ジェンツーペンギン・ケープペンギンの赤ちゃんが誕生しました! 

プレスリリース

アドベンチャーワールド

公開日:2019/11/18

こころにスマイル 未来創造パーク

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、ジェンツーペンギン・ケープペンギンの赤ちゃんが誕生 しました。ジェンツーペンギンとケープペンギンは、産卵後約40日間両親が交代で大切に卵をあたため、無事孵化に至りました。どちらの赤ちゃんも親鳥から赤ちゃんへの給餌も確認できており、順調に成長しています。ペンギン王国2階・アニマルランド横ケープペンギン展示場にて子育ての様子を公開中です。ケープペンギンは同エリアで現在卵を温めているペアもおり、11月中旬から下旬にかけて誕生予定です。ぜひ温かく見守ってください。



ジェンツーペンギンの親子(2019年11月12日撮影)                     




ケープペンギンの親子(2019年11月14日撮影) 


【ジェンツーペンギンの赤ちゃんについて】


■1羽目
 孵化日:11月6日(水)
 孵化体重:99g
 孵化日数:39日間

■2羽目
 孵化日:11月7日(木)
 孵化体重:101g
 孵化日数:36日間

■3羽目
 孵化日:11月10日(日)
 孵化体重:110g
 孵化日数:36日間

■公開場所:ペンギン王国2階  
■公開時間:開園から終日ご覧いただけます   
※親鳥の体で赤ちゃんが見えにくい場合がございます。
 ※3羽とも性別は不明です。生後1年ごろ血液検査にて判別します


【ケープペンギンの赤ちゃんについて】


■孵化日 :2019年11月3日(日)
■孵化体重:64g
■孵化日数:42日
■公開場所:アニマルランド横ケープペンギン展示場
■公開時間:開園から終日ご覧いただけます
※親鳥の体で赤ちゃんが見えにくい場合がございます。
※性別は不明です。生後1年ごろ血液検査にて判別します。


【現在ご覧いただける5種類のペンギンの赤ちゃんたち】


今回誕生したジェンツーペンギン、ケープペンギンの他、エンペラーペンギン、キングペンギン、キタイワトビペンギンの赤ちゃんをご覧いただけます。

■エンペラーペンギン      
 誕  生:10月1日 
 体  重:3600g
 公開場所:海獣館2階

■キングペンギン          
 誕  生:7月14日、24日
 体  重:15kg、13kg
 公開場所:ペンギン王国1階

■キタイワトビペンギン
 誕  生:10月31日
 体  重:526g
 公開場所:ペンギン王国2階
           
          
※体重は11月15日現在


【アドベンチャーワールド ペンギンプロジェクトについて】
アドベンチャーワールドでは、1978年の開園時にフンボルトペンギンとキタイワトビペンギンの飼育を開始し、1990年から自然界で暮らすペンギンコロニー(繁殖群)を再現すべく、「ペンギンプロジェクト」として本格的に飼育・繁殖研究に力を注いできました。アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、キングペンギンと繁殖実績を積み、1997年に世界最大のペンギン、エンペラーペンギンの繁殖研究を開始しました。
ジェンツーペンギンは1994年、ケープペンギンは1998年に初めて繁殖に成功して以降、毎年繁殖に取り組み、たくさんの赤ちゃんが誕生しています。

【ジェンツーペンギンについて】
■分 類:ペンギン目ペンギン科 ■学 名:Pygoscelis papua  ■英 名:Gentoo Penguin
■生息地:南極大陸周辺     ■寿 命: 約 20 年
■食 性:アドベンチャーワールドではシシャモなどを与えています。
■繁 殖:小山や小高い丘の上に小石や枝などで巣を作り、オス・メス交代で抱卵します。
■特 徴:ヘアーバンドをしているうな模様が特徴で、好奇心がとても旺盛です。
体長:75cm  体重:4~6kg

【ケープペンギンについて】
■分 類:ペンギン目ペンギン科  ■学名:Spheniscus demersus  ■英 名:Cape Penguin
■生息地:アフリカ南部沿岸            ■寿 命:15~20年
■食 性:アドベンチャーワールドではシシャモなどを与えています。
■繁 殖:一夫一婦で、巣はトンネルを掘ったり、地表面につくったりする習性があります。
決まった繁殖期はないが、繁殖期には主に海岸の岩場で岩の割れ目などに巣を作り2個の卵を
産みます。抱卵はオス・メス交代で行います。
■特 徴:アフリカに生息する唯一のペンギンであり、足が黒いことから「ブラックフットペンギン」や
鳴き声がオスのロバに似ていることから「ジャッカスペンギン」の別称を持ちます。
体長:63cm 体重:3~4kg


     

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
注目コラム