赤ちゃんの夜泣きを減らすコツは早寝早起き!【2人の実例】

コラム
公開日:2013/12/13
赤ちゃんの夜泣きを減らすコツは早寝早起き!【2人の実例】

ベビーの夜泣き&寝つきでお悩み中の家族が登場。体内リズムを整えるために、基本的な「早寝早起き」の生活改善にトライしてもらいました。まずは、一週間! さっそく驚きの成果が表れました!

<悩み1>夜中にパパが帰宅すると起きて遊びだしちゃう!

Yちゃん

〈DATA1〉Yちゃん(9カ月)/ 身長66.6㎝/体重6500g 母乳6回/離乳食3回/歯4本

半年まではまとめて眠れていたのが、ここ数カ月は夜中に2〜3回起きることが増えました。夜、パパが帰宅したときに物音で目を覚まし、ハイテンションで遊びだしたり、夕方に昼寝を始めたり、ねんねのリズムがズレちゃったかも。

【1日目】
(曇り&雨)起床7時/就寝8時半/お昼寝1回

5時のお昼寝を避けたら早く寝た!
午後にお友だちの家に行き、いっぱい遊んで帰宅。今までどおり、5時過ぎに眠たそうにしたのをどうにか寝かせずに離乳食を与え、お風呂に入れたら、8時半にはコテンと寝ました。


【2日目】
(曇り)起床7時/就寝7時半/お昼寝1回

実家へお泊まり。夜中3時に起きちゃった!
じいじの気配に気づいたのか、夜中3時に目が覚めて元気よく遊び始めてしまいました。ずいぶんご機嫌だったので、再び寝かしつけるまでに時間がかかりました。


【3日目】
(晴れ)起床7時/就寝8時半/お昼寝1回たっぷりと

たっぷりお昼寝ができました
この日も実家にお泊まりです。今まで、お昼寝は30分ほどを1回とベビーカーや抱っこひもの中でこまぎれに眠っていた娘。午後に2時間、まとめてお昼寝をすることができました。

【4日目】
(晴れ)起床7時/就寝8時/お昼寝1回

抱っこをせずに寝つくことに成功
疲れて眠ってしまう以外は、寝つくまで抱っこをしていましたが、今日は初めて布団の上で眠ることができました。私の体にふれていれば安心するみたいでおなかに乗ることも。

【5日目】
(晴れ)起床7時/就寝9時/お昼寝1回たっぷりと

昼間はパパとお留守番を楽しみました
日中はパパとおもちゃで遊んだり、買い物に出かけていたよう。お風呂にもパパと入って、ねんねの準備。いつもよりは遅いねんねになりましたが、おっぱいを飲んですんなり寝つきました。

【6日目】
(晴れ)起床7時/就寝9時/お昼寝1回たっぷりと

夕方のねむねむにはパパとお遊び
午前中にお散歩へ行ったり、健診があったりと日中アクティブに動いた今日。夕方に少しねむねむモードになったので、お昼寝をしないよう、パパが相手をしていました。


【7日目】

(晴れ)起床7時/就寝9時/お昼寝1回

寝る前に今日のできごとを話してみました
添い寝での寝かしつけがだんだん落ち着いてきたので、いちゃいちゃタイムに今日あったことを話してみました。私もおだやかな気持ちになれていいですね♪

ママ満足度 2つ星

娘のリズムに合わせて時間をやりくりしたい!
今までは抱っこで寝かせていましたが、チャレンジを終えてお布団で自然に寝つけるようになり寝かしつけがラクになりました。ただ、私の生活リズムは“遅寝早起き”で睡眠不足に。課題は私自身の生活リズムも整えることですね。

 

<悩み②>おっぱい以外で眠ったことがありません

Sくん

〈DATA2〉Sくん(1才2カ月)/身長77.0㎝/体重8600g/母乳5回/離乳食3回/歯8本

今まで、寝かしつけはおっぱいオンリーで。1才1カ月で卒乳を決意し実行しましたが、3週間で断念したことも。今も寝かしつけと毎晩4〜5回ある夜泣きにもおっぱいが必要です。自然にねんねするようになるのが目標☆

【1日目】
(晴れ)起床7時/就寝8時半/お昼寝1回

鼻かぜもあり、夜中に4回ぐずりました
いちゃいちゃタイムに絵本を読みましたが、まったく興味なし。きっと続けることが大切なんだろうな。夜中は鼻かぜもあってか、4回ぐずって寝つきも悪く、すべておっぱいに。

 

【2日目】
(晴れ)起床7時/就寝8時45分/お昼寝2回

いちゃいちゃタイム、まだ成果なし!
寝る前30分、絵本を読んだりいろいろ試しましが、本には興味を示さず、歌を歌うと逆にハイテンションに。日中遊び、即お昼寝をたっぷりしたからか、夜の寝つきはイマイチでした。

【3日目】
(晴れ)起床7時/就寝8時/お昼寝2回

夜は、まさかの抱っこひもで寝つきました
夜ぐずっていたため抱っこひもに入れたところ、おっぱいを飲まずにねんね。まさか!と思いましたが、そのまま5時間ぐっすり。夜泣きは変わらず4回でしたが、寝つきはよくなりました。

【4日目】
(曇り&雨)起床7時/就寝8時/お昼寝2回

ママの枕を抱っこして眠ります
いちゃいちゃタイムも少し慣れてきたのか、寝つくまでの時間も少しずつ短くなってきました。おっぱいを飲み、気づいたらママの枕を抱っこしてねんね。安心するのかな。

【5日目】
(曇り&晴れ)起床6時半/就寝8.時/お昼寝2回

朝、自分で目覚め、1日の流れが自然に
6時半に自分で目を覚まし、おもちゃで遊んだり朝からご機嫌。スタートが早い分、理想的な時間にお昼寝をしてくれ、1日の流れがとてもよかったです。今日は大満足。

【6日目】
(晴れ)起床6時半/就寝8時15分/お昼寝2回

午前は体力温存、午後は夏祭りへ
午後はお祭りがあったので、午前中は外遊びを控えておうちで静かに過ごしてみました。お祭りで疲れたこともあり、夜はおっぱいを飲んだあと、す〜っと眠ってしまいました。

【7日目】
(晴れ)起床6時半/就寝7時半/お昼寝2回

動物園でいっぱい歩いてぐっすりねんね
家族で動物園へ行き、園内をいっぱい歩き、ベビーカーの中で1時間お昼寝をして帰宅。太陽の光を浴びて疲れたのか、7時半には就寝。夜泣きもひどくならずひと安心。

ママ満足度 3つ星

“眠くなって寝る”という習慣がつきました
今までは「時間だから寝かせなきゃ」と思ってあせって寝かしつけをしていたけど、生活リズムを改善してからは眠くなって寝る、というスタイルに。これからも早寝早起きといちゃいちゃタイムを続け、自然な卒乳を目指します。清水悦子先生・写真

お話/夜泣き専門保育士 清水悦子先生
長女の夜泣きに悩んだ経験をもとにした夜泣き改善法が話題に。保育士資格を取得。講演も多数。著書『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』(かんき出版)も好評。
出典:Baby-mo(ベビモ)「ぐっすり眠れるねんね講座」
※情報は掲載時のものです

コチラもオススメ
赤ちゃんが夜泣きしにくい、安眠生活の秘訣
夜泣きが減った&寝付きが良くなった!コツとポイント【2人の実例編】
泣き専門保育士の「寝かしつけのコツ」

あなたにおすすめ

注目コラム