山でやったら楽しそうな事があると子供の足取りが違う!【ヤマガスキナダケのあした山いく?】Vol.07

山でやったら楽しそうな事があると子供の足取りが違う!【ヤマガスキナダケのあした山いく?】Vol.07

連載 ヤマガスキナダケのあした山いく?

親子登山での重要事項は「子供のご機嫌」。ほめたりなだめたり、時にはおかしで釣ってみたり……。
ヤマガスキナダケさんファミリーがやってみた”山でやったら楽しそうな事”の数々をご紹介します!


山で子供が楽しそうって思う事はなんだろう?

UNO以外でも重いラジコンかついで登ったり野球したこともある。

息子は普通に家の前で野球したかったと思うんですけど(笑)
今や野球は、わが家の登山の定番行事になっています。

でもいろいろ持って行っても、だいたいすぐ飽きちゃう(笑)
結局山では近くにあるものでのんびりと遊んでることの方が多いですから。
子供も何か違うなって思うのかも。

それでも、楽しみな事があるのとないのとで、子供の足の運びが全然違うんです。
だから山で子供が楽しそうって思う事をずっと考えてた時期もあったな。

なかでも本や漫画はいいですよ。携帯もつながらないから没頭できるみたい。
山に行く前に古本屋に寄ってお菓子持って、山の中で延々と読むだけ。

季節も限定されるけどこれはおすすめですよ。

miwa's voice;
趣味に付き合わせているぶん、楽しませる努力も

登山を始めた頃は、山頂まで登る達成感や忍耐力をつけて欲しいなと考えたこともありましたが、親の期待通りにはまずならないですよね……笑  

だからわが家は無理して山頂を目指すのをあきらめ、達成感よりもその一瞬一瞬を楽しむことにしました。
そうしたら期待通りにいかなくてもイライラしなくて済み、山歩きをもっと楽しめるようになりました。

でも、こちらの趣味に付き合わせてる部分もあるので、私がいつも以上にテンションを上げて、くだらないギャグも言いながら子供を楽しませる努力はしています。

疲れが出だした息子に「何タラタラ歩いてんだよー!」と、駄菓子の『タラタラしてんじゃねーよ』を差し出した時は見事に笑って元気になってくれました。


この連載について

親子登山や日常をイラストでつづったInstagramが人気のヤマガスキナダケさん初の連載エッセイ! 山頂を目指すことだけにこだわらず無理をしないスタイルで、親子登山にまつわるあれこれをお届けします。妻・ミワさんのママ目線のコメントにも注目です!

最新の記事

子供を山へ誘い出すあの手この手。なぜなら一緒に登りたいから!【ヤマガスキナダケのあした山いく?】Vol.08

山でやったら楽しそうな事があると子供の足取りが違う!【ヤマガスキナダケのあした山いく?】Vol.07

大量の写真管理はクラウドで!年賀状写真選びもラクラクです【ヤマガスキナダケのあした山いく?】Vol.06

PROFILE
ヤマガスキナダケ
1977年生まれ京都在住の会社員。山、川、湖ときどきイラストがライフワーク。「いかに、日帰りで無理をせず低山を楽しむか」をテーマに、息子の京太郎くんと妻のミワさんと家族3人で山頂にこだわらない登山を楽しんでいる。親子登山や日常をイラストでつづったInstagramが人気。
Instagram:@yamagasukinadake
クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム