コストが安いウォーターサーバーはどれ?みんなの口コミもチェック

コラム
公開日:2019/08/30
更新日:2019/09/05
コストが安いウォーターサーバーはどれ?みんなの口コミもチェック

この記事では比較的安い費用で利用できるウォーターサーバーを特集します!近年、家庭においても普及が進んでいるウォーターサーバー。レバーを押すだけで、手軽に美味しい水を飲むことができ、また冷水だけでなく温水も使用できるのが魅力です。そんなウォーターサーバーは、メーカーによって使い勝手や水の種類などさまざまな特徴が。また利用料金の設定やサービスも異なります。そこで今回は安い費用で利用できるウォーターサーバーを口コミも交えながらご紹介。あなたの自宅にも、ウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーのおすすめをご紹介するまえに、まずはウォーターサーバーの特徴や基礎知識についておさらいしておきましょう。

ウォーターサーバーの特徴について

ウォーターサーバーは、ミネラルウォーターが入った交換式のタンクを設置し、レバーを押すだけで冷水や温水がいつでも利用できるとても便利な電化製品です。現在、日本の市場に出ている製品は、天然水やOR水といった飲料用に厳選されたお水を使用していることがほとんど。そのため、飲料水として安心・安全であり、のどが渇いたとき、赤ちゃんのミルクを用意するとき、お湯や水で戻すタイプの離乳食を利用するとき、カップラーメンの準備時などさまざまなシーンで重宝します。また、災害時の備蓄水としてもウォーターサーバーは活躍。かつてはオフィスや病院に置かれることが多かったウォーターサーバーですが、この利便性の高さを背景に、近年では一般的な家庭にも普及しています。

ウォーターサーバーのボトルのタイプ

ウォーターサーバーのボトルは大きく分けると、2種類あります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

リターナブルボトル方式

出典/クリクラ公式

ボトルを繰り返して使用するタイプのもの。宅配時には空になったボトルを回収してもらって新しいボトルに取り換えますが、回収されたボトルはきれいに洗浄され、また使用されます。そのため、環境にやさしいウォーターサーバーとして注目されています。

ワンウェイボトル方式

出典/プレミアムウォーター公式

使いきりタイプのボトルを使用したウォーターサーバーのこと。使い終わったら捨てることができるため、回収の必要はありません。リターナブルボトル方式と比較すると利用料金は少し高めに設定されていることが多いです。

ウォーターサーバーにかかるコストが知りたい!

ウォーターサーバーの設置を検討している人にとって、気になることのひとつが「どれぐらいのコストがかかるのか」という点ではないでしょうか。ウォーターサーバーを利用する際にかかるコストには、水代のほかにも送料や電気代も加味しておかなければなりません。また、サーバー本体もレンタル式のところと購入式のところがあり、初期費用なども異なってきます。メーカーによって設定費用は異なりますが、それぞれの項目でおおよそどれぐらいのコストが必要となるかについてご紹介しましょう。

初期費用

メーカーのなかには、ウォーターサーバーを契約したときに初期費用が発生するところもあります。初期費用という名目以外にも、初回手数料や登録料としているところもあるようです。初期費用の目安は安いところでは3,000円程度から。高いところでは7,000円ほどとなっています。また、サーバーの設置はほとんどのメーカーが無料となっていますが、有料としている場合は3,000円ほど必要となることも。その一方で、契約特典としてボトルが数本無料となるサービスなどを行なっているメーカーもあります。

サーバーレンタル代

ウォーターサーバー本体は購入しなければならないところもありますが、レンタル形式で提供しているメーカーがほとんど。レンタルは無料のところと有料のところがあり、有料の場合はだいたい月々500円~1,500円ほどの費用が必要となります。しかし、無料だからよいというわけではありません。なかには、毎月最低〇本の注文はしなければならないなどノルマを設定しているところや、解約時にキャンセル料を徴収しているところもあるため、注意が必要です。

送料

ボトルの配送は無料で行っているメーカーも多いですが、配送料を別途設定しているメーカーもあります。また、基本的には配送料無料でも、北海道や沖縄といった離島への配送は有料としているケースも。配送料もメーカーによって異なりますが、本州への配送の場合だいたい100~500円が相場。北海道や沖縄などの離島の場合300~2,000円ほどと設定金額はメーカーによって大きく幅があります。そのほか、1本の配送だと有料であっても2本以上の注文で無料となるような設定をしているメーカーもあるようです。

水代

メーカーの多くは、ボトル単位で料金が設定されています。目安としては、水1ℓあたり100円前後ほどが一般的ですが、RO水と天然水を比較すると天然水の方が少し高めに設定されている傾向にあります。ボトルの内容量はだいたい10ℓ前後のことが多く、1ボトルあたり1,000~2,000円前後で購入することが可能。目安としては、1人暮らしの場合1ヶ月で12.5ℓほど、家族3人であれば1ヶ月に36ℓほど必要となると言われています。1ヶ月に何本ぐらいのボトルが必要となるのかを考慮しながら、月の利用料を計算してみるようにしましょう。

電気代

ウォーターサーバーは、冷水と温水機能を搭載していることから、電力が必要となります。いつでも使える冷水と温水を使える状態にしておくためには、常に電源をオンにしておく必要があり、1ヶ月電源をオンにし続けた状態であれば、だいたいの電気代は1,000~1,500円くらいとなるでしょう。また、最近では省エネ型のウォーターサーバーの普及も進んでいて、1ヶ月の電気代が350円ほどで済むようなサーバーも販売されています。1ヶ月で比較するとそれほど大きな金額の差ではなくても、年間で計算するとそれなりに大きな額となるため、長期間に渡って利用する予定なら電気代もしっかり確認するようにしましょう。

メンテナンス費用

サーバーは長期で使用していると、雑菌が繁殖する恐れもあるため、定期的なメンテナンスが必要となります。メンテナンスが必要となる目安期間はメーカーによって異なり、1年に1度を推奨しているところもあれば、5年単位を推奨しているところなども。また、なかにはセルフメンテナンスを採用しているメーカーもあります。1回のメンテナンス費用は、だいたい2,000~5,000円が相場です。

費用が安いウォーターサーバーのおすすめ10選!

安い費用で利用できる人気のウォーターサーバー10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

うるのん

シンプルで洗練されたデザインが人気の「うるのん」のウォーターサーバー。富士山にて自然にろ過された湧水を使用しているのが特徴で、おいしい天然水を自宅でいつでも楽しむことができます。使用料金はライフスタイルやお水の使用量に応じた料金プランから選択可能。特定の配送業者やサーバーを選べば、お水の料金のみで利用することもできます。また、そのほかにも長期利用することで、お水代がお得になる長期割引プランの提供も行っています。
水の種類:天然水
注文単位:2本単位
水の価格:2,050円(税込)/12ℓ
サーバーレンタル代:0円~
配送料金:業務提携先0円、北海道626円(税込)、北東北270円、南東北216円、関東~関西162円、中国・四国・九州216円、沖縄1,706円(すべて1本あたりの配送料金。発送は2本単位になります) 
※メンテナンス費用は含まれていません。
※スタンダード・スタイリッシュサーバーは3年に1度、ウォーターサーバーGrandeについては6年に1度無料メンテナンスを行っています。

<口コミ>
「以前別のメーカーのウォーターサーバーを利用していましたが、それに比べるとうるのんは電気代が安く済んでいます。また、我が家には子どもがいますが、簡単にお水が出せないような設計となっているので、リビングに置いても安心なのもありがたいですね」(3歳女の子のママ)

うるのんのウォーターサーバー

クリクラ

CMでもおなじみの「クリクラ」は、2019年において産院利用数No.1の人気ウォーターサーバーです。サーバーレンタル代や入会金、送料、解約金といったコストが一切かからず、ボトル分の料金のみのリーズナブルな価格で利用できると口コミでも評判。月額417年(税別)の「あんしんサポートパック」には1年に1回の定期メンテナンスが含まれており、パーツレベルで分解して清掃や点検をしてくれるため、安心して使用することができるでしょう。
水の種類:RO水
注文単位:2本単位
水の価格:1250(税別)/12ℓ
サーバーレンタル代:無料
配送料金:無料 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「子どもの粉ミルクを準備するときにあると助かると思い契約しましたが、飲料水としてはもちろんのこと、お味噌汁などに使ってもおいしく仕上がり、とても重宝しています。ほかのメーカーとも比較してみましたが、赤ちゃんがいると特典もあるためこちらに決めました」(4ヶ月男の子のママ)

クリクラのウォーターサーバー

コスモウォーター

コスモウォーターのウォーターサーバーは、内部を常にクリーンに保つWクリーン機能を搭載しているのが特徴。また、ボトルはサーバーの上部に設置するタイプが多いなか、足元に設置するタイプのため、重たいボトルを持ち上げる必要がなくボトル交換も簡単に行えます。そのほか、消費電力が最大で60%カットすることができるエコモード機能が搭載されているのもうれしいところ。1ヶ月の電気代は465円ほどとリーズナブルな価格で利用することができます。
水の種類:天然水
注文単位:2本単位
水の価格:1,900円(税別)/12ℓ
サーバーレンタル代:無料
配送料金:無料 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「夫は単身赴任をしているため、普段は私がボトル交換をすることが多いのですが、ボトルを持ち上げずに交換できるので助かっています。また、サーバー自体の駆動音や振動音も少なく、息子がサーバーのあるリビングでお昼寝しているときに使用しても、あまり気になりません。見た目もおしゃれなので、とても気に入って使用させていただいています」(1歳男の子のママ)

コスモウォーター

プレミアムウォーター

スタイリッシュなウォーターサーバーを求めている人に人気なのが、「プレミアムウォーター」。デザインやカラーが豊富で、設置する部屋のテイストに合わせて選べるのが魅力です。また、ウォーターサーバーのレンタル代や送料が無料(※一部サーバー除く、一部地域を除く)であるほか、PREMIUM3年パックに申し込めば、お水代がお得に。長期での利用を検討している人にもおすすめです。

水の種類: 天然水
注文単位:2本単位(1本=12ℓ)
水の価格:基本プラン 1,960円(税別)/12ℓ:PREMIUM3年パック 1,840円(税別)/12ℓ
サーバーレンタル代:無料(※一部サーバー除く)
配送料金:無料(※一部地域を除く)
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「友人が使用していて、勧められたことがきっかけ。ほかのウォーターサーバーと比べてもおしゃれだったことや、お水の品質にこだわっている点などに惹かれました。育ち盛りの3歳の息子と、まだミルクを飲む10ヶ月の女の子がいる我が家はお水の使用量が多いので、リーズナブルな価格で使えるプレミアムウォーターはとても助かっています」(3歳の男の子と10ヶ月の女の子のママ)

プレミアムウォーター

ネイフィールウォーター

「ネイフィールウォーター」は、サーバーレンタル料や送料、メンテナンス費が無料のお得なウォーターサーバー。ライフサイクルに合わせて7日や17日、1ヶ月ごとなどの間隔から定期配送を選択することができるため、毎回の注文の手間を省くことができます。また、使用するごとにボトルが圧縮されていく仕組みとなっているため、空気を取り込みにくくいつでも新鮮なお水が飲めるのも魅力。有機ゲルマニウム含有の“日田ほのか”他、3種類の水から選べます。
水の種類: 天然水
水の価格:京ほのか・富士の希1,950円(税別)/12ℓ、日田ほのか2,250円/12ℓ
サーバーレンタル代:無料
配送料金:無料 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「以前から水にはこだわっていたのですが、ネイフィールサーバーは3種類の天然水から好みのものを選べる点がいいなと感じました。また、ボトルが柔らかい素材でできていて、飲み終わったらコンパクトに畳めるのもいいですね。空になったボトルの置き場所にも困らないですよ」(4歳の男の子のママ)

ネイフィールウォーター

信濃湧水

天然水のウォーターサーバーの中では、かなりリーズナブルな価格設定。北アルプスの大自然が育んだ美味しいお水は、硬度16度の超軟水です。柔らかくすっきりとした味わいで、赤ちゃんのミルク作りにも最適。スタンダードサーバーは2年に1度、クリーン機能が搭載されているエコサーバーは4年に1度メンテナンス済みのサーバーと無償で交換してもらえるので安心&お得!
水の種類:天然水
水の価格:1500円(税別)/12ℓ
サーバーレンタル代:無料 
※2 エコサーバーご利用の場合は月額レンタル料300円/台となります。また直近3ヶ月で購入本数が2箱(4本)未満の場合、別途事務手数料月額800円/台がかかります。(全て税別)
配送料金:無料 
※1 北海道、四国、九州(沖縄・離島除く)は別途配送料459円/箱がかかります。
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「天然水のウォーターサーバーの中で安いものを探し、出会ったのが信濃湧水でした。想像以上にスッキリと美味しいお水で、ミルク作りやパパの水割りづくりにも大活躍しています。注文本数が決められていないのもありがたいですね」(1歳女の子のママ)

信濃湧水

アルピナピュアウォーター

北アルプスの天然水をろ過し、不純物99.9%を除去した「アルピナピュアウォーター」。水の硬度も超軟水となっていて、非常に飲みやすいと評判。価格は12ℓ 1,050円とダントツの安さ。しかも月々の購入ノルマもありません。また、一般的にウォーターサーバーのボトルは12ℓのものが多いですが、軽量の8ℓや大容量の18.9ℓのものも扱っています。
水の種類:RO水
水の価格:1,050円(税別)/12ℓ
サーバーレンタル費:572円(税別)~ 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「ほかのRO水と比較してみてもアルピナのものは、無機質でなくおいしいと感じました。また、サーバーも無駄なデザインが一切なく、シンプルな点もよかったです。そして注文ノルマが無い点はとってもありがたい!好きなときに好きな分だけ注文できるのがありがたいです」(4歳と3歳の男の子のママ)

アルピナのウォーターサーバー

フレシャス

「フレシャス」は、グッドデザイン賞を受賞したFRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)やFRECIOUS slat(フレシャス・スラット)をはじめとした、おしゃれでスタイリッシュなサーバーが人気。部屋のインテリアを邪魔しないデザインでありながらも、使い勝手も申し分なし。中でもフレシャス・デュオは、従来の12ℓボトルではなく軽量の7.2ℓパックで、女性でも交換しやすいと高い評価を得ています。また、 サーバー内はエアレス構造のため空気が入りにくく、衛生面も安心。クリーン機能搭載でメンテナンス費用がかからないのも魅力です。
水の種類:天然水 
水の価格:フレシャス富士1,155円(税別)/7.2ℓ、フレシャス朝霧高原1,140円/7.2ℓ、フレシャス木曽1,170円/7.2ℓ 
サーバーレンタル費:500円(税別)※条件付き無料 
送料:無料 
※自動クリーン機能搭載のためメンテナンス費用不要

<口コミ>
「子どものミルクを作るときにウォーターサーバーを使いたいと思っていたのですが、フレシャスのものは7.2ℓのコンパクトサイズがあってとっても助かりました。見た目もおしゃれで、インテリアとして成立するほど。もうウォーターサーバー無しの生活は考えられません」(1歳の男の子のママ)

フレシャスのウォーターサーバー

オアシスウォーター

「オアシスウォーター」が提供しているのは、特許取得済みの無菌エアシステムを搭載しているこだわりのウォーターサーバー。床置きタイプと卓上タイプがあるほか、11種類のカラーから選ぶことが可能です。またサーバー代が無料なほか、ウェブから気軽に注文できる点も魅力のひとつ。時間帯にもよりますが、即日配送も可能なため、迅速に届くのもうれしいですね。
水の種類:天然水
水の価格:2,052円(税込)/12ℓ
サーバーレンタル費:無料
送料:無料 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「家族の健康維持のため、知人に紹介されて申込をしました。いつでも手軽に美味しい天然水を飲めるということで、自然と水分補給の回数が増えたような気がしています。また、急な来客時にもすぐにインスタントコーヒーを淹れたりできるので助かります。ちなみに我が家は私の大好きなピンクのサーバーを選びました」(5ヶ月の女の子のママ)

オアシスのウォーターサーバー

WUU

日本の住環境と使い勝手を考慮してデザインされた「WUU」のウォーターサーバー。自動で切電する便利なエコモード機能があり、消費電力を抑えることができます。また、ボトルは使い捨て式で、回収の必要性がありません。小さく折り畳んでゴミとして出せる手軽さも人気の秘訣です。
水の種類:天然水
注文単位:2本単位
水の価格:2,945円(税抜)/12ℓ×2
サーバーレンタル費:無料(初回事務手数料2,760円別途かかる)
送料:無料 
※メンテナンス費用は含まれていません。

<口コミ>
「おしゃれなウォーターサーバーを探しているときに、WUUのサーバーに出会いました。おしゃれなサーバーは高いイメージがあったのですが、意外とリーズナブルでびっくり。また、使い勝手もよくとても助かっています」(3歳の男の子ママ)

WUUのスタイリッシュサーバー

(文・万代未希)

あなたにおすすめ

注目コラム