何を聞く?持ち物は? 乳児健診のときの心得

コラム
公開日:2014/02/23
何を聞く?持ち物は? 乳児健診のときの心得

赤ちゃんの成長を確認する乳児健診で、ママたちはどんなことを質問しているのか、徹底取材しました。今後の健診をスムーズに受け、赤ちゃんの成長の喜びを実感できるよう、ぜひ参考に!

 赤ちゃんの成長を確認し、育児相談できる場を活用して

健診は、赤ちゃんの心身の成長を確認し、適切な指導を受けられる機会。何か言われそうと緊張したり、行くことを面倒に思ったりせず、楽しく活用してほしいですね。子育て中には、ちょっとしたことも気にしがちですが、健診で不安を話して気持ちが軽くなったり、赤ちゃんの成長を喜んでくれるスタッフに会って、元気が出ることも。
自治体の予算などにより、健診を実施する月齢は地域によって異なりますが、可能な限り受けて、わが子の成長を把握しておきましょう。母子健康手帳に記入された健診結果は、大切な成長の証しになりますよ!

健診で質問をしていますか?

健診で質問をしていますか?・グラフ

月齢が低いときほど心配事が多く、質問をしたというママは約7割も! 月齢が上がるにつれ、育児に慣れてきて、ママ友などの相談相手もふえるせいか、健診での質問は減る傾向にあるようです。

健診の心得 持って行くものは?

【必ず持参するもの】

無料チケット
公費で受けられる健診の場合は、必携です。問診票が同封されていたら、記入して持参。

母子健康手帳
該当する月齢ページに、必要事項を事前に記入しておいて。質問もメモしておくと便利です。

健康保険証
個別健診のときには、受ける医療施設に持参します。診察券もあれば、忘れずに持って。

【あると役立つもの】

おむつ
体重測定前に替えることも。短時間ですむとは限らないので、おむつ替えセットは必ず持参を。

体をくるむもの
順番を待つ間、裸でいることも。おくるみや大判タオルなどを持っていると便利です。

ミルク、おやつ
時間がかかったり、健診でおなかがすくこともあるので、ミルクやおやつがあると安心。

健診のときの服装は?

服装は?
脱いだり着せたりしやすいものを
限られた時間内に何人もみる健診は、スムーズに行えるようにすることが大切です。赤ちゃんには、シンプルなデザインで、着脱が簡単にできるものを着せて行きましょう。

健診ですること①頭囲&胸囲測定

胸囲測定
頭囲測定
頭囲は脳の成長を、胸囲は肉や脂肪がついて順調に育っているかを、それぞれ知る目安。極端な変化がなければ、心配いりません。

健診ですること②身長&体重測定

身長&体重測定
赤ちゃんの発育が順調かどうかを知る、重要な目安。身長は、計測時に動いてしまう赤ちゃんも多く、多少の誤差が出やすいものです。

健診ですること③聴診

聴診
聴診器を胸や背中に当て、呼吸器の異常や心雑音がないかを確認。心雑音は成長するにつれて消えるものも多いです。

健診ですること④皮膚の状態のチェック

皮膚の状態のチェック
湿疹やかぶれ、あざやけがなどがないかをチェック。BCG接種後は、あとが炎症を起こしていたり化膿していないかもみます。

健診ですること⑤性器のチェック

性器のチェック
男の子は、停留睾丸や陰嚢水腫などがないかをみるため、陰嚢を調べます。女の子は、外陰部にかぶれなどのトラブルがないかを確認。

健診ですること⑥おなかの触診

おなかの触診
おなかにしこりがないか、肝臓や脾臓にはれがないかなどをみます。おなかを押したときにミルクを吐かないよう、直前の授乳は控えましょう。

三石知左子先生・写真

監修/葛飾赤十字産院 院長石知左子先生
東京女子医科大学小児科、同大学母子総合医療センター小児保健部門勤務を経て、1999年より現職。ご自身の経験も交えた、きめこまかなアドバイスが人気です。出典:Baby-mo(ベビモ)イラスト/田代麻子
※情報は掲載時のものです。

こちらもチェック!

赤ちゃんの定期健診、どんなことをするの?【3〜4カ月健診】
赤ちゃんの定期健診、どんなことをするの?【6〜7カ月健診】
赤ちゃんの定期健診、どんなことをするの?【9〜10カ月健診】
1才の定期健診でチェックする成長&発達のこと【1才健診】
1才半の定期健診でチェックする成長&発達のこと【1才6カ月健診】

あなたにおすすめ

注目コラム