【GAKUのご褒美SPA meetsパーク ハイアット 東京】祝・卒乳記念! 豪華ホテルでスパ&カクテルを楽しもう!!

コラム
公開日:2019/10/08
【GAKUのご褒美SPA meetsパーク ハイアット 東京】祝・卒乳記念! 豪華ホテルでスパ&カクテルを楽しもう!!

極上のトリートメントを受けた後に、のんびり食事やアフタヌーンティーを楽しめるのって最高の気分ですよね。そして、それが雰囲気のいいバーでのお酒だったらもっと素敵な時間になるはず。ずっとガマンしていたお酒を卒乳のタイミングで解禁するならパーク ハイアット 東京の“パーク シエスタ”がお勧めです!

新宿にこの世の天国を発見!

みなさん、こんにちは男性美容研究家の藤村岳です。今回はボクが超~お気に入りで何度も訪れている憧れのホテル・パーク ハイアット 東京のスパをご紹介しちゃいます。こちらのお得な“パーク シエスタ”を使うと、普段は宿泊客か会員でないと入れないスパエリアでトリートメントを受け、お風呂やサウナまで入れるんです。

45階にあるスパの受付。ひっそりと佇む感じが、すでにラグジュアリー

しかも、“ジランドール”でのヘルシーバランス ブレックファースト、または“ピーク ラウンジ”でのアフタヌーンティー、そしてなんと“ピーク バー”でトワイライトタイムでの飲食のいずれか一つを選べるというもの。

スパの後にはこんな楽しみが待っています。詳しくは記事の後半で〜!

ねえ、これがこの世の天国でなくて、なんなの?

本当は教えたくなかったんです。だって、ボクのプライベートの予約が取れなくなったら困るんだもの。でもね、「日頃お疲れのママさんたちのためになるんです」と編集のA女史にも後押しされたので、特別にとっておきのスパをご紹介しましょう(←恩着せがましい)。

まあ、たしかにおひとり様で3万9000円(税・サ込)というのは、主婦の感覚からすると、清水の舞台から飛び降りるようなものですが、ま、たまのご褒美だもの、いいんです。夫を説得しましょう。なんなら、夫とともに来るというのもあり。あ、スパのギフト券もあるので、ここを読んでいる夫の皆さんは、プレゼントに妻に贈ると喜ばれますよ!

で、ボクがお勧めしたいのが、“ピーク バー”でのトワイライトタイムね。ほら、ママさんっておおっぴらにお酒飲めない場合もありますよね。特に授乳中は厳禁ですもんね。夫は隣で「ごめんね」なんて口では言いながらも、ビールをグビリ。わかってはいるけど、なんとなく腑に落ちない。「私だって、お酒をおしゃれに飲みたい〜」ってママさん。卒乳を迎え、晴れてお酒を飲めるようになった暁にはこちらで解禁なんて素敵でしょう?

イケメンソムリエが注いでくれると泡のおいしさも格別です。そういえばバーのスタッフ、美男美女揃いで眼福でした

ボディをどう仕上げる? 2種類のオイルから選択

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、今回はあえて午後にチェックインして、スパ→カクテルをレポートします! 

スペシャルブレンドティーをいただいて、まずは心をほぐしましょう

こちらパーク ハイアット 東京のスパではハンガリーの至宝ともいうべき“オモロヴィッツァ”を採用しております! ブダペストに誕生した温泉ミネラルを使ったスキンケアブランドで、女王が愛用したハンガリアンミストなど、コスメフリークの間では知る人ぞ知る高級ブランド。その施術が受けられますよ。

ボディの仕上がりをどんな風にしたいのかによって、選べるオイルは2種類あります

眺望のいい明るいトリートメントルームに期待が高まります

まず最初に“ゴールドシマーオイル”あるいは“ファーミングボディオイル”のいずれかを選びましょう。ボクはキラキラさせても仕方ないしねえ、ということで引きしめ系の後者をチョイス。「ミニスカ+生足で勝負したいわ」「久しぶりに夫を悩殺する」などというママさんはぜひ“ゴールデン~”の方をお選びください(笑)

右下にあるのが、今回オーダーしたミネラルストーンマッサージで使用するローズクォーツ

夏に緩んだ体を引きしめたかったので、ファーミングオイルをチョイスしました

まずはタオルに全身くるまれて、体全体のゆがみをチェックします

さて、まずはうつ伏せになりましてタオルの上から大きなゆがみなどをみてもらいます。次に片脚ずつ、足の裏側からトリートメントが始まります。オーソドックスだけど、やっぱり心臓から遠い右足から攻められるのが一番好き。ほら滞りがちなのって、足の指先。手よりも足なんですよね。先ほどのオイルでふくらはぎを下から上へと揉み流されます。ああ、至福。

ホットタオルでていねいに足をくるまれ、本格的なトリートメントがスタートします

ハンドケアに加えて、ホットストーンで優しさをプラス

そして本日のメインイベント! 温めたローズクオーツストーンを使ってのマッサージです。わーい。ここのストーンはめずらしくて、卵形。扁平なものが多いのですが、この形に秘密あり。ベテランセラピストの山崎さん曰く「ツボ押しにも使える優れもの」だとか。なるほどねえ、さすがこだわりのパーク ハイアット 東京様♡

この卵形がミソ。凸部分でツボ押し、滑らかな曲面は流すのに使えるのです

そういえば、ローズクォーツって恋愛の石とされていますよね。その手のパワーストーンに詳しい友人に聞いたら「ローズクォーツは優しさを表しているんだよ」と。つまり「誰かに対して優しくなれる、そして自分にも優しくする。それを促進させるから恋愛に繋がるんだろうね」とのこと。

ふくらはぎを集中して流してもらうと、気分はまるで雲の上にいるよう

となると、施術に優しさをプラスするなら、ローズクォーツのストーンセラピーって完璧ですよね。なるほどなあ。うまくできてるなあ、などと考えつつ、トリートメントは進みます。その間にも山崎さんの優しさが伝わってきます。ちなみにストーンは2組用意してあって、使うたびに温め直されているから、肌に当ててヒヤッとすることなんてないですよ。

背中と肩周りももちろんストーンと手でていねいにほぐされます

ストーンはほんのり温かくて、やはり手とは違う。でも、柔らかな曲面だから当たりが柔らかで、いい感じ。「手もホットストーンも、どっちも気持ちいい~。選べない」なんて感動に浸っていると、今度は背中です。もうね、日々の仕事でガチガチ。きっと、そこのママさんも抱っこ疲れで、首や肩甲骨周りが滞っていますよね。そんな時にこそ、ホットストーンですよ、奥さん!

首には無数のツボあり。ぼんのくぼや風池あたりをグッと。スマホとか見ていると疲れが溜まるところです

この温めたストーンからのハンドの順って、いいな。最初にストーンで大まかな流れを作って、手で細かく癒してくれる計算がお見事。もうね、この時間が一生続いてくれないかなあってくらいにトロトロです。この時ばかりは帰宅した後に「夫が食べたランチの皿洗いするのか」なんて考えたりしたらダメ。ほぐされる快感に存分に溺れましょう。

石+手の連続技にうっとりする

さて、次は仰向け。またもや片脚ずつていねいにトリートメント。前側のすねを温めたストーンでスルスルっとなぞります。肉が少ない部位だから、あんまり凝ってないのでは? と思いきや、ここがまあゾゾっとするほどイタキモ。骨に沿って挟むように擦り上げられると、疲れ度がわかります。そしてここでもハンドマッサージでしっかりケア。

仰向けになって受けるとうつ伏せ時とは感じ方がまた違う。ボクはこっちの方がイタキモでした

仰向けのまま腕からデコルテを揉まれます。首はグッとストーンを滑り込ませて、自分の頭の重みでじんわり刺激。これも温かい。あ、それだけ冷えてるってことなんですよねえ。

自重を巧みに使うから無理なくストーンが体にスーッと入っていくのです

しかし、山崎さんの手技、本当にすごい。リズミカルなタッチや緩急をつけた力加減。まるでピアノを弾いているように詩情豊かで、身も心も安心して委ねることができます。

フィニッシュは頭皮を揉みほぐされます。オイルは使わないからベタつきなし!

そして、最後はオイルとストーンを使わずにハンドだけで頭を揉みしだかれるのです。髪の毛がベトベトになるのはちょっといやですからね。これ、細かいけど素敵な気遣い。あと、前にも指摘したのですが、こちらもターバンをキツく締め上げないのがうれしい。スパ後に髪を整える手間が軽減するし、何よりきっちり巻かれるとそれだけで気になって集中できないんですよねえ。

トリートメント終了直後のふぬけ顔。心地よさに包まれ中。レモンの入った水を1杯飲むとすっきりします

さて、スパで癒された後はカクテルターーーーーイム!

ということで、いそいそと“ピーク バー”へと参りましょう。取材日は夏だったのでまだ日没前でしたが、秋〜冬にかけては“ピーク ラウンジ”の方を向くと暮れなずむ街を観ることもできます。ますます気分は盛り上がるはず!

シェフ自ら説明していただきました。大好物の栗のメニューもあり、喜び中です

卒乳記念なら、まずはスパークリングワインですよね。流麗なフルートグラスに華やかな黄金色の泡。独身のあの頃を思い出しちゃいましょう。で、このプランのすごいところが、フリーフロー&おつまみもいただきたいだけ存分に楽しめます

外国のゲストも多いので、メニューは和を感じさせるものを多く採り入れているそう

季節毎に変わるお料理の数々。サーモンのマリネやカボチャのスープ。ごま豆腐に野菜チップスなど盛りだくさん。ポーションが小さいから、あれもこれもと楽しめるのがうれしい。実はこれ以外にもトレイに乗せて新しいお料理が運ばれてきます。目指せ、全制覇!

出色の出来栄えのごま豆腐。これ、ねっとりしていてスパークリングワインによく合います!

子どもが小さいと自分の食事どころではなく食べさせるので精一杯ではないですか? 外食だと周りに迷惑かけないようになんて気遣いで、食べた気すらしませんもの。だとするとそんな日頃のストレスをここで発散しましょうよ。

ソフィア・コッポラ監督の名作映画『ロスト・イン・トランスレーション』にも登場するパーク ハイアット 東京は今年、開業25周年を迎え、もはや東京を代表するホテルと言っても過言ではありません。超高級ホテルですがこんなお得な楽しみもあるなんて知らなかったでしょう?

オーダーすれば、カウンターでカクテルも作ってもらえるんです。こちらはジンベースのオリジナルカクテル

気がつくと夕日が差し込んで参りました。あんまり心地よくてすっかり長居。またここに来られることを祈りつつ、そろそろ日常へと帰りましょうか。

パーク シエスタ

【内容】
・スパトリートメント90分
・45階のスパ施設“CLUB ON THE PARK(クラブ オン ザ パーク)”
 にてジャグジー、サウナ、リラクゼーションラウンジ、トリートメントルームなどを
 施術の前後1時間利用可
・ホテル オリジナルダイニングメニュー(下記から1種を選択)
 41階 ジランドール“ヘルシー バランス ブレックファースト”
 41階 ピーク ラウンジ“アフタヌーンティー”
 41階 ピーク バー“トワイライトタイム”も選択可能

価格:39,000円(※税、サービス料込)
トリートメント受付時間:9:00〜17:00
問い合わせ先:クラブ オン ザ パーク
TEL: 03-5323-3434(6:00〜22:00)
取材協力/パーク ハイアット 東京

関連リンク⇒⇒⇒ハチミツパワーがすごい!大阪で世界最高峰スパに潜入~インターコンチネンタルホテル大阪【GAKUが行く!ご褒美SPA】

関連リンク⇒⇒⇒【新連載!男性美容研究家・藤村岳が行く!Vol.1】ヴェレダPR・栗田綾乃さんが親子で愛用するオーガニックコスメとは?

撮影/佐山裕子(主婦の友社写真室) 取材・文/藤村 岳

Profile
藤村 岳
男性美容研究家
大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの奥深さに触れる。その後、料理や健康などの生活情報誌に携わる。その後、料理や健康などの生活情報誌に携わり、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。数々の男性誌で連載を持ち、総合情報サイト『All About』では「メンズコスメ」のガイドも務めている。最近は男性ならではの視点を生かし、女性誌や美容誌でも執筆・監修を行う。また、テレビやラジオの出演のほか、講演・イベントなどでも活躍中。また、豊富な経験と知識を生かして、美容コンサルタントとしてマーケティングやコスメの開発にも携わる。国内外のホテルなどを訪れ、スパやエステ、トリートメントについても造詣が深い。

あなたにおすすめ

注目コラム