便秘で赤ちゃんのうんちがかたい!原因や対応方法は?【写真あり】

 専門家監修
公開日:2014/02/24
更新日:2018/01/12
便秘で赤ちゃんのうんちがかたい!原因や対応方法は?【写真あり】
監修
新井勝大先生
国立成育医療研究センター 消化器科医長

気になる赤ちゃんのうんちの4回目は、ママを悩ます「赤ちゃんの便秘」について触れていきます。

赤ちゃんが便秘になるのはなぜ?

排出されなかったうんちが腸に残ると、水分が奪われてさらにかたくなり、ますます出にくくなります。また、陽の動きが弱かったり、おなかの筋肉が弱い赤ちゃんも、便を押し出すのが苦手で便秘になることが。
大人は、2~3日排便がないと「便秘」と考えますが、赤ちゃんの場合は、数日に1回でもスムーズに出るなら便秘ではありません。また母乳は、消化吸収が優れているため「残りカス」が少なく、ミルクの子より排便回数が少ない傾向があります。

うんちは痛いからイヤ!とがまんするのは1才過ぎ

本格的な便秘になるのは、離乳食が始まってから。野菜や果物を十分にとり、散歩や運動もとり入れて、便秘にならないようにしましょう。いきんでも出ない、食欲が落ちてくるなどの場合は、便秘です。
一度でもかたいうんちでおしりが痛くなった経験があると、次に便意があってもがまんしてしまうことがあります。便はますますかたくなり、さらに我慢するという悪循環に。
かたい便が肛門をふさいでいる場合には、小児科で浣腸してもらいましょう。ただし、ひどい便秘の子は、1回出して安心ではありません。しばらくは薬を使って排泄習慣を確立し、うんちを出すことは気持ちがいいと納得してもらわないと、便秘をくり返すことになりがちです。

色々な赤ちゃんの便秘をチェック

5日目に浣腸で対応

(7カ月/Kちゃん) 母乳 離乳食1回

5日目に浣腸で

うんちがなかなか出ず、毎回ふんばってます。写真は5日間出ず、苦しんでいたので浣腸で出したもの。野菜嫌いも原因なのでしょうか。

<Dr.より> 

腸が長いか、腸の動きがあまりよくない便秘体質の子かもしれません。食物繊維は便をやわらかくする効果があるので、野菜は工夫して食べさせて。一度受診を。

うんちがかたくて出血 

(1才6カ月/Kくん) 離乳食3回

かたくて出血

1才を過ぎた冬、かぜぎみだと思ったら便秘に。うんちをしながら泣くので病院に連れていくと、かたすぎて出血したそうです。

 <Dr.より> 

体調が悪いときは一時的に腸の働きが悪くなり、便秘になりやすいものです。おなかはリラックスしているときに活動します。このときだけのことなら心配いりません。

うんちが出るのは3日に1回

(2カ月/Rくん) 母乳中心

便秘ぎみで、排便は3日に1回くらいしかありません。保健師さんに相談すると、「綿棒浣腸で刺激してもクセにはなりませんよ」と言われたので、あまりに出ないと綿棒で刺激して出すようにしています。

<Dr.より>

まだ2カ月の子ですし、母乳が中心ですから、便の回数が少ないことがこの子の「普通」かもしれません。3日に1回があたりまえという子もいます。綿棒浣腸しなければどのくらいの期間で出るか、様子を見ても。

便秘解消の方法は?

食事を見直す・水分をとること

食事を見直す・水分をとる

「便秘には野菜やヨーグルト」と言われますが、便秘になってからでは遅いのです。ふだんから離乳食のメニューに野菜や乳酸菌をとり入れたいものです。

プルーンや麦芽糖をとること

プルーンや麦芽糖をとる

プルーン果汁や麦芽糖(マルツエキスなど)は、便をやわらかくして腸の動きをゆるやかにうながす効果が。みかんなどかんきつ系の果汁も、便をゆるめる効果が。

おなかをやさしくマッサージ

おなかをやさしくマッサージ

おへそを中心に、「の」の字を書くようにゆっくりとマッサージ。腸に直接刺激を与え、活動をうながします。出にくい子は、おむつ交換のときの習慣に。

綿棒浣腸を試してみる

綿棒浣腸を試す

肛門の入り口に綿棒を入れることで、肛門を刺激して便を出します。ただし、肛門近辺でかたまっている便は出ません。その場合はグリセリン浣腸で。

便秘で病院に行くのはどんなとき?

綿棒浣腸でもグリセリン浣腸でも、一度使って解決するならいいのですが、繰り返し使う必要があるなら小児科を受診しましょう。便秘の陰に病気が隠れていることがありますし、通常の便秘でも、長引かせないために便秘薬を使うことも必要です。

出典:Baby-mo(ベビモ)イラスト/椙浦由宇
※情報は掲載時のものです。

あわせて読みたいおすすめ記事!
赤ちゃんのうんちの色と固さで健康チェック!白・黒・緑色は大丈夫?写真付きで解説

監修
新井勝大先生
国立成育医療研究センター 消化器科医長
1994年宮崎医科大学卒業。順天堂大学附属練馬病院などを経て現職。アメリカ小児消化器病専門医。著書に『こどものおなかの病気』(メディカルトリビューン)がある。

あなたにおすすめ

注目コラム