「ほけんの窓口」の評判はどう?その魅力とは?丸ごと紹介!

コラム
公開日:2019/10/02
更新日:2019/11/18
「ほけんの窓口」の評判はどう?その魅力とは?丸ごと紹介!

いくつもの保険会社の商品を取扱い、無料で保険の相談にのってもらえる「来店型保険ショップ」は、ひとつの窓口でいろいろな会社の商品を比較することができるので、希望やライフプランに合った保険プランを作ることができます。
保険といえば、保険会社の保険外交員が家庭を訪問し、営業するスタイルが主流でしたが、その後インターネットで契約する保険サービスが登場し、現在は街のいたるところに多数の保険商品を取りそろえた店舗がいくつも見られます。なかでも全国に展開していて顧客満足度も高い「ほけんの窓口」の評判と魅力をご紹介します。

「ほけんの窓口」の魅力はなに?

来店型の保険ショップ

「ほけんの窓口」は、職場や住居を訪問して、保険の必要性を認識してもらう働きかけは行っていません。保険に対して何らかの必要性を感じていて、保障を検討したいと考えるお客さまが店舗に来店するスタイルになっています。

「ほけんの窓口」は、お客さまが持つ将来への不安を明確にしたり、それに適した保険を選択する手助けをしてくれます。お客さまとのやりとりを「保険の販売」ではなく、「顧客の思いを形にする共同作業」と認識して、「相談会」と呼び、担当スタッフを「ライフパートナー」と呼んでいます。保険の専門用語を使わずにわかりやすく説明することも大切にしています。スタッフ全員が保険の専門知識を持っており、FP(ファイナンシャルプランナー)等の資格を取得しているスタッフが多数在籍しています。保険の仕組み、選び方等の基本的なことから丁寧に説明してくれるので安心です。

お客さまに寄り添った相談会が行われることで、お客さま自らが自身の価値観や将来設計、不安の原因に気付き、必要性と経済状況に応じた保険を選択することができるようサポートしてくれます。

複数社のさまざまな商品の中から保険のプロがあなたや家族に合った保険を提案してくれるので、保険の知識は必要ありません。

豊富な品揃え

「ほけんの窓口」では、お客さまに合った保険をひとつの窓口で選べるように、生命保険29社、損害保険17社(2019年10月現在)と、40社以上の保険商品を取扱っています。

複数の保険会社の商品を取扱っているので、医療保険は〇〇生命、死亡保険は△△生命と会社を変えることができます。

相談会は平均2時間ほど費やし、保険の契約までに2回から3回の相談会を経ることが多いようです。原則年中無休で、都合に合わせて来店できるので、保険のことで気になったときにすぐに相談できるのがよいですね。

「来店型保険ショップ」といっても、そのショップで取扱っている商品の数は会社によってさまざまです。取扱う商品の幅が広ければ選択肢も多くなります。「ほけんの窓口」は保険商品数ではトップクラス。学資・こども保険、生命保険、損害保険等たくさんの種類を取扱っているので、ニーズに合った商品を教えてくれるでしょう。

※取扱保険会社・保険商品は店舗によって異なります。

全国に展開中

「ほけんの窓口」は、全国展開しているので、店舗が移転したりしても、他店で同じサービスを受けることができます。また、700を超える全国の店舗のサービスは均一化されているので、転居をしても同等のコミュニケーションを継続できます。

全国各地に多数の店舗を構えているので、あなたの家の近くにも店舗があるかもしれません。土日、祝日も営業している店舗が多いので、いつでも都合に合わせて相談に行くことができます。郊外では駐車場のあるショッピングモール等に店舗があり、買い物ついでに立ち寄ることができますし、オフィス街にある店舗は、仕事帰りに立ち寄ることができますね。

「ほけんの窓口」のメリットが知りたい

何度でも相談が無料

通常ファイナンシャルプランナーに相談すると1時間3,000円から5,000円程度の相談料が必要になることがありますが、「ほけんの窓口」なら相談料がかかりません。

「ほけんの窓口」は保険代理店なので、保険会社からの契約手数料で成り立っています。そのため何度相談しても無料なのです。

保険契約についても内容が同一であれば、「ほけんの窓口」で契約しても、保険会社の営業職員から契約しても、保険料は変わりません。

幅広い保険商品から選ぶことができる

複数の保険会社の商品を比較できることが「ほけんの窓口」の最大のメリットです。

取扱っている商品は保険ショップによってさまざまで、取扱う商品の幅が狭ければ選択肢も少なくなるといえます。

「ほけんの窓口」は250以上の商品を取扱っているので、いくつもの保険を比較しながら希望に合った商品を検討することができます。(2019年6月末現在)

相談時に加入している保険があれば、要望や希望に合った3~4つ程度のプランを提案され、その違いの説明を受け、どの保険が合うか判断することもできます。

お客さま目線で相談にのってくれる

「来店型保険ショップ」に初めて訪れるとき、「無理やり保険の加入をすすめられたらどうしよう」と不安に感じるかもしれません。

「ほけんの窓口」は、無理な契約や勧誘はしません。現在加入中の保険があって、そちらの内容で十分であると判断すれば、継続をおすすめします。

お客さま本人や家族の不安を解決できる保障内容で、その保険が必要であると判断された場合に加入すれば大丈夫。

インターネットですぐに口コミが広がる昨今、無理な契約や勧誘をしていたら、すぐに情報が広まって信用をなくしてしまいます。「ほけんの窓口」は2019年 オリコン顧客満足度(R) 来店型保険ショップ第1位。なかでも「スタッフの対応」で当ランキングの最高得点を獲得しています。

お客さまがしっかり納得するまで、お客さま目線で親身に相談にのってくれるのが、高い評判の理由でしょう。

子連れでも来店しやすい

子どもの誕生は、生命保険や学資・こども保険等の保険を検討するタイミングになります。子どものために保険を検討したいのに子どもを連れて行きにくい雰囲気では、パパとママもためらってしまいますね。「ほけんの窓口」はカジュアルで誰でも入りやすい雰囲気づくりを心がけています。

子連れファミリーにとって、相談中に子どもが飽きてしまわないかは、一番の不安です。「ほけんの窓口」は子どもが楽しめる無料のキッズコーナーがあるので子どもが退屈してぐずることはありません。またママのための授乳スペースやベビーベッドも設けています。

さらに、ジュースを無料でサービスしてくれる等、子どもへの心配りが十分にされています。子どもに気をとられすぎずリラックスしながら保険について相談できるのは、安心ですね。※設備は店舗により異なる場合があります。

「ほけんの窓口」が取扱う保険会社

生命保険会社

アクサ生命保険株式会社/アクサダイレクト生命保険株式会社/朝日生命保険相互会社/アフラック/FWD富士生命保険株式会社/エヌエヌ生命保険株式会社/オリックス生命保険株式会社/ジブラルタ生命保険株式会社/住友生命保険相互会社/ソニー生命保険株式会社/SOMPOひまわり生命保険株式会社/第一生命保険株式会社/第一フロンティア生命保険株式会社/大樹生命保険株式会社/チューリッヒ生命/T&Dフィナンシャル生命保険株式会社/東京海上日動あんしん生命保険株式会社/ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社/日本生命保険相互会社/ネオファースト生命保険株式会社/はなさく生命保険株式会社/マニュライフ生命保険株式会社/三井住友海上あいおい生命保険株式会社/明治安田生命保険相互会社/メットライフ生命保険株式会社/メディケア生命保険株式会社/ライフネット生命保険株式会社

損害保険会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社/アクサ損害保険株式会社/AIG損害保険株式会社/au損害保険株式会社/ジェイアイ傷害火災保険株式会社/セコム損害保険株式会社/セゾン自動車火災保険株式会社/ソニー損害保険株式会社/損害保険ジャパン日本興亜株式会社/東京海上日動火災保険株式会社/日立キャピタル損害保険株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/三井ダイレクト損害保険株式会社/楽天損害保険株式会社

※2019年度10月現在、募集代理店がほけんの窓口グループ株式会社の店舗で取扱っている会社です。一部の保険商品は取扱っておりません。一部パートナー店舗、銀行店舗では取扱いがない場合があります。

「ほけんの窓口」での保険相談の流れ

「ほけんの窓口」に来店しようと思ったら

「ほけんの窓口」は、ショッピング帰り等に気軽に立ち寄ることができるカジュアルな雰囲気です。ふと思い立ったときに訪れることもできますが、予め事前にある程度の準備をしておけば、より効率的に保険の相談ができます。

どんな保険が必要なのか?なぜその保険が必要なのか?それは何のためなのか?等、考えを整理しておくとよいでしょう。例えば、子どもの将来のための保険を探していると伝えたら、「ほけんの窓口」のスタッフは、学資・こども保険をはじめ、さまざまな貯蓄性のある保険を紹介してくれるでしょう。具体的な保険の種類や保障内容についてはプロがアドバイスしてくれるので、事前に調べる必要はありませんよ。なぜ保険加入、または保険の見直しをしたいのかだけは明確にしておきましょう。保険の見直しの場合は、現在加入している保険証券・保障内容のお知らせを持参するとスムーズにチェックしてもらえますよ。

老後資金の準備についての相談の場合は、誕生日月に日本年金機構から送付される「ねんきん定期便」を持参すれば、将来的に公的年金をいくら受取ることができるのか、シミュレーションできますよ。その結果を踏まえてより適切なアドバイスを受けることができます。

火災保険についての相談の場合は、保険の対象としたい建物の建築構造、広さ、建築年数がわかる書類を持参しましょう。建築確認済証や登記簿謄本、性能評価書等が該当します。

自動車保険については、車の情報がわかる書類が必要です。車検証、免許証、現在加入中の保険証券等です。来店前に電話で相談しておくと、漏れがなくて安心ですね。

予約はした方がよい?

「ほけんの窓口」は事前に予約をしなくても対応してくれます。しかし事前に予約をしておくと、待ち時間がなく保険相談を開始することができるでしょう。

「ほけんの窓口」は24時間インターネットで相談予約を行うことが可能です。空き状況もインターネットで確認することができますよ。最寄りの「ほけんの窓口」を検索してチェックしてみてください。

また、「ほけんの窓口」には女性のライフパートナーが多数在籍しています。女性特有の病気や疾病についても気兼ねなく相談できるので、女性ライフパートナーを希望したい場合は、予約のときに伝えておけば、優先的に女性ライフパートナーが対応してくれますよ。(相談者が女性の場合に限る)

まずは保障内容や予算等の意向の整理から

保険に加入する上で大切なのが「なぜ保険に入りたいのか」「どんな保障を希望するのか」「どのようなライフプランを考えているのか」等です。毎月支払い可能な金額や将来設計は現実的な内容をお伝えしましょう。このときに伝える内容によって提案を受ける保険が変わってきます。十分に注意しましょう。

保険選びの情報提供

伝えた要望をもとに「ほけんの窓口」のライフパートナーが将来的に必要な金額を独自のシステムで算出し、グラフでわかりやすく表示してくれます。その上で要望や意向に合った商品をいろいろな保険会社からチョイスして提示。現在加入している保険があれば、その保険内容も考慮して結果を提示してくれますよ。商品の内容等をわかりやすく説明してくれます。その人その人に合ったオリジナルの保険プランですね。

その内容に納得したらその場で申込みをすることができますが、納得できなかったり、自宅でゆっくり考えたりしたい場合は、日を改めて相談してもOKです。

「契約をしないといけないのでは?」と心配になるかもしれませんが、1回の相談で契約をすることは少なく、保険選びには平均して2~3回相談する方が多いと言われています。自分や家族の不安を解決する保障が必要になったタイミングに加入しても構いません。焦らずにじっくりと自分のライフプランに合ったものを選びましょう。

加入後のフォローもバッチリ

契約後は保険証券が届いたタイミングで、契約内容が本当に意向に沿ったものであったかの確認を行う「3+①」(さんプラスいち)を実施しています。

お客さまが加入している複数の保険をひとつにまとめたオリジナルファイルを作成し、「安心の輪サポート」といった一生涯にわたってのサポート体制があります。ご契約後6カ月以上経過したお客さまを対象に年に一回、誕生月の2カ月前に「安心の輪 定期便※一部対象外の店舗があります。」を郵送し、そのときのライフスタイルに合った保障(補償)が用意されているかの確認ができます。(損害保険のみのご契約の方は満期月の約2か月前)
結婚や子どもの誕生、子どもの独立、車や家の購入や、体調の変化等ライフステージが変わると、保障(補償)内容の確認や見直し、不安に備えるための相談が必要になってくるでしょう。定期的に加入中の保険を確認し、保障内容が今のライフステージに合っているか確認しましょう。

また、パソコンやスマートフォンから「ほけんの窓口」のマイページを見ると、保険金・給付金の請求依頼、住所・名義等契約情報の変更依頼、保険料控除証明書の再発行依頼をいつでも一括で依頼することができます。

※一部のご契約に関しては、お取扱いできないサービスがございます。

※ご契約の保険内容によっては一部受付できないサービスがございます。詳しくは担当店舗までお問合せください。
※必要に応じて当社または保険会社より連絡がある場合がございます。
※マイページのご利用は、募集代理店が「ほけんの窓口グループ株式会社」の店舗でご契約をいただいたお客さまが対象となります。(法人のお客さまは対象外となります)

「ほけんの窓口」の口コミが知りたい

「妊娠中に何度か通ったのですが、ブランケットやクッションを用意してくれていろいろと気を遣ってくれました。担当の方は男性でしたが、お子さんがいて経験したこと等を話してくれとても相談しやすかったです」(1歳の男の子のママ)

「いろいろな保険会社を比較できてよかったです」(1歳の女の子のママ)

※Millyアンケートより

自分に合った保険を!

「ほけんの窓口」だけではなく他の「来店型保険ショップ」も無料で相談を行っているところもあるので、もし加入する保険に迷っているなら、相談して比較してみてもよいでしょう。

保険は一度加入したら、解約しない限り払込期間が終了するまではずっと支払い続けます。加入するのが早ければ早いほど、好条件のものに加入することができる場合もあります。病気やケガ等、将来起こることは予測不可能です。保険はいざというときに大きな役割を果たしてくれる重要なもの。だからこそ、慎重に後回ししないで、自分に合った保険を選びたいですね。

ほけんの窓口 公式HPはこちら

取材協力/ほけんの窓口グループ株式会社
文/奥村陽子

※掲載の内容は2019年10月現在のものです。

奨学金なしで大学進学させるための教育費の貯めコツ3
奨学金なしで大学進学させるための教育費の貯めコツ3
赤ちゃん時代の今でも、すでに毎月習いごと代などがかかっている家計も多いようですが、子どもが大きくなればなるほど教育費はもっとかかるように! 塾や習いごと、参考書代などの毎月かかる教育費と大学入学のための教育費は別ものとして準備しておかなければいけません。「奨学金があるのでは」と安易に考えていると、社会人になる前から子どもに奨学金返済という“借金”を背負わせることになってしまいます。では、どのようにいくらくらい貯めていけばよいのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの畠中雅子先生に貯め方をうかがいました。
記事を読む
子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション
子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション
「大人になるまでにお金がいくらかかるかわからなくて不安」という声におこたえして、幼稚園から大学までの学費をご紹介します。生まれたばかりで、子どもの進路なんてまだまだと思うかもしれませんが、おぼろげながらでも希望する進路とかかる学費を計算してみましょう。将来のわが家に必要な教育費はどれくらい?
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム