【体験談あり】赤ちゃんのほくろはいつからできる? 原因は? 除去は?【医師監修】

 専門家監修
公開日:2019/08/01
更新日:2019/08/26
【体験談あり】赤ちゃんのほくろはいつからできる? 原因は? 除去は?【医師監修】
監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長

この記事は、赤ちゃんのほくろについてまとめたものです。ほくろはだれにでもあるもの。でも、赤ちゃんのほくろが目立つ場所にあったり、大きかったりすると、気になりますね。赤ちゃんのほくろはいつからできるのか、原因や注意すべき点、除去できるかどうかなどについて、ドクターにお話を聞きました。

赤ちゃんのほくろ いつからできる?

ほくろは黒いあざの一種

ほくろは「色素性母斑」という黒いあざの一種で、盛り上がっているものもあれば、平らものもあります。

皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織の3層になっていて、表皮のうち真皮に近い部分にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があり、紫外線を浴びるとメラニン色素を作ります。シミやソバカスは、紫外線を浴びることによってメラニン色素が沈着してできたものです。

一方、「色素性母斑」は、「母斑細胞」と呼ばれるものが真皮の部分にたくさん集まってできたもの。「母斑細胞」は、神経やメラニン色素を作る細胞になるはずのものが、何らかの原因で間違ってできてしまったもので、メラニン色素をたくさん含んでいます。

「母斑細胞」のようにメラニン色素を持った細胞が、皮膚の浅い部分にあれば茶色く、皮膚の深い部分にあれば青色や黒色に見えます。

ほくろの場合は、比較的浅い部分(真皮と表皮の境目あたり)にできたものや、比較的浅い部分と真皮の中にできたものの混合タイプがあります。だれにでもできるものですが、人によってできやすさには差があります。

ほくろは、黒いあざの一種。メラニン色素を持った「母斑細胞」が表皮から真皮の深い部分にかけて厚い層状に沈着したものです。

ほくろは生まれつきあるもの?

生まれつきある「色素性母斑」を「あざ」、生後6ヶ月以降ぐらいからでき始めるものを「ほくろ」と呼んでいます。

生まれてからできたほくろの場合でも、赤ちゃんのころからあるものについては、その素因は生まれつき持っていて、現れる時期が遅かったと考えられます。

赤ちゃんのころからあるほくろは、もともと素因があったと考えられます。

赤ちゃんのほくろ 原因は?

赤ちゃんのころから現れるほくろは、皮膚の内部でメラニン色素をたくさん含んだ「母斑細胞」が増えてできたものですが、なぜ増えるのか、はっきりしたことはわかっていません。

ただ、幼児期からできて思春期ごろからぐんと増えるほくろの場合、その原因の多くは「紫外線」と考えられます。シミやそばかすと同じように、紫外線を浴びることによってメラニン色素が沈着してでき、顔や手、足など、衣服から出ている部分にできやすい傾向があります。しかし、だからといって、紫外線に全く当たらなければほくろができないということもありません。

紫外線以外の原因としては、ホルモンの分泌や皮膚への刺激、ストレスなどが関係しているといわれています。

幼児期から現れて思春期に増えるほくろは、紫外線に当たる手や足にできやすい傾向が。

赤ちゃんのほくろは遺伝する?

親やきょうだいにほくろが多いと赤ちゃんにも多い、赤ちゃんにも親と同じ場所にほくろがあるなど、ほくろには遺伝的な傾向が見られます。

遺伝というとなんとなく心配になるかもしれませんが、ほくろは、そのほとんどが「良性」のもの。サイズや見ために特に変わったところがなければ、あまり気にしなくて大丈夫です。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長
滋賀医科大学卒業。横浜市立大学皮膚科などを経て、1994年神奈川県立こども医療センター皮膚科医長、2002年より現職。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会会員。的確な診察とわかりやすい説明で、ママたちに信頼されています。

あなたにおすすめ

注目コラム