「オステオポンチン」「DHA」配合!母乳研究から生まれた安心の育児用液体ミルク「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」新発売のご案内

プレスリリース

雪印ビーンスターク

公開日:2020/01/29


雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:稲葉 聡)は、「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」を2020年4月下旬より発売いたします。
「より母乳に近い粉ミルクをお届けするために」当社は60年以上にわたり、母乳研究を続けています。
本商品は、2015年より雪印メグミルク株式会社と共同で実施中の「第3回全国母乳調査」から最新の研究成果であるオステオポンチンを配合した、災害時やお出かけの時などにも安心な育児用液体ミルクです。

1.商品コンセプト
災害時やお出かけの時も、赤ちゃんの「すこやか」な成長を応援する、母乳調査の研究成果を生かし、
「オステオポンチン」「DHA」を配合した育児用液体ミルク
対象:0か月から1歳の乳児

2.商品特徴
(1) 母乳に含まれる赤ちゃんの発育に大切な成分を配合しています。
 「オステオポンチン」「DHA」「シアル酸」「母乳オリゴ糖(ガラクトシルラクトース)」
 「カルシウム」を摂る事ができます。
(2) 育児用粉ミルク「ビーンスターク すこやかM1」と同等の配合設計ですので、
  災害時やお出かけの時、夜中の授乳時などにも安心してお使いいただけます。
(3) 70℃以上のお湯で溶かすことや温めるといった調乳作業が不要です。
  哺乳びんに入れてそのまま赤ちゃんに与えられます。
(4) 災害時にも安全・安心、丈夫なスチール缶。持ち運び、保存に便利な6缶パックもラインアップ。

3.商品概要

※賞味期間(開缶前)は調整中です。現段階で行政の承認・許可を得ている賞味期間は180日です。
 今後、賞味期間1年まで段階的に延長する取り組みを行って参ります。

4.オステオポンチンについて
細胞が分泌するサイトカイン* とよばれるたんぱく質のひとつで、オステオポンチンはヒトの体内のあらゆる組織に存在します。母乳中のオステオポンチンの濃度は、一般成人の血中濃度と比べて約100~1,000倍、牛乳中の濃度と比べても最大で約10倍も高いといわれています。
母乳中のオステオポンチンは母乳の守るチカラの成分の一つとして、世界中で研究されています。

*サイトカインとは、インターフェロン、インターロイキン、成長因子などの物質の総称で、
 主に免疫細胞が分泌し、他の細胞に働きかける役割をもっています。

【雪印ビーンスターク(株) ホームページ】
URL:https://www.beanstalksnow.co.jp/

5.当社WEBサイトによる情報提供・防災備蓄の啓発
当社ホームページとメンバーズクラブ「まめコミ」サイトで、商品に関する情報と使用方法をお伝えするとともに、災害に備えた防災備蓄の啓発を行っていきます。(4月下旬より掲載予定)

6.公益社団法人 日本栄養士会「赤ちゃん防災プロジェクト」との協力
当社は、日本栄養士会「赤ちゃん防災プロジェクト」に賛同し、災害に備えた防災備蓄、及び災害時の液体ミルクの使い方について啓発を行っていきます。

【日本栄養士会ホームページ「赤ちゃん防災プロジェクト」】
URL:https://www.dietitian.or.jp/news/information/2018/164.html

本件に関するお客様からのお問合せ
雪印ビーンスターク(株)お客様センター
0120-241-537
9:00~17:00(土日・祝祭日除く)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム