【専門家監修】タブレット学習ってなに?幼児のうちから触れたほうがいい?塾や紙での学習と比較してご紹介

 専門家監修
公開日:2020/01/15
【専門家監修】タブレット学習ってなに?幼児のうちから触れたほうがいい?塾や紙での学習と比較してご紹介
監修
木村修平先生

2020年から小学校のプログラミング教育スタートにともない、注目が集まっている幼児向けタブレット学習。「ITに慣れてほしい」と願う一方、「子どもがはまってしまうとこわい」と心配するママたちも多いようです。タブレット学習のメリット、デメリットについて、IT教育にくわしい立命館大学の木村修平先生に聞きました。

タブレット学習とは?

タブレット学習とは、指先で画面をタッチするだけで文字やアルファベット、数字などを学習できるツール。時間も場所も選ばず使えて、インターネットにつながれば、双方向でやりとりできるのが魅力です。

また幼児から、小学生、中学生、高校生までと対象範囲が幅広く、ゲーム感覚で勉強を楽しめるため学習習慣がつけやすいと、特に中高生から人気です。

タブレット学習には、専用のタブレット端末を使うタイプと、家庭にある通常のタブレット端末からアプリをダウンロードして学ぶタイプのものがあります。

前者の専用のタブレット端末は、文字や数字を学んだり、歌やリズムに合わせて踊ったり、学習機能が中心で、インターネットの閲覧制限や使用時間を制限する機能など、子どもが安全に使えるよう工夫されています。親が困るほど子どもがはまる心配は少ないと言えるでしょう。

後者は手持ちのタブレットに、小学校の勉強を先取りする学習系やオンライン英会話、絵本の読み聞かせなど、好きなアプリをダウンロードして使いますが、こちらは子ども専用ではないので保護者の監視が必要です。

ですから、3歳までの幼児に持たせるなら、用途が限定された前者の専用のタブレット端末がよいでしょうね

タブレット学習は子どもにどんな影響があるの?

「タブレットが登場してから、まだ10年も経っていません。最近できた情報端末で試行錯誤が続いていますから、タブレットは10歳に満たない子どもと同じように未完成であるという認識を持つことがまず大事です。タブレットが子どもに与える影響については、いろいろな調査がされていますが、今の段階では断定的なことは言えません。賛否両論があり、やや否の方が多いという状況ですね」

そう話すのは立命館大学の木村先生。そのうえで親が知っておきたいこととして、次のように続けます。

「セルフコントロールのきかない状態の子どもに、そういう娯楽的要素に無制限にアクセスできる端末を渡したら、当然そればかり使ってしまい、生活に悪い影響が出てしまいかねないことは感覚的にわかりますよね。単なる情報の受け手になってしまう生活ですし、はまってしまうと睡眠不足にもなります。それでも子どもは触りたがります。子どもにとって、タブレットはさまざまなエンターテイメントへの扉であり、魅力的なものなのです」

アプリが更新されると、使い勝手がよくなり、新しいサービスやコンテンツもどんどん生まれ、それはそれで素晴らしい技術的な躍進ですが……、と木村先生。

「いわゆる“中毒”に陥る可能性は、子どもだけでなく大人にもあります。ただ大人の場合は自己責任で片づきますが、子どもは被保護者ですから、やはり保護者が責任をもってアクセスの仕方を調整する必要があるでしょう

保護者はどうやって監督する?

木村先生は親が見守る方法として“ペアレンタルコントロール”と“スクリーンタイム”を挙げます。

ペアレンタルコントロール

子どもが閲覧するインターネット上のアクセスを制限する機能。保護者がアプリやサイトの利用状況や利用時間を確認でき、端末の位置確認にも使えます。

スクリーンタイム

スクリーンを見ていられる時間を制限する機能。1日1時間までといっても守らなければ、機械に強制シャットダウンさせることができます。

「タブレットがこうした制限機能を備えるのは、自動車メーカーがシートベルトのついていない車を売らないのと同じぐらい当たり前のことになってきています。リスク管理できる可能性が飛躍的に高まりますから、保護者の方はこの2つの機能で、しっかりと見守ってほしいですね」

タブレット学習のメリットは?

そんなタブレットを使って学習するメリットは、次の3つです。

①子どもの自発性が生まれる

タッチするだけで歌やゲームで楽しめるため、子どもが自主的に取り組む。年齢が高くなると、プログラミングなど自己表現の手段としても使えます。

➁双方向のやりとりができる

オンライン英会話でネイティブの発音を聞くことができたり、プロの声優による絵本の読み聞かせを体験できたりするのもタブレットならでは。

➂コンテンツが安い

無料のアプリもたくさんあるため、紙の教材に比べると格段に安い!例えばアマゾンの子ども向けタブレットなら、書籍やビデオ、学習アプリが使い放題。

タブレット学習のデメリットは?

一方、デメリットは以下の通り。

①親の監視が必要

夢中になりすぎると、コミュニケーション不足や睡眠不足の心配が出てきます。ペアレンタルコントロールやスクリーンタイムで、親が監視する必要があります。

➁コストがかかる

子どもの使い方にも耐えられるデバイスになると、それ相応のお金がかかります。古くなったら買いかえなければならず、それにもお金がかかります。

➂視力低下

暗いところで使うと、目が悪くなる恐れがあります。使うときには明るいところで、正しい姿勢で使うように、親の見守りチェックが必要です。

タブレット学習は、紙の教材や幼児教室・塾とどう違う?

「紙の教材が今後、デジタルに代替されるのは間違いない」と言いながら、タブレットにはない紙の良さはあると断言する木村先生。紙で学習することのメリットは、次の通り。

①消えない

書いたものは消えないので、記録として取っておけます。デジタルは消える可能性があるため、保存したい思い出はバックアップをとる必要があります。

➁コストがかからない

お絵描きなら、クレヨンと画用紙を与えればOK。安いうえに、なくなったら買い足すのも簡単。タブレットはメンテナンスに、お金も手間もかかります。

➂作業範囲が限定されない

絵を描く際、タブレットは画面サイズを固定されますが、紙なら継ぎ足すことで大きく描けます。ズームで広げるのは、子どもにとっては難しい抽象概念。

「親御さんに知ってほしいのは、コンピュータは抽象概念のかたまりであり、ズームでキャンバスを仮想的に広げることは、抽象概念を操作しているということ。しかし、抽象概念というのは成長とともに様々な経験を通じて身につくもの。ですから、子どものころは自身の手足を動かして実体験を得るシュタイナー教育のような方針には根強い支持があります。実際、スティーブ・ジョブズは自分の子どもたちにiPadを使わせなかったという逸話もありますね。年齢や成長に合わせてどういうメディアや機器に子どもを触れさせるのか、親が考えなければいけない時代になったことは間違いないと思います」

★スティーブ・ジョブズの逸話(英文)はこちらから★

幼児教室については、子どものモチベーションが上がりやすいことや親同士のコミュニティができるのがタブレットや紙にはない良さでは、と語ります。

親も子どもといっしょに勉強を

時代は間違いなく、よりIT化が進化していきます。「子どもにタブレットを使わせるなら、親自身がITリテラシーを身に着けることが重要」と木村先生は断言します。

「今の子どもたちは、生まれたときからITとともに育っています。小さいうちは親の見守りが必要ですが、思春期を迎えるころから子どものIT習熟度は親を逆転し始めます。ここで親はあきらめずに、ぜひ勉強してほしいですね。親自身がデジタル機器のメリットとデメリットを正しく把握して、ただ取り上げるだけでなく、じょうずに活用するようにしましょう」

やみくもに恐れるだけでなく、親自身がITを勉強して、生活にうまく取り入れると人生がもっと豊かになりそうです。

「いま、自分の撮った写真をInstagramに投稿する人が多いですが、そんなふうにデジタルで自己表現していくと、さらに自分の可能性が広がっていきます。単なる情報の受け手に留まる人は、踊らされて搾取されつづける可能性がある一方、そういった知的創作を面白がれる姿勢を持っている人は、これからどんどんできることが増えるでしょうね。子どもには、どちらの人間に育ってほしいか、その答えは聞くまでもないと思います」

取材・文/池田純子

子供用タブレットの人気おすすめ13選と選び方!
子供用タブレットの人気おすすめ13選と選び方!
親がスマホやタブレットを操作していると、いつの間にか子供に触られている、といった経験はありませんか?大切なデータを消されたり壊されたりしないか、ソワソワしながら使わせるのも大変ですよね。そこでおすすめしたいのが子供用タブレットです。子供用タブレットは知育効果があるタイプや、キャラクターものなどバリエーションが豊富。今回は子供用タブレットの選び方から人気商品までご紹介します。
記事を読む
子ども向けパソコンのおもちゃが人気!おすすめ商品10選&選び方!
子ども向けパソコンのおもちゃが人気!おすすめ商品10選&選び方!
現在では、当たり前のアイテムとなったパソコンやタブレット。小学校でもパソコンを使った授業が実施されるなど、子どもにも身近なアイテムとなっていますよね。ママやパパがパソコンを触っていると、使いたがる子どももたくさんいるのでは? でも本物のパソコンを触らせるのは、壊れそうで不安…。そんなときは子ども向けのパソコンのおもちゃを活用してみてはいかがでしょうか。遊ぶ機能だけでなく、学習メニューも充実したものが揃っていますよ。
記事を読む
親子で楽しく遊べる!ドラえもんのおすすめおもちゃ15選
親子で楽しく遊べる!ドラえもんのおすすめおもちゃ15選
子どもたちだけでなく、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんも大好きな国民的アニメ「ドラえもん」。その人気を表すかのように、さまざまなドラえもんのおもちゃが発売されています。そこで今回は、ドラえもんのおもちゃを徹底解剖!数あるおもちゃの中から、おすすめのおもちゃを15個、ご紹介します。
記事を読む

監修
木村修平先生
立命館大学 生命科学部/生命情報学科 准教授

ミシガン州立大学 社会科学部社会学科卒業、立命館大学大学院 言語教育情報研究科 言語情報コミュニケーションコース 修了。外国語教育メディア学会関西支部(LET関西)、コンピュータ利用教育協議会(CIEC)所属。研究テーマは高等英語教育における情報通信技術(ICT)の利活用。立命館大学プロジェクト発信型英語プログラム(pep-rg.jp)コア運営メンバー。

あなたにおすすめ

注目コラム