産後に尿もれが起きる原因、治し方は?子宮脱は関係ある?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/10/09
更新日:2019/10/10
産後に尿もれが起きる原因、治し方は?子宮脱は関係ある?【産婦人科医監修】
監修
松峯寿美先生
東峯婦人クリニック名誉院長

産後の尿もれは、子宮や膀胱、直腸を支えている〝骨盤底筋(こつばんていきん)″が妊娠・出産でダメージを受け、緩んでしまったのが原因。ひそかに悩んでいる人が少なくありません。産後に尿もれが起こりやすい理由、尿もれの予防&改善に効果的な骨盤底筋エクササイズのやり方について、産前産後ケアの第一人者として知られる産婦人科医の松峯寿美先生に聞きました。

産後にありがちな尿もれの症状は? 

尿もれとは、自分の意思とは無関係に尿がもれてしまう症状。おなかに力を入れたはずみにもれてしまう〝腹圧性尿失禁″と、「トイレに行きたい」と思った瞬間に我慢できずにもれてしまう〝切迫性尿失禁″がありますが、産後のママたちに起こりやすいのは〝腹圧性尿失禁″です。

<こんな場面で尿もれしやすい>

・くしゃみや咳(せき)が出た瞬間
・立ち上がった瞬間
・おなかに力を入れたとき など

尿もれが起きる原因は?

産後に尿もれが起こりやすいのは、妊娠・出産で骨盤底筋が緩んでしまったことが原因。人は〝尿をある程度ためてから出す″のを自分の意思でコントロールしていますが、骨盤底筋が緩むと尿道口をキュッと締める力が衰えて、自分の意思とは無関係に尿が漏れてしまうことがあるのです。

骨盤底筋の緩みが尿もれを招くのはどうして? 

骨盤底筋とは、骨盤の底で子宮や膀胱、直腸を支えているプレート状の筋肉。自転車に乗ったときにちょうどサドルにあたる部分にあり、ハンモックのように伸縮自在で、弾力性に富んでいます。

そして、この骨盤底筋には腟、尿道、肛門という3つの穴の開け閉めをコントロールする役割があります。つまり、私たちが尿意や便意を我慢したり、排せつをコントロールできるのは、骨盤底筋の筋力のおかげというわけ。

ところが、妊娠中は大きな子宮を支えるために骨盤底筋に負荷がかかりやすく、経腟分娩の際には直径10㎝もの赤ちゃんの頭が腟口を押し広げて出てくるため、骨盤底筋の筋肉や、周囲のじん帯が一時的にダメージを受けてしまいます。そのため、尿道口を締める筋力が衰えて、尿もれが起こりやすくなるのです。

難産だった人、2人以上を経腟分娩している人は?

とくに難産で出産に時間がかかったり、出産時に産道が傷ついてしまったりすると、骨盤底筋が断裂して、尿もれしやすくなります。

また、2人以上を経腟出産した人も、赤ちゃんが通り抜けた回数が多いぶん、骨盤底筋が緩みやすい傾向にあります。出産回数が多い人はお産が早く進むケースが多いですが、それは産道が開きやすいということ。加えて、お産を重ねるたびに骨盤底筋や腟が緩む傾向にあります。

上の子がいると、抱っこせざるを得ないため、妊娠中も産後も骨盤底筋に負荷がかかってしまいがち。上の子を抱っこするときは、できるだけ座って抱っこするようにしましょう。おなかに腹帯を巻いて抱っこすると、骨盤が支えられて、子宮や膀胱などの内臓が押し下げられるのを予防できます。

帝王切開でお産した場合は?

帝王切開の人も、妊娠中は骨盤底筋に負荷がかかる状態ですが、赤ちゃんが骨盤底筋と腟口を通り抜けていないぶん、経腟分娩の人にくらべてダメージは軽度です。そのため、産後の尿もれに困ることはあまりないでしょう。

いったん緩んだ骨盤底筋はもとに戻るの?

妊娠、出産で緩んだ骨盤底筋はゆっくりと回復していきます。産後の肥立ちの時期(産後100日間)に重いものを持つなどして動きすぎると、骨盤底筋の修復が不完全な状態になり、尿もれしやすい状態が続くかもしれません。難産だった人、出産回数が多い人は注意しましょう

産後の骨盤底筋が緩んだままだと、女性ホルモンの分泌がなくなる閉経以降、尿もれが再発するケースが多いのです。将来的なQOL(Quality Of Life:生活の質)を守るためにも、産後の肥立ちの時期に緩んだ骨盤底筋をしっかりと回復させましょう。それには骨盤底筋エクササイズがおすすめです。

監修
松峯寿美先生
東峯婦人クリニック名誉院長
東京女子医科大学卒業後、同大学病院に10年間勤務し、「不妊外来」を創設。1980年に東峯婦人クリニックを開業し、女性専門外来の先駆けとなる。2014年より産前産後ケアセンター「東峯サライ」をクリニックに併設。妊娠・出産・産前産後ケア、更年期以降まで、女性の一生をトータルで支える医療を実践。近著に「やさしく知る産前・産後ケア 産婦人科医が教える、ママと赤ちゃん こころとからだ」(高橋書店)など。ママたちの不安や疑問にていねいに応えてくれる先生です。
東峯婦人クリニック公式HP東峯サライ公式HP

あなたにおすすめ

注目コラム