ウォーターサーバーにペットボトルをセットできるおすすめ商品は?

コラム
公開日:2019/08/24
更新日:2019/08/28
ウォーターサーバーにペットボトルをセットできるおすすめ商品は?

子育て世代の家庭に広く親しまれているウォーターサーバー。安全で美味しいお水が自宅で飲めると評判です。けれど本格的なものは費用がかさむかも……と、一歩踏み出せないママも多いはず。そんな人にも安心で手軽な「ペットボトルを使った」ウォーターサーバーがあるのをご存知ですか? ペットボトルを使ったウォーターサーバーのメリット、デメリットをまとめてみました!

ペットボトルを使ったウォーターサーバーってどんなもの?

子育て世代に便利なウォーターサーバーの簡易版

子育て世代の家庭にとって、安全性の高い水は必要不可欠です。ただ単に飲料としてだけでなく、さまざまな場面で使用する習慣がついていますよね。

・朝、ほっと一息つくために時間をかけずにコーヒーをいれたい……
・お湯を混ぜるタイプの離乳食には、より安全な水を使いたい……
・子供のスポーツ用ドリンクをささっと手軽に作りたい……
・美容と健康のために、綺麗な水が飲みたい……
・美容のために水で溶かすタイプのダイエットスムージーを手軽に作りたい……

このように、生活の中で水を使う場面は食事だけに限られません。ウォーターサーバーはそんな悩みを払拭し、生活のさまざまな場面で役に立ちます。ウォーターサーバーを使うことが習慣になると、ウォーターサーバーのない生活なんて耐えられない!という声を聞くことも。水は、それほど人々の生活に密着しているんですね。

ウォーターサーバーの種類は豊富にありますが、とりあえず使ってみたい初心者の人や、ホームパーティーなどのイベント用として持っておきたい人などにおすすめなのが、今回ご紹介するペットボトル式のウォーターサーバーです。

市販のペットボトル水を使えるウォーターサーバー!?

ペットボトルを使ったウォーターサーバーは、本格的なウォーターサーバーよりもサイズが小さく、簡易的なアイテムです。スーパーなどで購入した市販のペットボトルの水を逆さまに装着することによって、手軽に飲むことができるサーバーなんです!商品によっては、冷水・温水を利用できるものも(常温タイプもあります)。普通のウォーターサーバーよりもランニングコストが低めで、コスパがいいのが魅力です。

また「どこにでも売っているペットボトルの水」が使えるのが嬉しいところ。つまり欲しいぶんだけ購入し、ウォーターサーバーに取り付けるので、毎月定期的に水を購入する必要がありません。ただし、「500mlのボトルしか使えない」「口径が25Φのものと28Φの両方に対応」「28Φのペットボトルしか設置できない」など、商品によって使えるペットボトルの種類が異なるので注意が必要です。

ホームパーティーや部活でも活躍!

ペットボトルを使ったウォーターサーバーの特長は、卓上で使える軽量サイズのものが多いこと。そのため普段はキッチンの端に置き、大人数を招くホームパーティーでは食卓に移動させるなど、場面に応じて置き場所を変えることができるのも魅力的です。子供が運動部に入っている場合、練習や試合などで水分補給をするときには電源不要のディスペンサータイプが便利。子供たちに紙コップを配り、2リットルのペットボトルを回し飲みするのは大変手間ですが、そんな時にウォーターサーバーがあれば、そこに2リットルのペットボトルを装着するだけで効率的にみんなで共有できます。

デザインにも工夫が感じられるように

さらに、最近はデザイン性を重視した商品も増えてきました。普通のウォーターサーバーがスタイリッシュなデザインであるのに対して、ペットボトルを使ったウォーターサーバーはデザインがイマイチ……と不安に思う方もいるかもしれません。
しかし最近は装着した逆さまのペットボトルが見えないように工夫されていたり、カラーバリエーションが豊富に用意されていたりと、デザイン性に優れている商品も増えています。自宅のインテリアに馴染むおしゃれな商品を、じっくり選んで決めたいですよね。

普通のウォーターサーバーとはココが違う!

 ペットボトルを使ったウォーターサーバーは普通のウォーターサーバーとなにが違うの?と気になる方も多いはず。両者の違いを比較してみました!

普通のウォーターサーバー

◆サイズ/基本的に大型
◆費用/長期的に必要(ウォーターサーバーマシーンはレンタル。定期的な水の代金)
◆デザイン性/スタイリッシュなものが多数
◆衛生面/自動クリーニング機能や、業者によるメンテナンス有
◆不要になった時/解約料は解約時期に応じる。サーバーマシーン返却送料が必要な時もある。
◆水の種類/契約をした1種類

ペットボトルを使ったウォーターサーバー

◆サイズ/卓上のものがほとんど
◆費用/一度の支払いで完了(ウォーターサーバーマシーン代金のみ)
◆デザイン性/普通のウォーターサーバーに比べて若干チープ
◆衛生面/雑菌が繁殖してしまうリスクが高い
◆不要になった時/地域の条例に従いゴミとして廃棄
◆水の種類/市販品から好きな水を選択できる

このように、ペットボトルを使ったウォーターサーバーと普通のウォーターサーバーにはそれぞれ違いがあり、メリットが双方にあります。けれど反対にそれぞれ別のデメリットもあり、どちらが絶対おすすめ!と言いきることができません。

それらを確認しないと、「せっかくペットボトルを使ったウォーターサーバーを買ったのに普通のウォーターサーバーを買い直したい……」と思ったり、逆に普通のウォーターサーバーを買った後で「ペットボトルを使ったウォーターサーバーにすれば良かった……」と後悔したりする可能性もあります。

そのため、どちらのメリット・デメリットもきちんと確認し、失敗のない選び方をすることが重要です。

ペットボトルを使ったウォーターサーバーを選ぶ人に共通している意見があります。それは、「いきなり本格的なウォーターサーバーを買うのは気が引けるから、まずは簡易的なもので慣れたい!」という声です。

たしかに本格的なウォーターサーバーとなると長期的に費用がかかるので、「買った後に実際に日常生活の中で使うのか?」と思って躊躇してしまう人がほとんどです。

そのためにもペットボトルを使ったウォーターサーバーで試してみて、本格的なウォーターサーバーに踏み切るのか、それとも「自分はペットボトルを使ったウォーターサーバーで充分だ!」と満足するのか、考えるきっかけにしたいものですね!

あなたにおすすめ

注目コラム