便秘がひどい、生理がこない、セックスはいつから…産後の悩み

コラム 公開日:2014/03/08
便秘がひどい、生理がこない、セックスはいつから…産後の悩み

産後の大きなトラブルのひとつが下半身の悩み。赤ちゃんとの新生活のなか、しばらくは会陰切開の傷や便秘、そして生理やセックスの再開時期など気になる人も多いでしょう。ただ、なかなか人に聞きづらいテーマなだけに一人で悩んでいるというママも…。女性ドクターからのアドバイス、ぜひ参考にしてみて。

下半身トラブルにはどう対処する?

出産後に特有の気がかりといえば、おシモのトラブル。誰にも言えず悩んでいるママは、このページでケアや受診の目安をチェック!

対処法を知り、悪化する前にケアを

出産すると、骨盤底のいろいろな部分が損傷を受けるため、下半身トラブルが起こりやすくなります。また、ホルモン分泌の激変により、生理の様子も変わることがあるでしょう。下半身トラブルは、恥ずかしさから人に相談したり受診したりしにくいですし、忙しさにかまけて放っておいて悪化してしまうことが多いのです。 まずは、気がかりの原因と自分でできることを知りましょう。ケアをしても改善しないときは、受診の目安を参考に早めの受診を。トラブルを解消して、元気なママになりましょう!

【お悩みママ 27%】 痔が治らない

なぜなるの?

出産でなりやすいのは、痔核(いぼ痔)。肛門の周囲にある網目状の静脈は、もともとうっ血しやすいうえ、妊娠や分娩時の強い腹圧によるいきみ、便秘などによってうっ血がさらに促進してしまい、こぶ状になっていぼ痔になります。 また、会陰切開の傷が気になったり痛みが残ったりしていると、トイレでうまくいきめず、便秘から切れ痔になる場合もあります。

自分でできること

痔の予防と改善のためには、便秘をしないことが最大のポイントです。そのためには、①便意を我慢せず、規則正しい排便習慣をつける、②できるだけ繊維質の多い食事を規則正しくとる、③適度な運動をする、の3点を心がけましょう。 血行をよくするために、半身浴などで肛門を温めたり、横になる時間を長くしてうっ血をとるようにするのも効果的です。

受診の目安と治療法

便秘に気をつけ、生活習慣を改善してもいぼ痔の腫れや痛みがある場合、便秘が治らず排便の際に痛みや出血がある場合は、産婦人科か肛門科を受診しましょう。 程度にもよりますが、塗り薬や便をやわらかくする薬で治療できるケースが少なくありません。症状が進んでいるものは、手術になることもあるので、恥ずかしがらずに早めに受診しましょう。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム