【陸蓮根】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.4~お野菜編~】

コラム
公開日:2019/07/07
更新日:2019/07/23
【陸蓮根】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.4~お野菜編~】

お待たせいたしました!これなんて読むでしょう漢字クイズ第4弾は、なんと!【お野菜】の漢字特集です!! なんだかんだで毎日手に取る野菜。こんなに近くにあるのに漢字になるとあっという間に遠くの存在になってしまう悲しい現実。でももうこれで大丈夫!さぁ!漢字の読み方をマスターしてそんなジレンマを吹き飛ばしましょう!

「甘藍」の読み方は?

=「かんらん(キャベツのこと)」と読むんです☆

「甘藍」という漢字は、中国語名の「甘藍」からきているのだそう。

日本人に定着している「きゃべつ」という呼び方は英語の「cabbage(キャベジ)」からですが、さらに元をたどるとフランス語の「頭」という単語「caboche」が語源。

頭の形に似ていることからそう呼ばれるようになったのかな。

「きゃべつ」って、知れば知るほどワールドワイドな野菜だと思いませんか?

中国の漢字、フランス語源、英語の呼び方、そのすべてが合わさって今の「きゃべつ」になっている!!

野菜のロマンの宝箱や~☆

関連リンク①⇒⇒⇒【徐に】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.3】

関連リンク②⇒⇒⇒【心太】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.2】

_______

さて、今回もお楽しみいただけましたでしょうか♪

普段、手際のいいママたちはババっと調理してしまう野菜たち。だけどちょっと手に取ったときに、その野菜の名前のことを考えたらなんだかいつもより美味しいおかずができそうな気がする♪

漢字から毎日が少しだけ楽しくなるヒントをもらっているような気がします!

次回もまたお楽しみに♪

文/佐藤 彩

あなたにおすすめ

注目コラム