産後のごはん作り、どうしてる? ヒントは“ドゥーラごはん”にアリ【産後ドゥーラ小松紀子の“子育てのヒント”Vol.7】

コラム
公開日:2019/07/19
産後のごはん作り、どうしてる? ヒントは“ドゥーラごはん”にアリ【産後ドゥーラ小松紀子の“子育てのヒント”Vol.7】

里帰り出産をしないママにとって、退院後にいちばん心配なのが料理。体がつらい状態で、頻回授乳で睡眠不足な中、自分や旦那さんのごはんはもちろん、上のお子さんのごはんやお弁当もあったり、母乳にもいい栄養バランスを考えたり……と1人ではとても大変です。そんなときは産後ドゥーラに任せてみるのもひとつの方法。お買い物から調理まで、母乳にいい料理、家族の作り置きごはん作りなど、赤ちゃんのお世話もお手伝いしながら、家のことを丸ごとお手伝いします。今回は産後ママの体や心にやさしい“ドゥーラごはん”についてお届けします。

産後1ヶ月、昔は授乳だけに専念

念願の赤ちゃんに会えてうれしい出産後ですが、病院から家に帰ってくると赤ちゃんのお世話で手いっぱい。体が相当なダメージを受け、ホルモンバランスも大きく変わっていて、かなりしんどい状態です。

床上げ3週間ともいわれるように、本来は1ヶ月横になっていることが必要な時期なのです。

昔は親戚が近くに多くいたり、実家のお母さんがずっと付き添って家事をやってくれていたので、ママは授乳だけに専念できる環境がありました。

しかし、現代では里帰り出産が減り、実家のお母さんも働いていたり高齢であったりして来ることが難しい人も増えました。育休を取るパパも少しずつ増えてはいますが、昼間も夜中も、心も体もたいへんな中、ママだけで孤独に頑張っている人が多いのが現状です。

産前から早めにサポートを探そう!

通常ならできることも、この時期は疲れやすく、ホルモンのせいでイライラも募り、思うようにいかなくて余計に落ち込んだりすることも。赤ちゃんを迎えて楽しいはずなのに……と涙もろくなるママも大勢います。そんな状態でキッチンに立つのは、かなりの負担になるはず。食事や母乳関連の心配も大きくなる時期だけに、1人で抱え込むことは赤ちゃんのためにもよくないので、まずは今の気持ちをパパに相談してみてください。

本来なら周りの人に家事を任せることが当たり前のこの時期、実家のお母さんのヘルプが無理そうとわかった時点で、早めにSOSを。

できれば、産前から自治体のホームぺージで産前産後ケアやファミリーサポートについてリサーチを。次に民間のベビーシッター、家事サポート、キッズライン、産後ドゥーラなどの手を早めに借りて準備をし、その不安な時期を乗り切って、心のゆとりを持って子育てが楽しめるように切り替えましょう。

自分の体や心のためにも、赤ちゃんのためにも、ギリギリまでママ1人で頑張る必要はないのです。限界まで1人で頑張りすぎたママは、産後クライシスや産後うつに陥る場合も出てきます。早い段階で近くの産後ドゥーラを調べていただけたらありがたいです。

“ドゥーラごはん”ってどんな料理?

1ヶ月検診まではほぼ外に出ないインドアな状況の中、買い物は?家族のごはんは?母乳をあげるのに栄養バランスは?と、ママ1人では手が足りない心細い環境で毎日のごはんを考えなければなりません。

産後ドゥーラは、そんなママの希望や家族構成や状況に合わせた料理のサポートをします。産後ママの体や母乳にもやさしい、助産院で出るような手作りの味、出汁ベースで薄味の和食メインの料理が“ドゥーラごはん”です。

Profile
小松紀子
産後ドゥーラ
一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ、松が丘助産院登録ドゥーラ。現在、東京都中野区、杉並区、港区、品川区、世田谷区の登録ドゥーラ。ベビーシッターや家庭教師、塾の講師を経験し、18年の出版社勤務を経て、ドイツに5年半駐在し、帰国。一児の母。体に優しい料理、整理収納、ハンドケア、傾聴が得意。英語、ドイツ語(少し)可。趣味は旅行、ベリーダンス、美術館巡り。

一般社団法人ドゥーラ協会 小松紀子一般社団法人ドゥーラ協会 公式サイト

あなたにおすすめ

注目コラム