赤ちゃんが『手足口病』のとき食べやすい「おすすめ離乳食レシピ」3品

 専門家監修
公開日:2019/07/17
更新日:2019/07/20
赤ちゃんが『手足口病』のとき食べやすい「おすすめ離乳食レシピ」3品
監修
片岡 正先生
かたおか小児科クリニック院長

「手足口病」は熱、手足・おしり・口の中の水疱など主な症状ですが、口内にできた水疱やのどの痛みから、飲み物や食べ物を飲み込みづらくなることも。手足口病になってしまったときでも赤ちゃん口にしやすい「飲み物・食べ物」をまとめました。

そもそも手足口病とは?

コクサッキーA16型、エンテロ71型をはじめとするエンテロウィルス属によって起こる病気で、生後6カ月から4~5才ぐらいの子に多く、夏にはやります。

一般的な感染経路はうんちや、唾液からの飛沫感染で、感染力が高く何度もかかってしまうこともあります。

どんな症状が出る?

手のひらや足の裏、口の中に小さな水泡ができるほか、ひざやおしりに症状が出る場合も。口の中の水泡は口内の前半分にできるのが特徴で、手足の水泡は痛みやかゆみを伴います。

さらに37~38度ぐらいの熱が4日ほど続きますが、まったく熱が出ないこともあります。

症状は約1週間ほどでおさまります。

関連リンク⇒⇒⇒手足口病の潜伏期間は? 大人も感染するの?外出はいつから?【小児科医監修】

手足口病の治療法は?

手足口病の特効薬はなく、対症療法(病気の「原因」ではなく、「症状」を軽減・緩和する治療法)になります。赤ちゃんにとってつらい症状がなくなれば、ふだんと同じ生活に戻ってOKです。

家でしたほうがいいこと・NGなことは?

口の中の水泡が痛み、赤ちゃんが水分や離乳食を受けつけなくなることがあります。なるべく口内を刺激しない飲み物、食べ物を与えてあげましょう。

症状のある間は長時間、直射日光を浴びたり、炎天下での水遊びは控えてください。

手足口病のときにおすすめの飲み物・食べ物は?

手足口病のときはヨーグルト、牛乳、もも、プリン、ゼリーなど、冷たくてのどごしのいい飲み物、食べ物がおすすめです。

離乳食はとろみをつけてあげると食べやすくなります。

気をつけたいのは「熱いもの」や「酸っぱいもの」。どちらも口内の水泡を刺激するので、手足口病のときは控えましょう。

手足口病のときのおすすめ離乳食レシピ3品をご紹介!

【離乳食の時期の目安】

・離乳食初期(生後5~6ヶ月ごろ)
・離乳食中期(生後7~8ヶ月ごろ)
・離乳食後期(生後9~11ヶ月ごろ)
・離乳食完了期(生後1才~1才6ヶ月ごろ)

関連リンク⇒⇒⇒赤ちゃんの離乳食の量や目安を初期・中期・後期・完了期の月齢別に紹介

マッシュかぼちゃのミルク風味【離乳食初期/生後5~6ヶ月ごろから】

マッシュかぼちゃのミルク風味写真※写真は離乳食完了期の
ゼラチン入りのものです

▼材料

・かぼちゃ…離乳食初期=10g、中期=20g、後期=30g、完了期=40g
・ミルク…離乳食初期=小さじ1、中期=小さじ2、後期=大さじ1、完了期=大さじ1強
・湯冷まし…離乳食初期=小さじ1、中期=小さじ2、後期=大さじ1、完了期=大さじ1強
〈以下、完了期のみ〉
・ゼラチン…1/2袋(2.5g)
・水…大さじ2
A
・湯…1/3カップ
・粉ミルク…小さじ2
・果汁(りんごなど)…1/3カップ

▼作り方

1.かぼちゃは水からやわらかくゆでてつぶし、ペースト状にする。ミルクは湯冷ましを入れて混ぜ合わせ、器に盛る。
2.(完了期のみ)ゼラチンは分量の水にふり入れ、ふやかしておく。Aを混ぜ、湯せんにかけて、溶かしたゼラチンを加えて混ぜる。水でぬらしたバットに流し入れ、冷やし固める。
3.かぼちゃの上に、2のゼリーを大さじ1程度をくずしてかける。

コーンミルクうどん【離乳食中期/生後7~8ヶ月ごろから】

コーンミルクうどん写真

▼材料

・細めのゆでうどん…離乳食中期=30g、後期=60g、完了期=90g
・だし、またはスープ…1/2~1カップ
・裏ごしのコーンクリーム缶…離乳食中期=小さじ1、後期=小さじ2、完了期=大さじ2
・ミルク…離乳食中期=小さじ2、中期=大さじ1強、完了期=大さじ2

▼作り方

1.ゆでたうどんは熱湯をかけてほぐし、それぞれの月齢に合った大きさに切り分ける。(離乳食中期=4~5mm、後期=7~8mm、完了期=1~2cm)

2.鍋にだし(またはスープ)、うどんを入れて沸かし、うどんがやわらかく煮えたら、コーンクリーム缶とミルクを加え、軽く火を通す。食べるときは人肌にさましてから与える。

バナナと豆腐のプリン【離乳食後期/生後9~11ヶ月ごろから】

バナナと豆腐のプリン写真

▼材料

・バナナ…10g
・絹ごし豆腐…大さじ1強
・ミルク…大さじ2
・卵…離乳食後期=全卵1/3個弱、完了期=全卵1/3個
・飾り用バナナ…適宜

▼作り方

1.バナナ、絹ごし豆腐は裏ごしし、ミルクを加えて混ぜる。
2.ときほぐした卵に1を少しずつ加えて混ぜ、器に流し入れる。
3.ラップをふんわりとかけ、電子レンジ弱(200W)で50秒~1分10秒加熱する。食べるときは人肌にさましてから与える。

関連リンク⇒⇒⇒離乳食で卵を使うのはいつから? 卵白・卵黄の進め方と注意点&おすすめレシピ!

_______

今回ご紹介した飲み込みやすい飲み物や離乳食メニューは、のどの痛みを伴う「ヘルパンギーナ」や「咽頭結膜熱(プール熱)」のときにも役立ちます。少しでも飲み込みやすいものを用意して、赤ちゃんの快復をサポートしてあげてくださいね!

関連リンク⇒⇒⇒ヘルパンギーナの症状は?手足口病との違いや潜伏期間【小児科医監修】
関連リンク⇒⇒⇒咽頭結膜熱ってどんな病気? その症状、治療法とケアとは

撮影/佐山裕子(主婦の友社写真課) 離乳食/ダンノマリコ 

※この記事は、Baby-mo2019年夏秋号「夏にはやる『うつる病気』完全対応マニュアル」より加筆・再編集したものです。

Baby-mo(ベビモ) 2019年 07月夏秋号主婦の友社 Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

監修
片岡 正先生
かたおか小児科クリニック院長
日本小児科学会専門医。東京大学医学部非常勤講師。信州大学医学部卒業。東京大学医学部小児科助手、日本赤十字社医療センター小児科医院などを経て、1996年「かたおか小児科クリニック」開業。
かたおか小児科クリニック

あなたにおすすめ

注目コラム