妊娠中はトキソプラズマの初感染に気をつけて!  症状や検査方法、予防法は? 【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/09/12
妊娠中はトキソプラズマの初感染に気をつけて!  症状や検査方法、予防法は?  【産婦人科医監修】
監修
楠木総司(くすのき そうし)先生
あらかわレディースクリニック院長

トキソプラズマをご存知ですか? 「トキソプラズマなんて、妊娠するまで知らなかった」という妊婦さんや「なんとなく聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない」という妊婦さんも少なくないでしょう。また、「もしも自分が感染したらどうしよう?」と、不安な妊婦さんもいると思います。そこで、トキソプラズマに関しての気になるあれこれを産婦人科医の楠木総司先生に教えていただきました。

トキソプラズマって何?

トキソプラズマとはわかりやすくいうと寄生虫の一種で、ミクロンサイズのとても小さな生物です。このトキソプラズマに感染して発症するのが、トキソプラズマ症です。

トキソプラズマは、人間を含むほとんどすべての哺乳類や鳥類に感染します。また、土の中などにもいますので、トキソプラズマそのものは決して珍しい存在ではありません。

トキソプラズマの感染ルート

トキソプラズマは、動物の体内に寄生しながら成長を続けるのですが、猫科の動物以外に感染してもその体内から出てくることはありません。

ところが、猫科の動物がトキソプラズマに初めて感染すると、一定期間(数日〜3週間後のうちの約10日間)フンと一緒にトキソプラズマを排出します。

しかも、フンに混じって排出されるトキソプラズマは生命力がたくましく、水や土の中で数ヶ月も生き続けられます。つまり、私たちの身近にいる猫のフンや猫のフンが触れた砂や土、水も感染源になり得るというわけです。

「妊婦さんが猫に触るのは危険」と言われがちなのは、このような理由があるためです。しかし、全ての猫が危険なわけではありませんし、猫を飼っている全ての妊婦さんがトキソプラズマに感染するわけでもありません。

先ほども述べたように猫のフンにトキソプラズマが混じって排出されるのは、猫の生涯のうちの数日〜3週間後のうちの約10日間に限られています。

また、猫を飼っていてもトキソプラズマの感染予防は可能です。その点をよく理解しておきましょう。

トキソプラズマが人に感染する主なルートは口からで、稀に目や鼻の粘膜からも感染することがあります。

たとえば、レアステーキや生ハム、ユッケ、鳥刺し、馬刺し、など十分に加熱調理されていない肉を食べて感染することもありますし、殺菌されていないミルクやそれらを使った乳製品が感染の原因になる可能性もあります。

また、ガーデニングや畑作業の際に土に触れたことがきっかけで、感染するケースもあります。

トキソプラズマに感染したらどんな症状が出るの?

トキソプラズマに感染しても健康な大人であれば、免疫力が正常に働いて症状をほとんど自覚しないか、風邪に似た症状(軽度の発熱やリンパ節のはれ、疲労感)程度でおさまるのが一般的です。

ただし、免疫力が低下した人の場合は症状が重くなるケースもあります。

トキソプラズマに感染すると胎児にどんな影響がある?

トキソプラズマに一度感染すると抗体ができます。そのため、再び感染して発症することは基本的にありません。また、人から人に感染することもありません。ですから、健康な大人であれば、それほど心配する必要はないのです。

けれども、妊娠中あるいは妊娠の数ヶ月前に初めてトキソプラズマに感染した場合は、事情が異なります。胎盤を通して胎児にトキソプラズマが感染すると、流産や死産につながるケースや「先天性トキソプラズマ症」を引き起こす可能性があるのです。

先天性トキソプラズマ症では、生まれてくる赤ちゃんに次のような症状があらわれることがあります。

・脳の障害:水頭症、脳内石灰化など

・眼の障害:網脈絡膜炎(もうみゃくらくまくえん)など

・その他:精神・運動機能障害、黄疸、貧血、血小板減少、肝機能障害など

また、生まれた時点では症状がなくても、成長するにつれて症状があらわれるケースもあります。網膜や脈絡膜に炎症が起きて視野や視力に異常をきたす「眼トキソプラズマ症」がその代表的な例です。

なお、トキソプラズマに感染してから発症するまでの潜伏期間ははっきりしない場合が多いのですが、一般的には妊娠の6ヶ月以上前の感染であれば、胎児への影響はないと考えられています。

監修
楠木総司(くすのき そうし)先生
あらかわレディースクリニック院長
平成16年順天堂大学医学部卒業、医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本婦人科腫瘍専門医、日本産科婦人科学会内視鏡技術認定医、日本性感染症学会認定医。2019年6月にオープンした東京・町屋の「あらかわレディースクリニック」は、妊娠・出産だけでなく産後ケアによるママと赤ちゃんのサポートも行っています。また、婦人科疾患に対する腹腔鏡手術も備えた産科・婦人科施設です。

あなたにおすすめ

注目コラム