【これって子供のため? 自分のため?】よってこ! 西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺~本日のご相談は?~

【これって子供のため? 自分のため?】よってこ! 西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺~本日のご相談は?~

連載 よってこ!西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺〜本日のご相談は?〜

仕事、趣味、友達とのランチ、お出かけetc. それまではごくあたり前のことが、ママになってからは特別なものになる場合も……。その意識の変化に、とまどうママもたくさん。こんなとき、どうすればいい? 西山茉希さん教えて! さぁ本日も西山食堂開店のお時間です★


お悩みその1 趣味を再開したいけれど、そのために子供を預けることに罪悪感が……
(1歳の男の子のママ)

子供が1歳の誕生日を迎え、育児オンリーの毎日に少し余裕が出てきました。そろそろ自分のための時間もほしく、出産で一時中断していた習い事を再開できたらと思っています。その場合、子供は託児所などに預けなければならないのですが、仕事ではなく趣味のために預けることに罪悪感があります。自分のなかでどんなふうに考えれば、前向きに行動できるのでしょうか。

maki's advice:
母としての「自分」が100%でなくてもいい。その割合は家族それぞれで違うもの

ママ以外の環境や人と過ごすことは、子供にとっても経験、学びのひとつ。そしてそこには『新しい楽しさや喜びの種』もいっぱいあるはず。

その種が咲くか咲かないかは、それぞれの親子の加減しだいだとは思いますが、試してみる時期だって正解も不正解もないのではないでしょうか。

『ずっと一緒にいること=愛情』ではないと、私自身は思っています

自分の時間を充実させることは、それが数十分でも数時間でも『与えてもらえた時間』になるのがお母さん。

だからこそ自然に感謝が生まれて、子供と過ごしている時間を大切にする、プラスの要素にもなるはず。

24時間365日の中で、個人としての自分と、母としての自分をプラマイゼロに近づければいいんじゃないかなぁって。

人のものさしと比べたらキリがないです

教科書を探したらキリがないです。

『私はこう思うからこうするし、こうなるんだ』と、#我々流親子関係を作ったもん勝ち♪

そこに胸を張っていられたらいいですね⭐⭐⭐

やりたいことを叶えつつ、

自分のそばで充実した顔をしてくれているお母さんのほうが、子供の景色がハッピーだと思います😊😊😊

西山食堂では、茉希さんオリジナルレシピで悩めるママをおもてなし♪ 今日は、心も体もポカポカあったまる、食べごたえ抜群のヘルシーメニュー。フライパンひとつでできる、お手軽レシピは最後に。では次のお悩みいってみましょう!

お悩みその2 仕事をしているのは何のため? 産後、モチベーションが下がってしまいました
(1歳の女の子のママ)

育休から仕事復帰して1年たちます。子供は保育園に慣れて、新しい生活パターンも整いました。でも最近、何のために仕事をしているのか、わからなくなるときがあります。ひとまず、将来の子供の教育費や日々の生活費の足しになればと働いていますが、それだけでは何かもの足りなく感じます。だからといって、バリバリ働くのは物理的に厳しいし……。母親になってから、仕事のモチベーションをどこに置いていいのかわからなくなってしまいました。西山さんは産後、仕事に対する気持ちの変化とかありましたか?

maki's advice:
感謝、変化、成長。母親になって仕事ができることの醍醐味もたくさん

私は産後、お仕事のありがたみが増したタイプです。

子供たちとの生活を守るための収入。

お母さんスイッチから個人スイッチへ切り替わる時間。

子供がいる生活のうえで、オファーをいただき現場に立てる喜び。

常に与えられる刺激。

あげればキリがないほど、たくさんの角度から感じたことです。

自分が今のお仕事を好きなことも、

誰かの声がかからなければお仕事にはならないことも、

全ての経験がいろいろな形で「仕事の自分」に繋がるということも、産後強く感じることができました。

特殊な世界と言われたらそうなのかもしれませんが、私自身の感覚なので答えがこれでしかありません🙇♀

母として、女性として、モデルとして、タレントとして。

私を常に変化させ、楽しませてくれる生活のサイクルには、「お仕事」というジャンルは欠かせないものとなっているのです。

いろいろな材料がそろわないと、職場に立てないのも母親の現実。

『いってきます』と言える今に感謝し、限られた時間のなか全力でお仕事したいと思っています😊

悩むときがあったってあたり前。

悩んでも、笑っても、泣いても、なんだって、

月日は過ぎてゆきますから。

気づいたころに、何かの答えみたいな感覚をつかめているといいですね🍀

本日のお品書きはコチラ!

濃厚でヘルシー! フライパンひとつでできる、あったかメニュー♡

★トマトスープde洋風水餃子★

材料(4人分)
●豚ひき肉……200g
●豆腐(絹ごし)……150g
●みそ……小さじ1
●ねぎの小口切り……適量
●しょうがのすりおろし、にんにくのすりおろし(好みで)……各適量
餃子の皮(大判)……20~25枚
マッシュルーム……大2~3個(好みのきのこでOK)
ブロッコリー……1個
トマト缶(カット)……400g
中華だし……小さじ1
市販のアヒージョのもと(ガーリックパウダーでも)……小さじ1
ピザ用チーズ……適量
塩、こしょう、オリーブオイル……各少々

作り方
1 マッシュルームは薄切りにする。ブロッコリーは小房に分け、軸はかたい部分をむいて乱切りにする。豆腐は水きりをする。

2 ●印の材料をボウルに入れ、ねっとりするまでよく混ぜる。

3 大さじ1/2~1弱ずつとり、餃子の皮にのせて包む。

4 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、マッシュルーム、ブロッコリーを軽く炒める。塩、こしょうを振り、トマトと水400mlを加える。

5 中華だし、アヒージョのもとを加えて混ぜたら、餃子を入れ、煮立つまで強火にかける。煮たったら中火にしてふたをし、5分煮たら弱火にしてさらに5分煮る。仕上げにピザ用チーズを散らす。

※餃子は一度に全部入れず、2回に分けて煮込みながら食べるのもおすすめです。

★西山食堂流ポイント★

餃子の中身は豆腐を入れてカロリーダウン。口あたりもやわらかくなり、スープになじみます。

次回のお悩みは「きょうだい・2人目出産」について。冷蔵庫のストック食材でできる、簡単パスタメニューもお楽しみに♪

PROFILE
西山茉希さん
モデル・タレント
1985年11月16日生まれ。新潟県出身。2004年にモデルデビューし、翌年よりファッション誌『CanCam』の専属モデルとして活躍。2013年に第一子を、2016年に第二子を出産。2児の母となった現在も、モデルのほか、タレントとしても幅広く活動を続ける。2018年スタイルブック『Life 西山茉希 母として、モデルとして、女性として』(世界文化社)が発売。
 

公式インスタグラムオフシャルブログ

レシピ考案・お悩みアドバイス/西山茉希

撮影/土屋哲郎(西山さん)、目黒-MEGURO.8(料理・プロセス) 構成/長澤幸代 校正/主婦の友社

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム