人気の横浜アンパンマンこどもミュージアム!おすすめや駐車場は?

コラム
公開日:2019/09/21
更新日:2019/09/27
人気の横浜アンパンマンこどもミュージアム!おすすめや駐車場は?

子どもがみんな大好きなアンパンマンの世界観を存分に楽しめる、アンパンマンこどもミュージアム。ママたちにはアンパンマンミュージアムとしておなじみの大人気施設は全国に5箇所ありますが、2019年7月には横浜のアンパンマンこどもミュージアムが大幅リニューアル。大きく変わった内容とおすすめのポイントについて、詳しくご紹介します!

アンパンマンこどもミュージアムとは

アンパンマンこどもミュージアムとは、アンパンマンを題材とした人気テーマパーク。アニメ「それいけ! アンパンマン」の世界観に入り込める、アンパンマンやその仲間たちを身近に感じられる施設として子どもたちが大好きなお出かけスポットになっています。

全国にあるアンパンマンこどもミュージアムを紹介!

今回リニューアルオープンした横浜をはじめ、全国5箇所にアンパンマンこどもミュージアムがあります。宮城県仙台市にある仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール、三重県桑名市にある名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク、兵庫県神戸市にある神戸アンパマンこどもミュージアム&モール、福岡県福岡市にある福岡アンパンマンこどもミュージアムinモールです。今回は、そのなかでも最も早い2007年に誕生した横浜アンパンマンこどもミュージアムが移転リニューアル。よりアクセスしやすい場所になり、ミュージアムもショップ&フード・レストランも充実した内容に生まれ変わりました!

横浜アンパンマンこどもミュージアムの施設情報

神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目2番9

アクセス:みなとみらい線「新高島駅」3番出口より徒歩3分、JR「横浜駅」東口より徒歩10分

最寄駅はみなとみらい線の新高島駅ですが、横浜駅からも徒歩10分程度になり、さらにアクセスしやすくなりました。駅にはエレベーターも完備しているので、ベビーカーでも安心して訪れることができます。

316台収容可能の駐車場もあり!

電車で行きやすい場所ですが、車で訪れるファミリーにとってもうれしいのが駐車場を完備していること。第一駐車場128台、第二駐車場188台、第三駐車場64台収容でとても広くなりました。第一駐車場は施設のB1にあるので、お天気が悪い日や寒い日でもスムーズに中に入ることができます。

広々としたベビーカー置き場が新設!

横浜アンパンマンこどもミュージアムの2Fは、ミュージアム入り口とチケット売り場です。入り口奥にはベビーカー置き場が設置されています。約250台収容できるほどの十分な広さです。コインロッカーも併設。おむつ替え可能なトイレもあるので安心です。

アンパンマンミュージアム 横浜 ベビーカー ベビーカー置き場 コインロッカーベビーカー置き場。コインロッカーにはアンパンマンと仲間たちが描かれています。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンこどもミュージアムの楽しみ方は?

リニューアルした横浜アンパンマンこどもミュージアム、楽しみ方はさまざまです。一番の注目は3Fのミュージアムフロア! 「アンパンマンに会いたい」という子どもたちの夢をかなえるフロアになっています。まず目に飛び込んでくるのは、アニメでもおなじみのパンこうじょうがあるひろば。

アンパンマンミュージアム 横浜 パンこうじょう全面人工芝の開放的なひろばになっています。メインステージの会場としても使われますが、ステージが行われていない時間帯は走り回って遊ぶことができます。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 パンこうじょうパンこうじょうの中では、材料をかき混ぜたり、やわらかいパン生地をこねたりといったパン作りごっこを楽しむことができます。釜の中に入ることも可能! ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

みんなのまちというエリアは、アンパンマンの世界にある街を再現。アンパンマンごうやちびぞう君のいえ、カバお君のいえ、おかしのいえなどが並んでいて、さまざまなしかけ遊びを楽しむことができます。

アンパンマンミュージアム 横浜 アンパンマンごう大人気のアンパンマンごう! 中には80ものしかけがあります。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜お料理ごっこや野菜収穫ごっこが楽しめる、カバお君のいえ。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

ミュージアムフロアは体を動かすエリアが充実しているのも大きな特徴。わんぱくアイランドというエリアは走り回ったり、ネット遊具でアスレチック感覚で遊べたり、ボールプールを楽しむことができます。また全国のミュージアムで人気のボールパークも、リニューアル後のここ横浜にもあります。

アンパンマンミュージアム 横浜 わんぱくアイランド青い海と空、砂浜をイメージ。くじらのクータンがいる海の上は、ジャンプしたり転んでも痛くない柔らかい感触です。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ボールプール子どもが大好きなボールプール。ボールの下にもアンパンマンの仲間たちがいるので、探し遊びも楽しめます。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ボールパークボールパークで使用しているストレッチボールは、2Fのミュージアムショップで購入可能です。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

パンこうじょうがあるひろばでは、アンパンマンと仲間たちが登場するメインステージを毎日開催。ステージのスケジュールは公式ホームページをチェックしてみてください。そのほか3Fでは親子で一緒に楽しむワークショップや紙芝居、パネルシアターなどが開催されています。

アンパンマンミュージアム 横浜 メインステージ ショーひろばで行われているメインステージ。「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」がテーマになっています。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンこどもミュージアムに割引はある?

横浜アンパンマンこどもミュージアムの入館料は、1歳以上でひとり2,200円(税込み)です。障がい者手帳所持者(と付き添い1名)以外の割引はありません。今回のリニューアルでは、公式ホームページから前売WEBチケットが購入できるようになりました。料金は当日券と同じですが、入館がスムーズになり便利です。また、当日に限り再入場が可能。ミュージアムフロアは有料ですが、1Fのショップ&フード・レストランフロアは無料で入ることができます。

アンパンマンミュージアム 横浜 チケットチケット売場。券売機も設置されています。窓口の下部分には、いろいろな角度のアンパンマンの顔が! ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンこどもミュージアムで誕生日のお祝いはできる?

横浜アンパンマンこどもミュージアムの1Fには、バースデーサービスに特化したアンパンマンレストランがあります。プレミアムバースデープランという予約限定の特別プランがスタートしました。

アンパンマンミュージアム 横浜 誕生日 バースデー親子でアンパンマンのオリジナルペアエプロンを着て、アンパンマンのグラスドール(砂糖菓子)や苺、チョコレートなどを自由に飾ってオリジナルショートケーキをデコレーションできます。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

このプランはレストラン内のケーキファクトリーで、オリジナルショートケーキのデコレーション体験や、特別シートでの食事、王冠をかぶって撮影した記念写真プレゼントなどが含まれています。ケーキはそのまま食べることができ、エプロンとコック帽のセット、アンパンマンシールつき王冠は持ち帰ることが可能です。

アンパンマンミュージアム 横浜 バースデー 誕生日特別シートのひとつ、ケーキ型席(3〜6名)。ほかにもステンドグラス席A(2〜4名)、ステンドグラス席B(4〜6名)などがあります。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

プラン代金は税込み6,000円でプラス食事代がかかります。電話での予約は受け付けておらず、公式ホームページから予約できるようになっています。

アンパンマンこどもミュージアムのグッズをチェック

横浜アンパンマンこどもミュージアムでは、さまざまなアンパンマングッズが販売されています。2Fミュージアム入り口フロアにはミュージアムショップがオープン。ミュージアムに入館した人のみが利用できる限定ショップです。

アンパンマンミュージアム 横浜 ミュージアムショップ グッズ 限定ミュージアムショップ。正面エントランスのおおきなアンパンマンをモチーフにしたグッズは、横浜でしか手に入りません。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ミュージアムショップ 限定アンパンマンこどもミュージアム限定品のマグカップやグラス。おしゃれなデザインのものがたくさんあります。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

無料で楽しめる1Fのショップ&フード・レストランフロアには、アンパンマンテラスやバタコさんの手づくりハウスなど個性豊かな14店舗が並んでいます。

アンパンマンミュージアム 横浜 ショップリニューアル前から人気を集めていた、バタコさんの手づくりハウス(右)とドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ(左)。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ショップもりのほんやさんには、アンパンマンの原点、名作絵本がたくさん置かれています。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ショップぬいぐるみも種類豊富! ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

以前から大人気だった、ジャムおじさんのパン工場もリニューアルオープン。できたてのキャラクターパンをお持ち帰りするのも楽しみのひとつです。

アンパンマンミュージアム 横浜 ジャムおじさんのパン工場より広くなり、店内にはパン焼き釜のディスプレイなどもあります。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

1Fにはフードコートも設置されました。ごはんやさん、ハンバーガーやさん、うどんやさん、ソフトクリームやさんなどで購入した食事をゆっくり食べることができるように。小さい子ども向けに、椅子やテーブルが低くなっているエリアもあります。

アンパンマンミュージアム 横浜 レストラン フードコート 食事フードコートのテーマはピクニック。180席と充実しています。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンミュージアム 横浜 ファミリーステーション おむつ替え 離乳食フードコートの横にはファミリーステーションが設けられました。トイレやおむつ替え、授乳や離乳食スペース、ミルク調乳器が集約されているので便利です。©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

いかがでしたか? リニューアルオープンでますます魅力的になった横浜アンパンマンこどもミュージアム。お子さんとぜひ訪れてみてください!

取材協力/横浜アンパンマンこどもミュージアム

Profile
佐藤望美
子連れトラベルエディター
子連れ旅行を主なテーマとして活動するトラベルエディター。ファッション雑誌、育児雑誌、ウェブマガジンなど数々の媒体で子連れ旅行の編集とライティングを行っている。プライベートでは2児の母。これまでの子連れ旅は国内外含めて40回以上にものぼる。得意分野はベビー連れ旅、母子旅、ママ友旅、自然に触れる旅。
オフィシャルサイト

あなたにおすすめ

注目コラム