チャイルドシート選びに!ISOFIXとシートベルト式、どちらがおすすめ?

コラム
公開日:2020/02/04
更新日:2020/03/02
チャイルドシート選びに!ISOFIXとシートベルト式、どちらがおすすめ?

チャイルドシートを車の座席に固定する方法には、ISOFIX(アイソフィックス)とシートベルト式というものがあります。ISOFIXとは、ぐらつきやすく固定しにくいシートベルト式のデメリットを補った固定方式で、女性でも簡単に取り付けることができます。この記事では、なぜシートベルト式よりもしっかり固定できるのか、それぞれの固定方法の違いについて説明します。チャイルドシートを購入する予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ISOFIX式チャイルドシートとは? 

ISOFIXとは、車の座席(後部)の背もたれと座面の間にある固定金具に、チャイルドシートのコネクター部分をつなげることにより装着する固定方法です。

固定金具のほか、床面に接地して使うサポートレッグによって、ぐらつかずにがっちりと固定できます。コネクターを金具にはめてサポートレッグを床につくように調整するだけで、簡単に装着が完了します。

コネクターを専用金具にはめるのに強い力は必要なく、女性でも問題なく取り付けできるのがポイント。チャイルドシートのメーカーにもよりますが、きちんと装着するとインジケーターの色が変わるなどの工夫がされているものもあり、初めて取り付けるママやパパでも扱いやすいチャイルドシートといえます。

シートベルト式チャイルドシートとは? 

シートベルト式は、チャイルドシート内部にシートベルトを通し、チャイルドシートと座席をぴったりと密着させた状態でシートベルトを差し込んで固定します。ISOFIX同様、正しく取り付ければ安全性などは問題ありません。

ただ、シートベルト式を取り付ける場合、チャイルドシートを座席に強く押し付けないと締め付けが不十分になってしまうため、走行中にグラグラしてしまうことがあります。女性の力だとチャイルドシートと座席が十分に密着せず、安全性に問題がある状態で使用してしまうケースも。

関連リンク⇒⇒⇒コンパクトなチャイルドシートはいつまで使える?人気おすすめ12選

ISOFIX式のチャイルドシートを選ぶときの注意点は?

ISOFIX式のチャイルドシートは、専用金具にコネクターを差し込むだけでいいので、面倒な作業や力を入れる必要もいりません。そのうえ、ぐらつきや外れてしまうといったこともないので、安全性を重視するのであればISOFIX式はおすすめです。

ただし、ISOFIX式のチャイルドシートは、どの車にも装着できるわけではありません。2012年7月より前に販売された車には専用金具がついていませんし、それ以降でも車種によっては取り付けできないのです。

また、日本とアメリカのISOFIXでは規格が違います。アメリカ製の車に乗っている人は、ISOFIX対応車だとしても、日本のISOFIX対応のチャイルドシートは装着できません。ISOFIX対応ではない車の人はシートベルト式を選びましょう。

ちなみに、ISOFIXとシートベルト式の兼用チャイルドシートも販売されています。現在ISOFIXに対応していない車に乗っているけれど、将来的には買い替えの予定があるという人は、兼用タイプがおすすめです。

関連リンク⇒⇒⇒チャイルドシートの人気おすすめおもちゃ15選!種類・選び方・注意点は?

___________________

販売当初は高額であったISOFIX式のチャイルドシートですが、最近では1万円代で購入できるものも増えてきました。車がISOFIXに対応しているのであれば、ISOFIX式のチャイルドシートも検討してみてはいかがでしょうか。

ライター/hanako

あなたにおすすめ

注目コラム