赤ちゃんのあざ②青いあざ・赤いあざ

コラム 公開日:2014/02/27
赤ちゃんのあざ②青いあざ・赤いあざ

自然に消えることも多い赤ちゃん時代のあざ。でもなかには治療が必要なものや、病気のサインとなるものも。気になるあざとほくろについて、症状や経過、治療法をわかりやすく開設します!

ベビーのあざに気づいたら、まずは医師に相談を

キリン先生

いろいろな種類がある赤ちゃんのあざ。成長するにしたがって自然に消えるものや、レーザー治療が効果的なものが多くあります。レーザーの場合、皮膚が薄い乳幼児期に治療を始めると、高い効果を得られるものも。まれに、ほかの病気が隠れている場合もありますので、ママだけで判断せず、気づいたら、まずは皮膚科に行って相談をしてみてください。また、赤ちゃんのあざと妊娠中のママの生活はまったく関係なし! ベビーにあざがあっても、自分を責めたりしないでくださいね。

あざとほくろの違いは?

ほくろは、医学的に黒あざの一種とされています。これは、ほくろの原因がメラニン色素によるものであるため。生まれつきあるものと、2〜3才ごろからふえる後天性のものがあります。小さなほくろであれば、数が多い少ないを気にすることはありません。

あざはどうしてできる?

皮膚の中のメラニン色素や毛細血管が、なんらかの原因でふえると、あざとなります。メラニン色素が皮膚のどの深さにあるかによって、青あざ・茶あざ・黒あざなどの色の違いがあらわれます。また、あざには、先天性のものと後天性のものがあります。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム