扶養控除申告書書き方(平成31年分)!パート、共働き、母子家庭別に紹介

コラム
公開日:2020/02/26
扶養控除申告書書き方(平成31年分)!パート、共働き、母子家庭別に紹介

働く多くの人が目にしたことがある「扶養控除申告書」。「書き方があまりよく分からない」という人も多いのではないでしょうか。扶養控除申告書は税金の控除を受けるために必要な書類で、わかりにくい専門用語も記載されていますが、書き方を知っていればそれほど難しいものではありません。ここでは、扶養控除申告書の書き方について、パート勤務、共働き、母子家庭のケース別にご紹介します。

扶養控除申告書ってどんな書類?

扶養控除申告書は、所得税の金額を決めるための書類で、正しくは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」といいます。名前に「給与所得者」とある通り、会社から給与を受け取っている人が提出するもので、正社員だけでなくパートやアルバイト、取締役であっても提出が必要です。入社時や年末調整時に扶養控除申告書を提出することで、扶養控除や障害者控除などを受けられ、各家庭の事情に合わせ負担する税金を少なくしてもらえます。

扶養控除申告書には、扶養する親族に関する情報を記入し、保険料控除申告書などと合わせて会社に提出します。担当者はこれらの資料をもとにして個人の所得税額を計算。すでに給与から毎月徴収している源泉徴収税額と比べて、差額があれば追徴または還付し所得税の調整を行います。これを「年末調整」といい、扶養控除申告書に基づいて、翌年度の源泉徴収税額の決定も行われます。

なお、扶養控除申告書には、「源泉控除対象配偶者がいるか」「控除対象扶養親族がいるか」や、「障害者にあたる人がいるか」などの情報を記入します。扶養控除申告書は次年度の給与計算に必要な書類であり、担当者は社員の家族構成などを把握していないと、正確な給与計算が行えません。「税金を多く支払いすぎてしまった」などのトラブルを避けるためにも、書類は正確に記入するようにしましょう。

関連リンク⇒⇒⇒年末調整の還付金はいつ、いくらもらえる?いつまでに手続きが必要?

扶養控除申告書を提出する時期はいつ?

扶養控除申告書は、在籍する会社で1年の最初に給与の支払いを受ける前日までに、給与の支払者に提出しなければなりません。そのため、年末調整の時期に提出する必要がありますが、それ以外にも以下のように、年度途中に申告書の内容に変更があった場合にも提出を行います。

●結婚や出産にともない、扶養する家族が増えた
●配偶者の働き方に変更があった
●扶養家族が結婚した
●配偶者の年収が扶養の範囲を超えた

関連リンク⇒⇒⇒配偶者特別控除とは?税制改正で変わった内容や申請書について解説!

扶養控除申告書の書き方をチェックしよう

それでは、扶養控除申告書は実際にどのように記入すればいいか、書き方についてご紹介します。パート、共働き、母子家庭のケース順にご紹介しますが、まずは全員記入が必要となる、基本情報の欄から見ていきましょう。

【全員共通】扶養控除申告書の書き方

申告書の上のブロックにある右側の部分は、氏名や個人番号などの本人の基本情報を記入する欄で、パートや共働き、母子家庭に関わらず全員が記入しなければなりません。

●「あなたの氏名(フリガナ)」「あなたの生年月日」
本人の氏名(フリガナ)、生年月日を記入し、押印をしてください。印鑑は、本人がこの書類を書いたと証明するために、シャチハタではないものが無難です。なお、いちばん右にある「給与の支払者受付印」という丸い空欄部分は勤務先が使用する欄なので、こちらで押印してしまわないように気をつけましょう。もし誤って押してしまった場合は、斜線を引いておきます。

●「あなたの個人番号」
マイナンバーカード(個人番号カード)に載っている、12桁のマイナンバー(個人番号)を記入します。すでに会社に提出している場合、記入不要のケースもあるので、会社に確認してみましょう。

●「世帯主の氏名」「あなたとの続柄」
自分が世帯主の場合は、「世帯主の氏名」に自分の名前を書き、「あなたとの続柄」には本人と記入します。世帯主が配偶者の場合は世帯主の名前を書き、続柄には夫(または妻)と世帯主との関係を記入してください。また、世帯主が親の場合、続柄には父(または母)と記入しましょう。

●「あなたの住所又は居所」
現在の住所を記入します。住民票と現住所が異なる場合は、住民票の住所ではなく、実際に住んでいる住所を記入します。

なお、この欄にはその年の1月1日現在の住所を記入しなければなりません。平成31年分の給与所得者の扶養控除申告書を提出する場合、平成31年1月1日時点の住所を記入するようにしましょう。

●「配偶者の有無」
配偶者控除を受けるかどうかにかかわらず配偶者がいる人は「有」に「〇」をつけ、いない方は「無」に「〇」をつけましょう。

●「従たる給与についての扶養控除等申告書の提出」
2カ所以上の会社から給与をもらっていて、「従たる給与についての扶養控除等申告書」をほかの会社へ提出している場合は、ここに〇をつけます。年末調整を行う会社は「主たる給与の支払者」と呼ばれ、そうでない会社は「従たる給与の支払者」と呼ばれます。「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」は、「従たる給与の支払者」へ提出する書類ですが、必ず出さなければならない書類ではありません。

たとえば5人の子どもがいて、そのうち3人はA社で扶養控除を受け、2人の子どもはB社で扶養控除を受けるなど、A社でもらう給与から扶養控除を受けきれないときに提出します。B社からも控除を受けたいときに、B社に「従たる給与についての扶養控除等申告書」を提出することで、A社とB社の両方から扶養控除を受けられるのです。

なお、いちばん上のブロックの左側の部分は、会社側で記入することになっています。そのため、以下の項目には記入する必要がありませんので、ここでは割愛します。

●「所轄税務署長等」の「税務署長」、「市区町村長」
●給与の支払者の名称(氏名)
●給与の支払者の法人(個人)番号
●給与の支払者の所在地(住所)

【パート勤務】扶養控除申告書の書き方

年収103万円以下の扶養内パート勤務の場合、記入するのは基本情報の欄のみでOKです。なお、平成31年(2019年)分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書については、昨年の年末調整時(または今年入社した人は入社時)に提出済みですが、会社から渡されます。変更がある場合はその旨を訂正して提出し、特に変更がなければそのまま提出してください。

年収が103万円を超える扶養内パート勤務の人も、妻側の年末調整では103万円以下の扶養内パートと特に違いはありませんので、同じように作成しましょう。ただし、「今年初めて年間の収入が103万円を超えてしまった」という場合は、夫側の年末調整の際に「妻の所得の見積額」を訂正しなければなりません。

夫は昨年の年末調整の際に、平成31年分の扶養控除申告書に「妻の所得の見積額」を103万円以下と記入しているため、それを訂正する必要があるのです。そのため、今年初めて年収が103万円を超えたという方は、夫にその旨を伝えておきましょう。

【共働き】扶養控除申告書の書き方

「夫が世帯主になっていて、子どもは夫の扶養に入れている」という共働き夫婦の場合は、「D.他の所得者が控除を受ける扶養親族等」の欄に子どもの情報を記入します。

共働き夫婦の場合、子どもはどちらの扶養にも入れますが、両方の扶養に同時に入ることはできません。子どもが夫の扶養に入っている場合は、扶養親族としなかった妻側の扶養控除申告書のD欄に記入しておきます。

なお、子どもを妻の扶養にする場合は、妻の扶養控除申告書にある「B.控除対象扶養親族」欄に記入する必要があります。

「D.他の所得者が控除を受ける扶養親族等」欄

●「氏名」「あなたとの続柄」「生年月日」「住所又は居所」
子どもの氏名や生年月日などを記入します。

●「控除を受ける他の所得者」
控除を受ける所得者(この場合は夫)の氏名や続柄などを記入します。

●「異動月日及び事由」
平成31年中に変更があった場合に使用します。

「B.控除対象扶養親族」欄

●「氏名(フリガナ)」「個人番号」「あなたとの続柄」「生年月日」
子どもの氏名や生年月日などを記入します。

●「特定扶養親族」
子どもの年齢が19歳以上23歳未満の場合にチェックを入れます。

●「平成31年(2019年)中の所得の見積額」
子どもの平成31年(2019年)の所得の見積額を記入します。

●「非居住者である親族」
子どもが国内に住んでおらず、かつ現在まで1年以上続いて国内に住んでいない場合に○をつけます。

●「生計を一にする事実」
別居している親族がいる場合に使用する欄で、平成31年中に送金した金額の合計を記入します。また別居している親族が扶養控除の適用を受けるためには、戸籍の附票の写しやパスポートの写しなど証明するための書類が必要です。詳細は、国税庁のHPを確認しましょう。

●「住所又は居所」
子どもの住所を記入しますが、同居している場合は「同上」でOKです。

●「異動月日及び事由」
平成31年中に変更があった場合に使用します。

【母子家庭】扶養控除申告書の書き方

母子家庭の場合は、「C.障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」欄に記入をして、寡婦控除の申請をする必要があります。また、子どもの情報は「B.控除対象扶養親族」欄(子どもが16歳未満の場合は「16歳未満の扶養親族」欄)に記入しましょう。

なお、寡婦控除には「寡婦」と「特別の寡婦」の2種類があり、所得が500万を超える方は寡婦、所得が500万以下の方は特別の寡婦になります。

●寡婦
「C.障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」欄の「寡婦」にチェックを入れ、「左記の内容」欄に離婚又は死別の記載、子どもの名前と続柄、子どもの所得見積額を記入します。

●特別の寡婦
「C.障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」欄の「特別寡婦」にチェックを入れ、「左記の内容」欄に離婚又は死別の記載、自分の今年の所得見積額、子どもの名前と続柄、子どもの所得見積額を記入します。

「16歳未満の扶養親族」欄

「氏名(フリガナ)」「個人番号」「あなたとの続柄」「生年月日」「住所」を記入します。

●「控除対象外国外扶養親族」
子どもが海外留学などをしている場合は、○とします。

●「平成31年(2019年)中の所得の見積額」
子どもの平成31年(2019年)中の所得の見積額を記入します。

●「異動月日及び事由」
平成31年中に変更があった場合に使用します。

続いて説明する欄は、該当の配偶者や扶養家族がいるときにのみ記入をします。また、所得者本人などが障害者に該当する場合、以下で説明するC欄の記入を行うと、所得税の控除額が増えます。

「A.源泉控除対象配偶者」欄

所得者本人と配偶者が次の要件を満たす場合、この欄に記入する必要があります。

1.生計を一にする配偶者で、平成31年中の所得の見積額が85万円以下である
2.所得者本人の平成31年中の所得の見積額が900万円以下である

●「氏名(フリガナ)」「個人番号」「生年月日」「住所又は居所」
配偶者の氏名などを記入します。

●「平成31年(2019年)中の所得の見積額」
配偶者の平成31年(2019年)中の所得の見積額を記入します。

●「非居住者である親族」
配偶者が国内に住んでおらず、かつ現在まで1年以上続いて国内に住んでいない場合に○をつけます。

●「異動月日及び事由」
平成31年中に変更があった場合に使用します。

「B.控除対象扶養親族」欄

次の要件に該当する扶養家族がいる場合、記入します(これまでの説明と重複する部分は割愛します)。

●16歳以上
●納税者本人と生計を一にする親族・里子・養護老人
●合計所得金額が38万円以下である
●「老人扶養親族」

扶養家族の年齢が70歳以上の場合にチェックを入れます。同居をしていて、所得者本人または配偶者の直系尊属に該当する場合は「同居老親等」にチェックを入れ、それ以外の場合は「その他」にチェックを入れてください。

「C.障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」欄

所得者本人や配偶者、扶養親族が障害者に該当する場合はチェックを入れ、表の該当蘭にもチェックを入れます。カッコ内には人数を記入してください。

●「勤労学生」
勤労学生に該当する場合、チェックを入れます。
●「異動月日及び事由」
平成31年中に変更があった場合に使用します。

おさえておこう! 扶養控除申告書の書き方の注意点

ダブルワークなどで複数の仕事を掛け持ちしている場合、扶養控除等申告書は2カ所以上の会社に同時に提出することはできません。基本的には給料の額が一番大きい会社で年末調整を行いますので、その会社にのみ扶養控除申告書を出すようにしましょう。

扶養控除申告書を提出し忘れるとどうなる?

勤務先で年末調整を受けるには、扶養控除申告書の提出が必須です。書類を提出し忘れた場合は、勤務先で年末調整を受けられなくなってしまいます。その場合は、後日税務署へ行き自分で確定申告を行わなければならないうえ、税金も給料から余分に引かれてしまいます。扶養控除申告書を出し忘れてしまったら、担当者に相談して再提出するか、自分で確定申告を行い、多く払いすぎた所得税を取り戻すようにしましょう。

関連リンク⇒⇒⇒年末調整の期限はいつ?もし遅れた場合はどうなってしまうの?

_______________________

文/ミッフィー

あなたにおすすめ

注目コラム