寄贈に至りました。
名取市と協議の上、愛称は「閖上こどもアスレチックパーク」とし、商業施設「かわまちてらす閖上」に併設する公園として賑わいの拠点になればと考えております。

TOHOKU SMILE PROJECT第4弾「こどもアスレチック」




<TOHOKU SMILE PROJECT これまでのスポーツ施設建設と寄贈額>

■第1弾
2014年12月 福島県相馬市「相馬こどもドーム」[寄贈額:192,376,128円]
■第2弾
2017年3月 岩手県大槌町「大槌こどもグリーンフィールド」[寄贈額:49,714,742円]
■第3弾
2017年5月 東北各地へ「こどもスタジアム」を建設・寄贈するための活動を実施
2018年4月 宮城県南三陸町に「南三陸こどもスタジアム」が完成
※その他、岩手県岩泉町、岩手県宮古市、岩手県陸前高田市、宮城県石巻市、福島県南相馬市、福島県福島市への建設・寄贈も進めております
■第4弾
2020年6月 宮城県名取市「「こどもアスレチック」[寄贈額:28,000,000円]
■TOHOKU SMILE PROJECT
https://www.rakuteneagles.jp/tohoku-smile/

※ご取材につきましては以下へ事前に申請のうえお願いいたします
【報道関係のお問合わせ先】
名取市企画部 政策企画課(担当:小畑様) TEL:022-724-7144

※画像をご活用の際はクレジット表記をお願いいたします。
クレジット表記:(C)Rakuten Eagles ※(C)は〇丸の中にC【(C)】

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム