人気イラストレーター横峰沙弥香さんが体当たり取材!『ぶっちゃけ子育てどうしてる?』制作秘話

コラム
公開日:2020/01/09
人気イラストレーター横峰沙弥香さんが体当たり取材!『ぶっちゃけ子育てどうしてる?』制作秘話

インスタグラムで発信する育児絵日記が大人気の横峰沙弥香さん。4才の長男「まめ」くんと、2才の長女「ゆめこ」ちゃんとの何気ない発言や行動は、とにかくかわいくておかしくて、癒される人が続出! そんな横峰さんが、9名の個性的なパパ、ママに体当たりでインタビューを行って書き上げたのが、『ぶっちゃけ子育てどうしてる? 横峰は見た!あの人の仕事と育児』です。

子育てには正解はない。
だからこそ体験談をたくさん聞きたかった

育児スタイルは、家庭によってさまざま。子育て中のママならきっと「子育てって、育児書のようには進まない」と感じているでしょう。横峰さんも、試行錯誤をしながら子どもたちに向き合うママの1人。「みんな、どうしてるんだろう?」。こうした思いが、『ぶっちゃけ子育てどうしてる?』を執筆する原動力となりました

「関根勉さん、坂本美雨さんをはじめ、錚々(そうそう)たる顔ぶれにご登場をいただき、根ほり葉ほりお話しを伺いました。お仕事も、子育て環境も違う方々だから、全部を真似しようと思ったらもちろん難しい。でも、だからこそ何を大切に子育てをしているのか、どんな工夫で乗り切ってきたのか、子育てのキモみたいなことを参考にできるんじゃないかなと思ったんです。

インタビューを通して感じたのは、みなさん、すごく自分の人生を生きている、ということ。子どもが生まれた瞬間、わが子がいちばん大事な存在になるのは誰しも同じ。でも、だからといって『子どものためにすべてを捧げる』とはなっていないんですね。自分のやりたいことを実現しながら、その背中を子どもに見せている。絶対にここは譲れない、というところは、ママ、パパになっても持っていていいんだ、と勇気づけられました」

初めての漫画執筆に悪戦苦闘!

イラストレータとして活躍する横峰さんですが、実は、漫画を執筆するのは今回が初めて。2時間超にもわたるロングインタビューを10ページ前後の漫画に仕立てるまでには、並々ならぬ苦労がありました。
「インタビューを書き起こしたものを何度も読み込んで、どうまとめるか、考え抜きました。そのうえ漫画自体も初挑戦! インスタグラムの絵日記や4コマ漫画とは勝手が違うし、これは本当に大変なことになったぞって(笑)。普通にインタビューしている図ではおもしろくないから、海のなかという設定にして、小生意気なアシスタントのイカを登場させたり。ちょっと失礼な質問は、イカに言わせてます(笑)」

漫画のなかには、横峰さん自身の感想は極力入れないようにしたそう。また、あえて「あとがき」のような総括も書かなかった、と言います。「描いているときはお話を伺った人になりきるような気持ちで、必死でした。執筆期間の間にいろいろな人の人生を生きた気分です。
お話いただいたエピソードのなかには、私も取り入れられそうと思うものもあれば、私には無理かなと思うものも。でも、それはいろいろな乗り越え方があって、どれが正解と決められるものではないということですよね。それがわかっただけでも、私はよかったなって思って。『あとがき』を入れなかったのも、書いてしまうと『私はこういうことを伝えたかった』ということで終わってしまいそうで……。それよりも、読んだ人がそれぞれの子育てと照らし合わせながら、何かを感じ取っていただけたらいいなって思ってます」

バラエティに富んだパパ、ママの“ウチの子育て”が、横峰さんのやわらかなタッチで描かれた『ぶっちゃけ子育てどうしてる?』。きっと子育てを楽しむヒントが見つかるはずです。

詳しくはコチラ!

[プロフィール]  横峰沙弥香さん
1984年生まれ。イラストレーターとして女性誌やWebなどで活躍中。4才の長男「まめ」と、2才の長女「ゆめこ」の育児風景をイラストで綴るインスタグラム(@sayakayokomine)も大人気。『ぶっちゃけ子育てどうしてる?』『まめ日記』(ともにかんき出版)など著書多数。

あなたにおすすめ

注目コラム