【2020年入学】コイズミ学習机が人気の理由&おすすめ商品を紹介!

コラム
公開日:2019/09/03
更新日:2019/09/24
【2020年入学】コイズミ学習机が人気の理由&おすすめ商品を紹介!

コイズミ学習机は、子どもの健康と安全を第一に考えた学習机として、発売以来50年以上愛され続けている老舗メーカー。親子2代で愛用しているというファミリーも少なくないようです。最新の2020年型デスクからロングセラー&ベストセラー商品まで、コイズミ学習机の人気シリーズとおすすめの学習机をご紹介します。

コイズミ学習机とは?どんなメーカーなの?

有害物質を含まない素材をはじめ、業界に先駆けて目に優しいインバータライトを学習机に導入。1966年に学習机を発売して以来、子どもの健康と安全を第一に考え、成長に寄り添いながら長く使える製品づくりをモットーにしているのが、コイズミ学習机を生産している国内家具メーカーのコイズミファニテックです。

現在の学習机の主流になっている組み替え式デスク(ステップアップデスク)を最初に開発したのもコイズミファニテックで、学習家具のリーディングカンパニーとして業界を牽引。「わが家は親子2代でコイズミ学習机を選んでいます!」という声が聞かれるのも、50年にわたって培った技術と歴史に裏付けられた安心と信頼の証かもしれませんね。

コイズミ学習机にはどんな種類があるの? 3つのシリーズをチェック!

独自の製品規格に基づく試験によって、製品の品質と安全性を確保。デザイン性や機能性はもちろん、成長にあわせて天板の高さを調整したり、学習スタイルなどによって形を変えられるのが、コイズミ学習机の特徴です。シリーズは使い方のニーズに合わせた『セレクト』、『ベーシック』『コーディネート』の3つ。それぞれにどんな特徴と種類があるのかご紹介します。

セレクトシリーズ

ライフスタイルにあわせ、組み合わせや使い方を自由に選べることを優先したい人におすすめなのが、小学校高学年から社会人までエイジレスなスタイルデザインを重視した『セレクト』です。低学年のうちはダイニングで使い、大きくなったら子ども部屋に置きたい、大人になっても使えるデスクが欲しいなど、多様化するニーズに応える製品として人気が高まっているのが『セレクト』シリーズ。商品は『ビーノ』、『ルトラ』、『ワイズ』の3つがラインナップされています。

ベーシックシリーズ

コイズミ学習机の中で一番人気が高い『ベーシック』シリーズは、子どもの成長や設置場所にあわせて棚や引き出しの位置を置き換えられる組み替え式のデスクで、デスクと本立てはリビングやダイニングに置き、シェルフとチェストは子ども部屋でという使い方もできるのが特徴です。種類は、4~5パターンのレイアウト変更が可能な「ステップアップデスク」と、10パターンのレイアウト変更が可能な「スタディアップデスク」の2つ。

学習机に向かうことで学びの習慣を身につけさせ、新入学時だけでなく、将来を見据えた勉学の環境を整えたいというニーズに応えた商品をラインナップしているため、どのデスクを選んでも6・3・3の12年間はもちろん、大学生や社会人になっても使えるものばかりです。

コーディネートシリーズ

ロフトベッドやハイベッドなどのベッドと学習机がセットになったシリーズで、限られたスペースを有効活用できるようデザインされているのが特徴です。秘密基地のような空間は子どもたちに大人気! 展開している商品は全部で3つ。どのタイプもすべてのアイテムが独立して使えるので、成長にあわせてレイアウトを変更できます。

コイズミ学習机の選び方、3つのポイントとは?

1.理想の学習環境を叶えるシリーズから選ぶ

機能で選ぶならこの商品、デザインで選ぶならこの商品、長く使いたいならこの商品など、選び方にはいろいろありますが、コイズミ学習机を選ぶときにはどういう学習環境を重視したいかで商品を絞り込むのがおすすめです。まず最初に、3つのシリーズ群のうち、わが家が欲しいのはどのシリーズに近いのかを決めていきましょう。

組み合わせ自在で大人になっても使える机が欲しい → セレクトシリーズ

ライフスタイルにあわせ、組み合わせや使い方を自由に選びたいというニーズをとらえ、小学生高学年から社会人までエイジレスなスタイルとデザインを重視したカテゴリー。

成長に応じレイアウトを組み替えたい!→ ベーシックシリーズ

新入学時にプラスして高校、大学、社会人など勉学環境を整え、学ぶ習慣を身につけさせたいというニーズをとらえ、子どもの成長にあわせた機能性と収納性を重視したカテゴリー。

スペースを有効活用したい!→ コーディネートシリーズ

統一感のある子ども部屋で、子どもの自立心を育みたいというニーズをとらえ、ベッドを含め多様なアイテムを展開。コーディネートを重視したカテゴリー。

2.子どもの目の健康を考えた照明器具の機能をチェック

コイズミ学習机を展開しているコイズミファニテックは、照明器具でおなじみのコイズミ照明と同じ小泉産業のグループ会社です。照明の分野で早くからインバーター器具の開発に取り組み、学習机の照明に業界初のインバーターライトを導入したのもコイズミ。学習机の新しいスタンダードを確立しただけに、学習机に使われているライトにも子どもの目にやさしい配慮がされています。
視力の低下は集中力の低下につながるといわれています。子どもたちの視力の低下が低年齢化している近年は、デスク選びをするときも子どもの目の健康を考えて作られているかどうかをチェックするのも大事です。

3.コスパを重視するなら、長く使えるデザインを選ぶ

コイズミ学習机のデスクは成長にあわせ、学習スタイルによって形を変えられるタイプが主流です。高校を卒業してからもずっと使うことを想定しているデスクは、デザインがとってもシンプル。リビング学習からスタートして、将来は書斎デスクとして使っても違和感を感じさせません。長く使えるシンプルなデザインのデスクなら、コストパフォーマンスも抜群です。

学習机は6・3・3の12年だけでなく、長く使える家具です。新入学時の学習環境だけでなく、将来の学習環境をみすえて、わが家にぴったりの学習机を選びたいものですね。

コイズミ学習机のおすすめ商品をシリーズごとにご紹介!

セレクトシリーズのおすすめ3選

ビーノ(BEENO)

発売から10年以上経つ、コイズミ学習机のロングセラーデスクが『ビーノ』です。天板にナラ材を使用したオンリーワンの素材感とシンプルなデザインで小学生から社会人まで長く愛用でき、使い込むほど愛着がわくデスクです。デスク幅は90cmと105cm、120cmの3タイプ。リビングやダイニングでも使え、2つのデスクの中央にサイドチェストを置けば、きょうだいで2人使いする組み合わせも可能です。

『ビーノ』はワゴンやブックラック、チェスト、シェルフ、チェストから必要なアイテムをチョイスしてデスクとコーディネートできます。

【1人使いでの組み合わせ例】

◆90デスク:セット価格(参考価格)90,300円(税抜)/サイズ 幅900mm×奥行600×高さ730mm

◆105デスク:セット価格(参考価格)121,100円(税抜)/サイズ 幅1334mm×奥行600×高さ730mm

【2人使いでの組み合わせ例】

◆90デスクと105デスク:セット価格(参考価格)167,300円(税抜)/サイズ 幅2300mm

ビーノ(BEENO)


ルトラ(Rutra.)

リビングデスクにぴったりなレトロモダン&シンプルなデザインのシリーズです。天板と前板に丈夫で傷のつきにくい高圧メラミンを使用しているため汚れがつきにくく、クレヨンや油汚れが拭き取りやすいのが特徴です。奥行き55cm幅のシンプルな平板タイプなので、リビングやダイニングでも省スペースで使えるのがうれしい点。レトロモダンなデザインを引き立てるクラシックなカバンフックを採用しています。

ルトラはリビングに置くならデスク&ラックのシンプルな組み合わせがおすすめ。子ども部屋に置くならデスクとシェルフ、ワゴンの3点を組み合わせれば収納力たっぷりです

◆90デスク:30,300円(税抜)/サイズ 幅900mm×奥行550×高さ730mm

【2人使いでの組み合わせ例】

◆90デスクと105デスク:セット価格(参考価格) 130,000円(税抜)/サイズ 幅2300mm

ルトラ(Rutra.)

ワイズ(WISE)

シンプルなモダンデザインと天然木の前板に施されたアルミラインがスタイリッシュな印象を与えてくれるシリーズです。カラーはお部屋に圧迫感を与えないホワイトと、書斎にふさわしい質感を感じさせてくれるブラックの2色展開。どちらのカラーを選んでも長く愛用できそうです。ブラックの天板は指紋レスの仕様でお手入れラクラク。組み合わせるアイテム次第で、学習机としてもワークスペースとしても大活躍し、省スペースなのに収納力抜群です

ワイズのデスクの幅は90cm、105cm、120cmがあり、サイドデスクを組み合わせることもできます。教科書などを高い位置に収納できるブリッジ型の上棚は、幅40cmと90cmの2タイプ。シェルフは幅55cmのローシェルフと幅70cmのミドルシェルフ、幅85cmのハイシェルフの3タイプがあり、サイズのバリエーションが豊富。置きたいスペースにあわせてチョイスができますね。

◆90デスク:参考価格 38,900円(税抜)/サイズ 幅900×奥行550×高さ730mm
◆ワゴン:参考価格 30,600円(税抜)/サイズ 幅412×奥行455×高さ600mm 
◆ブリッジ:参考価格 18,300円(税抜)/サイズ 幅890×奥行225×高さ333mm
◆85ハイシェルフ:参考価格 42,800円(税抜)/サイズ 幅850×奥行292×高さ1800mm

ワイズ(WISE)

[ページ区切り]

ベーシックシリーズ(スタディアップデスク&ステップアップデスク)おすすめ6選

アルフ(alf)

コイズミ学習机のなかでも組み替え式のバリエーションが最も多いスタディアップデスクです。その数はなんと10パターン。リビング・ダイニングルーム使用から子ども部屋、中高校生スタイル、大学生・社会人や書斎に適したスタイルまで、成長にあわせてレイアウトを変更できます。

リビングにはデスクと本立てを置き、シェルフとチェストは子ども部屋にといったように、アイテムを独立させて使うこともでき、使い方も組み合わせ方も自由自在。ピーチ材の質感とアーチ形状のデザインはどのお部屋にもやさしくマッチしてくれそうです。

【スタディアップデスク】 参考価格 122,000円(税抜)
◆デスク:幅1050×奥行550×高さ730mm
◆シェルフ(エクステンション時):幅519(722.95)×奥行255×高さ700mm
◆シェルフ(ハイシェルフ時):幅550×奥行252×高さ1430mm
◆サイドチェスト:幅414×奥行550(520)×高さ730(705)mm
◆本立て:幅405×奥行205×高さ367mm

アルフ(alf)

WDスペシャル(WD SPECIAL)

スタンダードスタイル、ユニットスタイル、L字カウンタースタイル、セパレートスタイル、セパレートロースタイルの5つのスタイルに組み替えができる、ステップアップデスクのスペシャルモデルです。ナラ材の質感と使いやすさにこだわり、収納力もたっぷり。スタイルにあわせて天板が奥行き8cmまで拡張できるので、中高校生になっても広々使えます。

【ステップアップデスクL 100cm High Type】参考価格 157,000円(税抜) 
◆スタンダード時:幅1000×奥行765×高さ1614(1621)mm
◆ユニットデスク時:幅1229×奥行1000×高さ1614(1621)mm
◆L字カウンター時:幅1229×奥行1017×高さ1192(1621)mm
◆デスク:幅1000×奥行536(616)×高さ760mm
◆シェルフ:幅1000×奥行252×高さ430mm
◆ワゴン:幅413×奥行438×高さ615~760mm

WDスペシャル(WD SPECIAL)

レイクウッド(LakeWood)

アルダー材を使用した学習机で、天板は使い込むほどに風合いが増す経年美化のお楽しみつき。引き出しの取っ手は付属する4色のカラープレートを入れ替えて楽しめる仕様になっています。スタンダードスタイル、ユニットスタイル、セパレートスタイル、カウンタースタイルに組み替えできます。

【ステップアップデスク 100cm Middle Type】参考価格 122,000円(税抜)
◆スタンダード時:幅1000×奥行764×高さ1222mm
◆ユニットデスク時:幅1229×奥行1000×高さ1222mm
◆デスク:幅1000×奥行536(616)×高さ760mm
◆シェルフ:幅1000×奥行52×高さ430mm
◆ワゴン:幅413×奥行438×高さ615mm

レイクウッド(LakeWood)

オルレア(Orlea)

フランスのレース草オルレアをモチーフにしたフレンチカントリースタイルが人気の学習机です。カバ材の素朴な風合いとレースのカーテンが付いた収納棚もキュート。スタンダードスタイル、ユニットスタイル、カウンタースタイル、セパレートスタイルの4パターンのレイアウトに組み替えられます。

【ステップアップデスク 100cm Middle Type】 参考価格 131,500円(税抜)
◆スタンダード時:幅1000×奥行774×H1251mm
◆ユニットデスク時:幅1229×奥行1000×高さ1251mm
◆デスク:幅1000×奥行545(625)×高さ760mm
◆シェルフ:幅1000×奥行229×高さ1251mm
◆ワゴン:幅422×奥行452×高さ615mm

オルレア(Orlea)

CDファースト(CD FIRST)

コイズミ学習机のベストセラーシリーズがこちら! 全8色の中から好きな色とタイプを選んでコーディネイトできる、CDファーストです。カラーはホワイトウォッシュ、ライトピンク、ライトブルー、パープル、NSビーチ、パッションブルー、ネイビーブルー、ブラックの8色展開。ホワイトウォッシュ、ライトピンク、ライトブルー、パープルのワゴンの取っ手はハート型、NSビーチとパッションブルー、ネイビーブルー、ブラックは四角い形になっています。CDファーストは生活スタイルや成長にあわせ、スタンダードスタイル、ユニットスタイル、L字カウンタースタイル、セパレートスタイル、セパレートロースタイルの5パターンの組み替えができます。

【ステップアップデスク 95cm High Type】 参考価格 109,500円(税抜)
◆スタンダード時:幅950×奥行762×高さ1631mm
◆ユニットデスク時:幅1177×奥行950×高さ1631mm
◆L字カウンター時:幅1177×奥行967×高さ1209mm
◆デスク:幅950×奥行535(615)×高さ760mm
◆シェルフ:幅950×奥行227×高さ1631mm
◆ワゴン:幅411×奥行438×高さ615~760mm

CDファースト(CD FIRST)

CDコンパクト(CD COMPACT)

CDファーストよりリーズナブルなコンパクトモデルです。選べるカラーはCDファーストと同じ8色から。ホワイトウォッシュ、ライトピンク、ライトブルー、パープルのワゴンの取っ手はハート型でミラー付き、NSビーチとパッションブルー、ネイビーブルー、ブラックは取っ手が四角い形でフォトフレームが付いています。組み替えパターンはスタンダードスタイルとカウンタースタイル、ユニットスタイル、セパレートスタイルの4つです。

【ステップアップデスク 95cm Middle Type】 参考価格 97,500円(税抜)
◆スタンダード時:幅950×奥行762×高さ1191mm
◆ユニットデスク時:幅1177×奥行950×高さ1191mm
◆デスク:幅950×奥行535(615)×高さ760mm
◆シェルフ:幅950×奥行227×高さ1191mm
◆ワゴン:幅411×奥行438×高さ615~760mm

CDコンパクト(CD COMPACT)

コーディネートシリーズのおすすめ3選

コットコンポスペシャル(Cotto COMPO SPECIAL)

ベッド下の空間が広いタイプで、チェストやシェルフを置けるため、本やおもちゃ、衣類を収納してもお部屋がすっきり。ベッドと学習机を置くスペースがあれば子ども部屋を広々使えます。ハンガーとチェストはお部屋のレイアウトにあわせて入れ替えできます。

【ミドルベッドデスク】 参考価格 242,200円(税抜)
◆サイズ:幅2064×奥行1042×高さ1435mm
◆床板高さ:1155mm
◆ベッド下空間:幅1314×奥行1040×高さ990mm
◆デスク:幅1000×奥行600×高さ730mm
◆デスク天板高:幅730mm
◆ワゴン:幅410×奥行448×高さ680mm
◆チェスト:幅600×奥行440×高さ990mm

コットコンポスペシャル

コットコンポ(Cotto COMPO)

ベッドの高さが低めで圧迫感が少ないタイプなので、小さな子どもでもベッドに登りやすいのが特徴です。ベッド下には3段チェストとシェルフを収納できます。

【ミドルベッドデスク】 参考価格 231,000円(税抜)
◆サイズ:幅2064×奥行1042×高さ1235mm
◆床板高さ:915mm
◆ベッド下空間:幅1314×奥行1040×高さ790mm
◆ベッド:幅2064×奥行1041×高さ790mm
◆デスク:幅1000×奥行600×高さ730mm
◆デスク天板高:幅730mm
◆ワゴン:幅410×奥行448×高さ680mm
◆チェスト:幅600×奥行440×高さ790mm

コットコンポ(Cotto COMPO)

ビルトコンポ(Built Compo)

シリーズの中でベッドの高さが一番高く、ベッド下に学習机を置けるタイプなので、子ども部屋のスペースを有効活用したいご家庭にぴったり。シェルフやハンガーラックなどもベッド下にセットできるので、収納力もたっぷりあります。デスク下のチェストは、お部屋に合わせて左右どちらにでも組み替えできるのが便利です。

【ハイベッドデスク】 参考価格 169,000円(税抜)
◆サイズ:幅2077×奥行1028×高さ1733mm
◆床板高さ:1429mm
◆ベッド下空間:幅1654×奥行1004×高さ1348mm
◆ベッド:幅2077×奥行1028×高さ539mm
◆デスク:幅1100×奥行550×高さ730mm
◆デスク天板高:幅730mm
◆ハンガー:幅1028×奥行274×高さ1194mm
◆シェルフ:幅1028×奥行240×高さ1194mm
◆ハシゴ:幅426×奥行495×高さ1568mm
◆スノコ:幅9880×奥行975×高さ43mm×2枚

ビルトコンポ(Built Compo)

2020年型の新商品が仲間入り。おすすめを知りたい!

2020年型デスクとして登場したのは『セレクト』シリーズのファリス(Fallis)とブロスト(Brost)、『コーディネート』シリーズのペグ(PEGU)、そして子ども服の(株)RONI WORLDとコラボレーションした『ロニィ(RONI)』と『バナナチップス(BANANA CHIPS)』の学習机シリーズです。

ファリス(Faliss)

ファリスのデスクは90cm幅、105cm幅、120cm幅の3サイズで展開しています。デスクの奥行きはノートや本を広げることができる最少サイズの48cmを実現。リビングルームにもすっきり置ける省スペースサイズが魅力です。奥行12cmのデスクシェルフはデスク天板にセットすれば、拡張天板として使うことができ、デスクの奥行きはA4サイズを前後に並べることもできる60cmにります。

120デスクと背もたれのないベンチタイプのチェアを組み合わせれば、二人がけもできます

省スペースと使いやすさを両立させたファリスは、新商品のなかでも注目度ナンバーワン。シンプルなデザインなのでリビングに置いても違和感がなく、親子やきょうだいで共有したいときにも使い勝手のいい工夫が随所に施されるなど、機能性も抜群です。

◆120デスク:参考価格 47,400円(税抜)/サイズ 幅1200×奥行480×高さ730mm
◆ランドセルキャビネット: 参考価格 44,900円(税抜)/サイズ 幅414×奥行507×高さ730mm 
◆48シェルフ:参考価格 36,900円(税抜)/サイズ 幅480×奥行280×高さ460mm
◆ベンチ: 参考価格 32,900円(税抜) /サイズ 幅860×奥行400×高さ520mm

2人使いでもすっきり設置できる!  

デスクを2台セットしたいときはキャビネットの天板をはずし、2台のデスクの中心にセットするだけ。キャビネットのいちばん上の引き出しは、2人使いできるよう、縦の仕切りがセットされています。2段めと3段めはA4ファイルが収納できる同じ大きさの引き出しなので、きょうだいで1段ずつ使い分けることができます。

◆90デスク: 参考価格 42,200円(税抜)/サイズ 幅900×奥行480×高さ730mm
◆105デスク:参考価格 44,900円(税抜)/サイズ 幅1050×奥行480×高さ730mm
◆キャビネット:参考価格 47,400円(税抜)/サイズ 幅414×奥行507×高さ730mm
◆90デスクシェルフ:参考価格 21,100円(税抜)/サイズ 幅900×奥行121×高さ250mm  
◆105デスクシェルフ:参考価格 26,400円(税抜)/サイズ 幅1050×奥行121×高さ250mm
◆48シェルフ:参考価格 36,900円(税抜)/サイズ 幅480×奥行280×高さ460mm
◆ストゥール: 参考価格 19,800円(税抜) /サイズ 幅485×奥行400×高さ520mm

ファリス(Faliss)シンプルデスク

天板をくるりと回転させられる回転デスクも

ファリスのデスクは90cm幅、105cm幅、120cm幅の3サイズで展開しているほか、天板を持ち上げて回転させることができる回転デスクがあります。親子で向かいあって座り、コミュニケーションを取りながら学習したいときなどに利用価値大。回転デスクは幅105cmと幅120cmの2サイズ展開なので、わが家に合わせたチョイスが可能。キャビネットと小さなブリッジが付属しています。

◆105回転デスク:参考価格 92,200円(税抜)/サイズ 幅1050×奥行510(天板480)×高さ902mm 天板高730mm
◆48シェルフ:参考価格 36,900円(税抜)/サイズ 幅480×奥行280×高さ460mm

ファリス(Faliss)回転デスク

ブロスト(Brost)

シンプルなデザインを採用するとともに、スチールフレームとビンテージ感のあるホワイトオーク無垢材を組み合わせたブルックリンテイストの新型デスクシリーズがブロストです。

子ども部屋はもちろん、書斎に置いても違和感がないデザインなので、お部屋づくりにこだわりたい人におすすめです。

◆100デスク:参考価格 44,800円(税抜)/サイズ 幅1000×奥行550(天板480)×高さ730mm
◆ワゴン:参考価格 30,500円(税抜)/サイズ 幅415×奥行442×高さ585mm
◆ブリッジ:参考価格 19,800円(税抜)/サイズ 幅1000×奥行233×高さ370mm
◆55シェルフ:参考価格 33,000円(税抜)/サイズ 幅550×奥行290×高さ1100mm
◆チェア:参考価格 25,700円(税抜)/サイズ 幅495×奥行495〜545×高さ820~930mm
◆デスクカーペット:参考価格 5,500円(税抜)/サイズ 幅1100×奥行1300mm  
◆75シェルフ:参考価格 46,000円(税抜)/サイズ 幅750×奥行290×高さ1455mm

ブロスト(Brost)

ペグ(PEGU)

その名のとおり人気のペグボードを活用し、収納スタイルを自由にレイアウトできるベッド付き学習家具がペグです。2段ベッドのほか、ミドルベッド、ハイベッドの3タイプがあり、ベッドは組み替えればシングルベッドとしても使用できます。
ペグボードはブルーとグレーの2色展開。好みのカラーと必要なアイテムを組み合わせ、自分好みにコーディネートできます。

◆ハイベッドパーツ+ペグボード(2枚1組)×3組:参考価格 104,100円(税抜)/サイズ 幅2042×奥行1085×高さ1800mm
◆100デスク:参考価格 39,500円(税抜)/サイズ 幅1000×奥行550×高さ730mm 
◆ワゴン:参考価格 29,000円(税抜)/サイズ 幅413×奥行443×高さ585mm
◆ボックス:参考価格 2,700円(税抜)/サイズ 幅480×奥行115×高さ258mm
◆棚大:参考価格 5,300円(税抜)/サイズ 幅1020×奥行115×高さ1200mm
◆棚小:参考価格 4,000円(税抜)/サイズ 幅480×奥行150×高さ1200mm
◆チェア:参考価格 25,700円(税抜)/サイズ 幅419×奥行475〜520×高さ730mm

ペグ(PEGU)

ロニィ(RONI)

JSに大人気のブランド『ロニィ』とコイズミ学習机がコラボレーション! ピンクやハートなど、女の子の大好きが散りばめられたデスクは、スイートなお部屋作りにぴったりです。天板は拡張天板をつけると8cm広くなり、引き出しは全ての段にフルオープンレールがついて使いやすさも抜群。アクセサリーや小物はディスプレイ収納できるのも、『ロニィ』ならではのこだわりです。ユニットスタイル、セパレートスタイル、カウンタースタイルに組み替えができます。

◆セット価格:参考価格 122,000円(税抜)/サイズ幅970×奥行762×高さ1209mm
◆チェア:参考価格   23,000円(税抜)/サイズ 幅413×奥行495〜545×高さ765mm
◆マルチラック:参考価格   36,500円(税抜)/サイズ 幅450×奥行343×高さ1170mm
◆ポールハンガー:参考価格 12,500円(税抜)/サイズ 直径370×高さ723mm
◆デスクマット:参考価格     4,500円(税抜)/サイズ 幅890×奥行500mm
◆デスクカーペット:参考価格  6,800円(税抜)/サイズ 幅110×奥行1300mm
◆ラグ:参考価格  12,500円(税抜)/サイズ 直径800mm

バナナチップス(BANANA CHIPS)

大人顔負けのクールな子ども服でおなじみの『BANANA CHIPS』とコラボレーションしたのが、ブラックを基調にしたこちらのデスクです。拡張天板や全段フルオープンの引き出しに、アクセサリーや小物をディスプレイ収納できる機能は『ロニィ』と同じ。組み替えもユニットスタイル、セパレートスタイル、カウンタースタイルの3スタイルに変更できます。

◆セット価格:参考価格 122,000円(税抜)/サイズ幅970×奥行762×高さ1209mm
◆チェア:参考価格 23,000円(税抜)/サイズ 幅413×奥行495~545×高さ765mm
◆マルチラック:参考価格 36,500円(税抜)/サイズ 幅450×奥行343×高さ1170mm
◆ポールハンガー:参考価格 12,500円(税抜)/サイズ 直径370×高さ1170mm
◆デスクマット:参考価格 4,500円(税抜)/サイズ 幅890×奥行500mm
◆デスクカーペット:参考価格  6,800円(税抜)/サイズ 幅110×奥行1300mm
◆ラグ:参考価格  12,500円(税抜)/サイズ 直径800mm

目に優しいLEDライトのラインナップは、さすがコイズミ

学習机には、光の質を考えたエコレディを搭載

コイズミのデスクには、学習環境を快適にするコイズミオリジナルライトが搭載されています。光の質を3つのモードに切り替えられるLEDライト『エコレディ』がそれで、就寝前の読書などに向いている休憩モード、脳を総合的に動かし、計算などの勉強に向いている青みがかかった白い光の計算モード、読み書きを中心とした一般的な勉強に向いている勉強モードに切り替えることができます。スイッチを押すだけなので、小さな子どもにも簡単! 商品ラインナップは全部で5タイプあります。そのうちのひとつを見てみましょう。

LEDモードコントロールツインライト ECL-546

WDスペシャルやCDファーストに搭載されているライトで、ツインライトは左右のシェードが45度手前に可動。手もとが暗くなったり、反射光を防ぐ工夫が凝らされ、LED光源が直接見えないカバーが付いています。

◆LEDモードコントロールツインライト 参考価格 25,000円/サイズ 幅850×奥行340×高さ265mm(クランプ支柱取り付け時の高さ610mm)

LEDモードコントロールアームライト

タブレット学習にはワイドLEDライトがおすすめ

タブレット学習や動画を見ながらデスクワークをするときには、高演色LEDと呼ばれる自然光に近いLEDライトが適しています。この高演色LEDを光源にしたコイズミの『ワイドLEDライト』は、さわやかな色の光で広げた新聞も隅々まで明るく照らす、幅59cm。スタンドにはUSBポートが付いていて、タブレットやスマートフォンを充電できます。カラーはホワイトとブラックの2色。

◆ワイドLEDライト:オープン価格/サイズ 高さ410mm、セード590×80mm、台座 180×180mm

ワイドLEDライト

スタイリッシュに明るく照らす『イルミネーター』

発光面を拡散するレンズを搭載。先進のテクノロジーでデスクワークにぴったりの明るさを確保してくれるのが、イルミネーターのLEDスタンドライトです。スタンドのタイプは6種類あります。

インバーターLEDライト

スタイリッシュなデザインが人気。タッチパネル式スイッチで5段階の明るさに調節できます。

◆インバーターLEDライト:オープン価格/サイズ 高さ490mm、アーム長450mm、セード350×45mm
インバーターLEDライト

取材協力/コイズミファニテック 
取材・文/小山まゆみ


あなたにおすすめ

注目コラム