おしりよければ産後ヨシ!★子どもと一緒におしりトレーニング!第7回★思春期男子の背中マッサージ【専門家監修】

おしりよければ産後ヨシ!★子どもと一緒におしりトレーニング!第7回★思春期男子の背中マッサージ【専門家監修】

連載 おしりよければ産後ヨシ!

いつかやってくる子どもの思春期。Milly読者世代には、ちょっとだけ先の話かもしれませんが、知っておいたら気持ちが楽になることってあるんです。今回は思春期の男の子との向き合い方、お話します。

★「おしりリセットダイエット」ここがすごい!★

「おしりリセットダイエット」は、おしりの筋力をアップすることでスルッとやせることを提唱し、8000人以上の女性が経験。1日3つのエクササイズを続けるだけで4週間後には成果を出していくトレーニング方法です。単に体形をスッキリ変えるだけでなく、気持ちも前向きに明るくなる秘訣が詰まっています。


思春期男子には真正面からは向き合わない

男子は「感動期」→「キモウザ期」→「無反応期」と成長する

男の子ママになって12年。長男は今、小学校6年生です。赤ちゃん時代と変わらず、今も私にとっては可愛い息子だけれど、だんだん大人になってきました。背も伸び、手足も長くなり、思春期が始まったな~という感じがします。今回は、思春期の入り口にいる男の子との向き合い方のお話をします。

男の子は10才くらいになると、ママと一緒に歩くことさえ恥ずかしがったり、もう、ギューもさせてくれなかったりします。体も大きく頼もしくなった分、ちょっとさみしかったりもしますが、家で2人きりでいたりすると、甘えてくることも。いろいろとアンバランスなんだなぁという感じがします。

男の子の成長段階の時期を、私はこんな風に呼んでいます。
3~7才ごろ…感動期
8~10才ごろ…キモウザ期
11~14才ごろ…無反応期
感動期のころは、「ママ見て見て~!すごいでしょ」の日々。ひたすらかまってほしい時期ですね。キモウザ期に突入すると、ちょっとかっこつけている感じもあって、何にでも「キモイ」「ウザイ」と言います。そしていよいよ本格的思春期に入る小学校5年生くらいから中学生にかけては「無反応期」に入ります。

男の子の思春期は、異性の親であるママに対して抵抗感が出る時期。ママ側から頑張って声をかけても、無視されるようにもなっていきます。それも、単に何も言わないだけでなく、無反応のオーラがばんばん出てくる……こうなってくると、ママは息子に対して、ヒマラヤ山脈よりも高い壁を感じてしまうこともあります。あんなに抱っこが大変だったのに、「ママ、抱っこ」と言ってまとわりついていたあの頃を懐かしく感じることすらあります。

正面から見えない部分に、話をするきっかけがある!

そんな「かまわないでくれオーラ」を出しているわりには、なにか言いたそうにしていつまでもリビングにいたり、学校で何かあったのかと思うくらいしょんぼりしていたりするとき、やっぱり母としては放っておくことができません、よね。

心配事があったり、不安になったりしたときに、具体的な解決策を考えてアドバイスしてあげることも必要かもしれませんが、それと同時にスキンシップで体をほぐしてあげて、心をいやしてあげましょう。

正面切って何かをいおうとすると、プイッと逃げちゃうかもしれませんが、そっと背中をさすってあげて、「元気ないね?」と話しかけるうち、ぽつりぽつり、気持ちを話してくれることもあります。正面からは見えない部分に、話をするきっかけがあるんです。

背中マッサージが、かたくなった体も心もほぐしていく

我が家では、ときどき息子の背中をマッサージします。マッサージといっても、特別なルールがあるわけではありません。あたたかい手で、背中を縦方向になでてあげましょう。上から下へと、川の字を書くように、さすります。

思春期、ぐっと身長が伸びるころは、男の子は筋肉量も増えて、体がかたくなっていくころです。成長痛がある子もいます。そんなときこそ、マッサージ。足の付け根の外側をさすってあげると気持ちいいのです。

ママにとって男の子は、自分が通ってきた道とは違う道を生きていくもの。わからないことがいっぱいで、特に「無反応期」なんて宇宙人と一緒にいるみたいかもしれません。一方で、男の子自身はどんなに大きくなっても、お母さんのことが好きなんです。ただ、小さいころと違って照れくさがっているだけ。正面から面と向かってこちらから根掘り葉掘り聞かなくても、背中の「気」を流してあげるだけで、子ども自身の心も柔らかくなって、話しにくいこともすっと話してくれたりします。見えない部分の背中からアプローチすると、お互いに受け入れ合えるのかもしれないなと、私は思っています。

次回は、思春期の女の子との向き合い方をお話しますね。

イラスト/イチカワエリ 取材・文/関川香織 撮影/黒澤俊宏(主婦の友社写真課) ヘア&メイク/尾原小織(MAKE'S)

※本連載の「おしりリセット」の親子トレーニングを行う際は、ママの産後の体や子供の発育発達・体力の負担にならないようにしましょう。トレーニングの回数などはあくまで目安。「気持ちいい」「楽しい」と感じる程度で無理をしないようにしてください。


この連載について

「おしりリセットダイエット」は、骨盤矯正パーソナルトレーナーのNaoko先生がおしりの筋力をアップすることでスルッとやせることを提唱し、8000人以上の女性が経験。1日3つのエクササイズを続けるだけで4週間後には成果を出していくトレーニング方法です。Millyの連載では産前・産後に分けて、おうちで簡単に取り入れられるエクササイズ法を紹介します。

最新の記事

おしりよければ産後ヨシ!★子どもと一緒におしりトレーニング!第7回★思春期男子の背中マッサージ【専門家監修】

おしりよければ産後ヨシ!★子どもと一緒におしりトレーニング!第6回★偏平足を直したい!【専門家監修】

おしりよければ産後ヨシ!★子どもと一緒におしりトレーニング!第5回★ケガしない!筋肉のつけ方【専門家監修】

監修
Naoko
骨盤矯正パーソナルトレーナー
整体トレーニングルーム&スクール・ナオコボディワークス主宰。3人の子育てをしつつ、7年間で累計12000人以上のママたちをきれいな体に導いてきた、産後ケアのスペシャリスト。独身時代から自分自身の体のさまざまなトラブルに悩んできたが、第1子出産後、自身のメンテナンスのためにヨガ・整体・ピラティスを始めた。いまや「予約のとれないパーソナルトレーナー」として大活躍中。講師養成講座も随時開催中。


http://www.naokobodyworks.com/

出典 :おしりリセットダイエット※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム