【睦月】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズ最終回vol.25~お正月編~】

コラム
公開日:2019/12/29
【睦月】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズ最終回vol.25~お正月編~】

クリスマスも終わり、年末気分真っただ中の今、次の楽しみは「お正月」!
お正月は、昨年を振り返ったり、今年の抱負を考えたりと、とてもいい時間を過ごせますよね。
そんなお正月に関する漢字、知ってる?
今回は「お正月」に関する漢字クイズを出題していきます!

【睦月】この漢字読める?

第1問目は「睦月」です。

この漢字は見たことがある方、読める方がほとんどかもしれません。
小学生の時に1月から12月までの異名を覚えた経験がありませんか。
これは1月の異名なのですが、もうお分かりかな。

正解は……

【睦月】正しい読み方は?

=「むつき」が正解☆

正解は1月の異名「睦月」でした。
お正月に家族や親戚が集まり、睦み合うこと(親しみ合ったり、仲良くすること)から、このように「睦月」という名前になりました。
普段会わない親戚の人や家族で集まれるのは、お正月の醍醐味かもしれません。

【若水】この漢字読めるかな?

第2問目は「若水」です。

若いお水、新しいお水……ということでしょうか。
お正月のお水ということもあり、なんだか神聖な雰囲気が漂ってきます。
普段は聞きなれない響きのお水ですが、新鮮な清々しいお水でしょうか。

正解は……

【若水】正しい読み方は?

=「わかみず」が正解☆

正解は「わかみず」」でした。

「若水」とは、元旦の朝に初めて汲む水のことで、ほかにも「初水」、「福水」、「一番水」などと呼ばれることもあるそうです。
この水を飲むと一年の邪気が払えると言われています。

この「若水」は、実は次の問題にも関係してくるので、ぜひ覚えておいていただきたい漢字・言葉です。

【大服茶】この漢字読める?

第3問目は「大服茶」です。

大きな服のお茶、と書きますが、漢字の雰囲気からすると福袋的な?
いや、やはりお茶の種類でしょうか。

ヒントは先ほどの「若水」を使った「元旦に飲むお茶」なんですよ。
あなたはどう読みましたか。

正解は……

【大服茶】正しい読み方は?

=「おおぶくちゃ」が正解☆

正解はお正月のお茶「おおぶくちゃ」でした!

「大服茶」とは、元旦に若水でたてた煎茶のことで、小梅や昆布、山椒などを入れて楽しみます。若水で作る大服茶をのむことで、若水を飲むのと同様、一年の邪気や悪気を払うと言われているんです。

今年の一年の始まりには、家族の健康や家内安全を願い、朝早く「若水」を汲み、「大服茶」を家族で飲みたいですね。

一年の始まり「お正月」に関する漢字クイズいかがでしたか。
お正月に関する物や食べ物、所作にはそれぞれ意味が込められたものが多く、日本人としてそれらの意味を学び、これからも大切にしていきたいですね。

今年はみなさんにとってどんな一年でしたか。
楽しかったことも反省することも、また来年に活かせるよう頑張っていきましょう!

今年は漢字クイズをお読み頂きありがとうございました!!
皆様、素晴らしい良いお年を!!

文/佐藤彩

あなたにおすすめ

注目コラム