連載コラム「神山まりあの 鬼ママ、時々モデル」Vol.11【マミー嫌い!と言われた日】

連載コラム「神山まりあの 鬼ママ、時々モデル」Vol.11【マミー嫌い!と言われた日】

連載 神山まりあの 鬼ママ、時々モデル

夫の出張が多いこの夏。

パパっ子のディーンにとって、大好きなパパのいない日々はかなり辛い。

「マミー、パパどこー????」と言いながら大泣きからのスタート。

パパはね、お仕事なのよ、と言ってももはや通じない。

「パパーーーーーーーーーー(涙)!!!!!」

泣き叫ぶ息子を抱えながら朝の支度。

パパっ子なのはいいのだけど、さすがにここまでLOVEが強すぎるとママも凹みますよ?

マミー大好きってひっついてくるわりには、パパがいないと大騒ぎ。

ディーンにパパがそんなに好きなのね、と聞くと

「マミーとパパとディーンがいい」

となんとも100点な回答をしてくれた。3人がいいのか。そうかそうか。

そんなこと言われてもパパは出張中。

帰ってくるのは来週。

最初は、すぐ帰ってくるから大丈夫よーなんてあやしていたけども、4日目くらいになるともうさすがにため息が出てくる。

「パパーーーー!!!!!!! うああああああああ(涙)!!!!」

朝ごはんに出したトーストを投げて、にんじんを口から出した。

トーストは投げるものではありません、粗末にするんだったら食べなくていい!!!

私の中でのイライラがピークになり、息子の肩をガシッと掴んで目を見て怒りました。

すると

「・・・・マミー、嫌い。」

一言息子が呟いたんです。

え?

「マミー!! 嫌い!!!!!! 嫌い!!!! 嫌い!!!!!」

初めてディーンに嫌いって言われました。

これだけ愛して、育ててきた息子に嫌いって。

結構ショックで、しばらく黙っていました。

パパが好きで、マミーは嫌いか。

ディーンは泣きべそをかきながら「マミー、嫌い!」と言い続けています。

ショックでしばらく言い返せなかったけど、やっと正気を取り戻した私は言いました。

嫌いって言葉を簡単に使うんじゃない。それはものすごい強くて痛い言葉なんだよ。

心から嫌いだと思ったとき以外、口に出しちゃいけないよ。

息子は3歳。私の言っていることが理解できたのかできなかったのかわかりません。

でも、私の膝に手を置いて泣きながらじっと聞いていました。

それからはマミー嫌いと言わず、ゴメンナサイとも言わず、ただただ私の足をギュッと握っている姿はとても切なく、反省しているのが伝わってきました。

私はそのまま朝のルーティンに戻りながらせっせと動いていたけど、足元には下を向いたディーンがぴったりとくっついています。

これから毎日生活する中で、いったい何回「嫌い」って言われちゃうんだろう。

そのたびに傷つくのかな。それとも慣れちゃうのかな。

でもわかっていることは、「嫌い」と言われようが「クソババアア」と言われようが、私は母であり、あなたは息子だということ。

何を言われようと息子を愛し、守っていく、この気持ちは母になって初めて感じたことです。

今日もディーンはマミーにべったり。

「嫌い」なんてもう言わないでよね! もう。

PROFILE
神山まりあさん
1987年2月17日生まれ。東京都出身。2011年、ミス・ユニバース・ジャパンでグランプリに輝き、イベントMCやラジオパーティー、雑誌などで活躍。2015年結婚、2016年7月に長男を出産。2017年1月号より「VERY」にレギュラー出演。インスタグラムのフォロワー数は15万人超。神山さんご主人のインスタグラムにたびたび登場される、素の神山さんも話題に! 2018年9月、初の著書「神山まりあのガハハ育児語録」(光文社)が発売。
神山まりあ 公式ブログインスタグラム

次回は9月27日(金)UP予定です!

TOP画像撮影/土屋哲朗(主婦の友社) スタイリング/徳永千夏  ヘア&メイク/TOMIE(nude.)  校正/主婦の友社

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム