【8月9日はムーミンの日】物語の世界を満喫!ムーミンバレーパークは緑あふれるフォトジェニック空間!

コラム
公開日:2019/08/08
更新日:2019/08/09
【8月9日はムーミンの日】物語の世界を満喫!ムーミンバレーパークは緑あふれるフォトジェニック空間!

フィンランド生まれのキャラクター・ムーミンの物語の世界観を体感できる「ムーミンバレーパーク」は2019年3月にオープン以来、話題のテーマパーク。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷やムーミンたちに出会えるショーなど、日本で唯一ムーミンの物語を追体験できる施設です。自然と共生するセンスあふれる空間は、どこを切り取ってもフォトジェニックな1枚に! 北欧&ムーミン好きにはたまらないムーミンバレーパーク限定グッズも見逃せません。(おでかけ&育児ライター 齋藤久美子)

水と緑に囲まれたムーミン谷でのんびりした休日を

© Moomin Characters™

ムーミンバレーパーク」があるのは、東京都心から約50km離れた埼玉県飯能市宮沢湖周辺。緑に恵まれた心地よい場所にアトラクションやアクティビティ、ショップなどが湖を囲むように点在し、自然と共にムーミンの物語の世界観が楽しめるおしゃれでかわいいテーマパークです。フォトジェニックなスポットが満載なので、おでかけの際はカメラを忘れずに!

8月9日の「ムーミンの日」には限定企画が盛りだくさん!

ムーミンの物語の原作者・トーベ・ヤンソンの誕生日にちなんだ8月9日の「ムーミンの日」、「ムーミンバレーパーク」では当日限定の楽しいイベントを開催! 広いパーク全体を使ったなぞ解きやムーミンの日限定のショー、当日限定のプレゼントやグッズの販売など、1日限りの特別企画ばかり。詳細をチェックしてぜひ足を運んでみてくださいね♪

ムーミンの日の詳細はこちら

まるで北欧な「メッツァビレッジ」を通り抜けエントランスへ

© Moomin Characters™

飯能駅からバスに乗って約15分。「ムーミンバレーパーク」へは、隣接する北欧をテーマにした複合施設「メッツァビレッジ」を通りながら向かいます。
私が息子とともに訪れた当日は「メッツァビレッジ」の入口で傘を使ったカラフルなアートがお出迎え。marimekko(マリメッコ)などのデザインを手掛けるテキスタイルデザイナー鈴木マサル氏が手掛けたという約1000本の傘を使った”アンブレラスカイ”が、気分を晴れやかにしてくれました。当初は梅雨の季節限定の企画だったようですが、好評につき期間を延長。いきなりフォトジェニックな1枚が撮影できます。

さらに進むと視界が開け、宮沢湖とともに壮大な芝生エリアが登場!! 美しい森と湖の上に広がるのは、遮るものが何もない大空。日本にいることを忘れさせてくれるような優雅な空間を前に、息子は思わずダッシュ! 近くにカフェもあり、飲み物を片手にデッキチェアで優雅にくつろぐことも。

さらに湖畔にはこんな感じのアートな休憩スポットも点在。この先に一体どんな空間が待っているのか、ワクワクしながら歩を進めます♪

本のゲートをくぐり、いよいよムーミンの物語の世界へ

© Moomin Characters™

メッツァビレッジの中を湖に沿って歩くこと数分、ついに「ムーミンバレーパーク」の入口に到着。エントランスに並んでいるムーミンの物語が描かれた本のゲートで記念撮影をして、いざ入場! ムーミン一家が暮らすムーミン谷へと向かいます。

まず現れたのは、ムーミンパパが作った「水浴び小屋」。これが原画そっくりで、リアルすぎる建物に思わず「かわいい~!」を連呼。ムーミンたちは泳ぐのが大好きで、夏はここでのんびり過ごすこともあるのだとか。

中をのぞいてみると……ムーミンのかわいい水着が干してありました♡

そしていよいよパークのメイン「ムーミン谷エリア」に到着です!!

ムーミン谷エリアには楽しいアトラクションがいろいろ!

ムーミン谷エリア」には、ムーミン一家が暮らす「ムーミン屋敷のガイドツアー」やムーミンたちと一緒に冒険ができる「海のオーケストラ号」など、ムーミンの物語を追体験できるアトラクションがたくさん。小さな子供から大人までファミリーで楽しめます。

「ムーミン屋敷のガイドツアー」には、ムーミン一家のヒミツがいっぱい!

まず向かったのは、パークのシンボル「ムーミン屋敷」の中を巡るガイドツアー。ムーミンバレーパークの中でも、いちばん人気を誇るアトラクションだと聞き、息子ともどもテンションが上がります。(当日チケットが取れない場合もあるので心配な場合はオンラインの事前購入がおすすめ!)

© Moomin Characters™

ツアーは少人数のグループに分かれ、ガイドのお姉さんとともにひと部屋ずつ進みます。玄関をくぐるとなんだかムーミンの家に招待されているような気分に!

最初に案内されたのは食糧を保存するための貯蔵庫として使っている地下室。ジャムやチーズ、ワインの樽などがきれいに並んでいます。「旅人さん、そこの扉の中になにかいるみたい! のぞいてみて!」というガイドさんの声掛けに応じて、扉の窓をのぞいてみると……ムーミンでおなじみのカワイイあのキャラクターが!!(自分の目で確かめてみてね♪)

リトルミイのちっちゃな靴下も干してありました。

続いて1Fダイニング。食卓にはムーミンママが作ったおいしそうなサンドイッチやパンケーキが並んでいます。さて、本が積まれている椅子は誰の席でしょう……!? そう、体が小さなリトルミイの席です♪ 

さらに2Fには、ムーミンパパとムーミンママの寝室も。ここでは夫婦の知られざるヒミツも大公開♡ ムーミンママがいつも持ち歩いているバッグの中身も見れちゃいますよ。

そして最上階にはリトルミイのキュートな部屋や、屋根裏部屋のパパの書斎を見ることができました。

ひと部屋ひと部屋、原作を元に作られているムーミン屋敷は、ムーミン一家の笑い声が聞こえてきそうな空間。北欧から取り寄せた食器や調度品を用いるなど、インテリアにもこだわっています。細部まで注目すると、いろんな発見ができますよ!

ムーミンパパと一緒に大海原を大冒険!「海のオーケストラ号」

© Moomin Characters™

若いころのムーミンパパが体験した大冒険を追体験できるアトラクション「海のオーケストラ号」は、プロジェクションマッピングを駆使した臨場感あふれる体感型のシアター

いざ船が大海原へ繰り出すと、風が吹いたり、水しぶきが飛んで来たり、本当に一緒に冒険をしているような感覚に!  これは息子もかなり気に入ったようで、興奮気味にもう1回行きたい、と言ってました。

いたずら好きのリトルミイと共演できる!?「リトルミイのプレイスポット」

© Moomin Characters™

続いてその隣にある「リトルミイのプレイスポット」へ。開演前、シアターの幕の間からいたずら好きのリトルミイが顔をのぞかせる中、案内役のお姉さんが観客席の写真を撮ると……!?

なんとシアターの中に、息子が登場!! 会場にいる人の中からランダムに選ばれた数名が物語に一緒に参加できるんです。

たびたび登場する自分の顔を見て、息子もにんまり。ここではリトルミイがどうしてムーミン屋敷で暮らすことになったのかという秘密が解明できますよ♪

Profile
齋藤 久美子
おでかけ&育児ライター
フリーライターで1児を育てるシングルマザー。おでかけメディアのライターとして経験を重ね、現在は主に雑誌や書籍、Webなどで、育児やおでかけ記事を中心に取材・ライティングを担当。趣味は食べ歩き。最近の楽しみは、何もない休日に子供と一緒にふらりと遊びにでかけること。

あなたにおすすめ

注目コラム