コラン ハグだけじゃない!抱っこ紐は「コアラ」も要チェック!おすすめ&人気商品をご紹介

コラム
公開日:2019/08/30
更新日:2019/09/02
コラン ハグだけじゃない!抱っこ紐は「コアラ」も要チェック!おすすめ&人気商品をご紹介

退院する時から使えて、その後、お出かけに寝かしつけに…としばらくは使う頻度の高い抱っこ紐。生まれる前から準備しておく方も多いのではないでしょうか。抱っこ紐といっても、売り場にはいろんなタイプのものがあり、初めて選ぶ時には迷ってしまいますよね。
今回は、使うママと抱っこされる赤ちゃんのことを想って作られている、アップリカの「コラン ハグ」そして「コアラ」をご紹介します。特に「コアラ」はママの自然な横だっこに近い角度で抱っこできるので、赤ちゃんがしっかり寝てくれますよ。

「コラン ハグ」の特徴とは?使い方も知りたい!

抱っこ紐といってもたくさん種類があり、街でもいろんな抱っこ紐を付けているママを見かけます。その中でも、ママたちからの人気が高い「コラン ハグ」。その人気のヒミツはどこにあるのでしょうか? 今回はアップリカの方に、他の抱っこ紐にはない「コラン ハグ」の特徴を教えていただきました。

「コラン ハグ」ならではの特徴は、以下の3つが挙げられます。

赤ちゃんの首をしっかり守る横抱き

生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、横抱っこが一番自然な姿勢。コラン ハグなら、頭と首を安定させ、お腹を圧迫しない、赤ちゃんが安心できる姿勢を保てます。抱っこするママも疲れにくく安心です。

成長やシーンにあわせて選べる5通りの使い方

赤ちゃんの成長にあわせていろんな使い方ができるので、1つの抱っこ紐で長く使えます。

「横抱っこ」

生後すぐは「横抱っこ」がオススメ。専用の新生児シートを使って抱っこします。お腹を圧迫せず楽に呼吸ができるので、赤ちゃんも安心して眠れます。

「縦抱っこ」

首がすわってくる生後4カ月くらいから使えます。赤ちゃんとママが向かい合って抱っこする一般的なスタイルで、お互いの顔が見えるため、外出先でも安心です。

「おんぶ」

生後4ケ月くらいから使用可能。抱っこ紐本体の内側に「おんぶハーネス」が付いているので、おんぶの時に赤ちゃんが動いても落ちる心配がありません。

「前向き縦抱っこ」

ひとり座りができる生後7ケ月くらいから使えます。赤ちゃんが前を向いた状態で縦抱っこするので、いろんなものが見えて非常に喜びます。

「腰抱っこ」

生後7ケ月くらいから使用可能。赤ちゃんをママの腰に座らせるイメージで抱っこします。抱っこしたり下ろしたりする頻度が増える頃に、ママがとっても助かるスタイルです。

日本人の体型に合わせた設計

日本人の体型に合わせて肩・腰ベルトが設計されているので、抱っこするママも疲れにくいのも魅力です。また赤ちゃんが座った時の姿勢を保つ「クロスフィット」で、自然な姿勢をサポートしてくれます。

「コラン ハグ」おすすめ商品をピックアップ

アップリカの方に、「コラン ハグ」のおすすめ商品を教えていただきました。

新生児期から使える、腰ベルトタイプ「コランハグ ライト」

腰で支える「コラン ハグ」シリーズ中でも、新生児期から使えるよう、新生児シートが標準セットになっている抱っこ紐です。

日本人の体型にフィットして疲れにくく、抱っこのしやすさがしっかり考えられている「コラン ハグ」の機能はそのままに、本体と新生児シート全面に通気性のよいメッシュ素材を使っている「コランハグ ライト」。これまで以上に赤ちゃんとのお出かけが快適になりそうですね。

価格:14,000円(税別)
対象:新生児(0カ月)~36カ月(体重15kg)まで
対応抱っこ:ヨコ抱っこ・タテ抱っこ・おんぶ・前向き抱っこ・腰抱っこ
※新生児シート付き

商品詳細ページを見る

あなたにおすすめ

注目コラム