ベジママ葉酸サプリの注目成分ピニトールって?口コミも紹介!

コラム
公開日:2019/09/11
ベジママ葉酸サプリの注目成分ピニトールって?口コミも紹介!

この記事では、葉酸サプリメント「ベジママ」についてご紹介します。妊娠中や妊活中の人にとって、葉酸は必ず摂っておきたい栄養素のひとつ。母子手帳にもその重要性が書かれているように、葉酸は食事に加え、サプリメントからも追加摂取することがすすめられています。そこで今回は、妊娠や妊活を経験した先輩ママもおすすめする「ベジママ」について注目してみました。

ベジママの特徴を教えて!

ベジママってどんなサプリ?

妊娠中のママの体をサポートしてくれる葉酸サプリ「ベジママ」。1日4粒飲むことで、400㎍の葉酸が摂取できます。一袋124粒入りで、1粒の大きさは直径8mm程度の小粒タイプ。厚みもそれほどなく、つわりに悩まされているママでも比較的飲みやすい形状になっています。

また葉酸のほかにも、妊活中の人たちから注目されている「ピニトール」という成分も含まれているため、妊娠中のママはもちろん妊活中の女性からも広く注目されています。ピニトールについては後ほど詳しくご紹介しますが、妊活から授乳期間が終わる頃まで長く続けたいサプリメントです。

高い品質と安全性が魅力

“女性の幸せのために”という想いから作られたベジママは、品質と安全性が保証されているGMP認定の国内工場にて、1つひとつ丁寧に製造されています。もちろん、膨張材・香料・光沢材・保存料・光沢材といった食品添加物は一切使われていません。さらに、第三者機関によって放射能検査が行われているなど、高いレベルの品質と安全性を誇っています。

ベジママに含まれている主な成分を教えて!

・葉酸 400㎍
・ビタミンB12 20㎍
・ルイボス 50㎎
・ビタミンC 80㎎
・ビタミンE 8㎎

以上が、ベジママに含まれている主な栄養素です。それぞれどのような働きがあるのか、以下にまとめてみました。

葉酸 400㎍

ベジママでは「モノグルタミン酸型」の葉酸を配合しています。モノグルタミン酸型は、葉酸のなかでも代謝サイクルを効果的に回してくれる性質をもっているので、体内への吸収率が⾼く、効率よく葉酸が摂取できます。また、ビタミンBの一種である葉酸は、吐き気を軽減する効果も期待されているので、つわり対策としてもおすすめです。

ビタミンB12 20㎍

レバーなどに多く含まれるビタミンB12は、葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の体内への吸収率をアップしてくれる効果があります。それと同時に、ビタミンB12は赤血球の生成にも深く関わっているため、貧血を予防した女性にもおすすめ。母乳は血液から作られることを考えると、授乳期まで積極的に摂取しておきたい栄養素のひとつです。

ルイボス 50㎎

ルイボスティーの原料としてもお馴染みのルイボスは、南アフリカの過酷な環境でのみ育つハーブの一種です。ルイボスの一番の有効成分であるポリフェノールは健康維持成分として知られており、妊娠中のママはもちろん、妊活中の女性にもおすすめ。さらに、肌の調子を整えてくれるミネラル成分も豊富に含まれています。

ビタミンC 80㎎

ビタミンCは、ビタミンB12同様、葉酸と一緒に摂取することで葉酸の体内への吸収率を高めてくれる働きがあります。これらの栄養素が不足すると、せっかく葉酸を摂取しても体内に存分に吸収しきれなくなってしまいますので、葉酸を摂る際にはビタミンCも一緒に摂取するよう心掛けましょう。

ビタミンE 8㎎

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。ビタミンEの化学名である「トコフェロール」は、ギリシャ語で“子供を産む”、“力を与える”という意味があり、別名・妊活ビタミンとも呼ばれています。強い抗酸化作用があるので、体を若々しく保ってくれる効果が期待できます。

葉酸が多い人気&おすすめレシピ集はこちら

ベジママの葉酸サプリメント

あなたにおすすめ

注目コラム