★初春を工作で楽しむ★消しゴム判子で梅の花作り【ママ画家のカンタン工作教室】

コラム
公開日:2019/12/26
★初春を工作で楽しむ★消しゴム判子で梅の花作り【ママ画家のカンタン工作教室】

子供と何か手作りするのは、我が子にとってはもちろん、親にとっても楽しく思い出に残る時間です。しかも、身近な道具や材料で、短時間で作れるなら親子ともハッピー間違いなし! そんな、気軽に楽しめる親子工作のヒントを、都内で子供のためのアトリエを主宰する島田陽子さんに教えてもらいます。
今月は、新春の花の代表格「梅」を消しゴムはんこで描きます。細かいことを気にしすぎず、親子で気ままに楽しんでくだだいね。

お正月気分たっぷり!梅の花をペタペタ描こう

クリスマスが過ぎたら、一気にお正月モードに突入!
新年を迎える準備を、子どもと一緒に工作で進めるのも楽しいですね。

今回は、桃の花をスタンプで描くレシピをご紹介。ハンコを押したり、枝をペタペタ貼る作業は2歳くらいから楽しめます。

ぜひ、親子で楽しみながら、世界に1本の梅の木を描いてくださいね。

●対象年齢:2歳〜
●製作時間:20〜30分
●材料、道具

・色画用紙
・カッターマット
・丸シール
・クレヨン
・マジック
・消しゴム
・のり
・カッター
・朱肉

『梅の花消しゴムはんこ』の作り方

1.消しゴムに梅の花を描く

消しゴムにマジックで梅の花を描きます。整った形でなくても可愛くなります。
楽しんで描いてくださいね。

2.梅の花のカタチに切り出す

不要な部分をカッターで取り除きます。
ここはママの出番です。怪我に十分気をつけて作業してくださいね。

3.画用紙で桃の枝を作る

茶色の色画用紙を枝にします。
手で細長くちぎってください。色々な太さがあると枝らしくなりますよ。

4.梅の枝を画用紙に貼る

画用紙に茶色の色画用紙を並べ、位置が決まったらのりで貼り付けます。
梅の枝は縦に伸びる特徴があります。横に太く伸びた枝に縦に伸びる枝を加えると、梅らしさが表現できますよ。

5.枝に、梅の花をのハンコを押す

消しゴム判子を朱肉を使って押します。楽しんでたくさん梅の花を咲かせてくださいね。

6.クレヨンで枝を描き足す

クレヨンで細い枝を書き加えます。
今回は茶色のみにしましたが、黄緑や緑で描いても若い枝らしさと華やかさが出ますよ。

7.梅の蕾をシールで足す

梅の蕾(つぼみ)を丸シールで作ります。クレヨンで描いた枝の上の方に貼り付けると蕾らしくなります。

これで完成です!
完成後は額縁に入れたりしてもよいですね。梅の花のスタンプは年賀状などに押しても可愛いですよ。

年賀状にもポチ袋にも、ペタペタどうぞ♪

お正月っぽさが簡単にプラスできる桃の花のスタンプは、年賀状やポチ袋などに押すのもおすすめ。桃の花でひな祭り、星の形で七夕など、他にも色々応用できそう。

来年も、身の回りにある道具と材料で、気軽に工作を楽しんでくださいね♪

Profile
島田陽子/アトリエmini
画家、お絵かき教室mini主宰
画家「山本陽光」、お絵かき教室mini主宰。東京都生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。財団法人佐藤国際文化育英財団第11期奨学生。東京藝術大学大学院修士課程(中島研究室)終了。2000年、新生展<新生賞>。2002年、新生展<大賞>。2017年、第6回Artist Group -風-<入賞>。グループ展など多数。2人の息子あり。子育てとママ友を切っ掛けにお絵かき教室miniをオープン。
https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8mini-1676193259272727/

あなたにおすすめ

注目コラム