ミントで爽快♡ラグジュアリーの極み~!ザ・リッツ・カールトン スパ 東京の夏限定メニューがすごい【GAKUが行く!ご褒美SPA&おねだりSPA】

コラム
公開日:2019/07/09
更新日:2019/07/19
ミントで爽快♡ラグジュアリーの極み~!ザ・リッツ・カールトン スパ 東京の夏限定メニューがすごい【GAKUが行く!ご褒美SPA&おねだりSPA】

人気連載【藤村岳が行く!】新装オープン!頑張るママ&パパの疲れが吹き飛ぶ、ご褒美SPA&おねだりSPAにフォーカスしていきます。案内人は男性美容家のボク=藤村岳。記念すべきリニューアル第1回めは、「夏には夏のケアが必要!」ということで、憧れのホテルであるザ・リッツ・カールトン東京のスパへGO! ミントを使った爽やかなスパを体験してきました。

みなさん、こんにちは。男性美容研究家の藤村岳です。

美容連載の方向性を変えることになりまして、今回からはホテルで楽しむスパ・エステをご紹介することになりました。ホテルのスパって、優雅で憧れですよね。でも、そんなに気軽に行けるものでもない。きちんと吟味して、自分に合っているか、ちゃんと癒してもらえるのか? を見極めたいと思いませんか。

ということで、男性美容研究家の藤村岳が、そんなお疲れママ(たまにはパパ?)になりかわりまして、体験してまいります。まず、1回目は、ラグジュアリーの極み「ザ・リッツ・カールトン スパ 東京」の期間限定「ミント・サマー・リチュアル」をご紹介いたしましょう。

本日使われるプロダクトたち。ESPAは効果はもちろん、香り高いことでも有名です

夏限定! “ヒンヤリなのに巡る~!”超絶スパに潜入

夏です、ミントの季節です。古来より、ミントは清涼感をもたらすハーブとして、使われてきました。火照った体を冷やしたり、たかぶった気持ちを鎮めてくれたりと、身近なのにとても有用なハーブ。そんなミントを使ったトリートメントはすっきり、爽やかで、この時期にぴったりなリチュアルです。

これから憧れのザ・リッツ・カールトン東京の46階に位置するスパへと潜入します!

ザ・リッツ・カールトン東京があるのは六本木駅直結の東京ミッドタウン。カフェの横からホテルへと入りまして、エレベーターでロビーのある45階へ。その後、エレベーターを乗り換えて、スパのある46階に降り立ちます。広々としたスパの受付があり、まずはそこでコンサルテーションカードを書きながら、ウェルカムティーをいただきましょう。日替わりというお茶、この日はレモングラス・ミント茶でした。

まずはウェルカムティ—で暑さをクールダウン

実は、スパ利用客は「ヒートエクスペリエンス」というジャグジーやサウナなどの温浴施設が使えます。なので、予約より1時間程前にチェックイン。施設を案内してもらって、ロッカーで着替え、さっそくスチームサウナへ。高級ホテルは、だいたいこのような仕組みになっていますよね。だから、早めにチェックインして、施設を思う存分、満喫するのがお得だと思います。それにほどよく体を温めた方が、リラックスしてトリートメントを受けられます。ただし、のぼせるほど入るのは逆効果。疲れてしまうし、筋肉がだれて満足度も下がります。

撮影禁止場所なので、写真を拝借。夕景も素敵です!

ほどほどに楽しんだら、「リラクゼーションスイート」でセラピストの到着を待ちます。薄暗い部屋にはヒーリング音楽がかかっていて、静か。これから始まる儀式への期待感が高まります。中のしつらえは、ゆっくりと寝そべることのできるひとり用のチェアがカーテンで仕切られています。サイドテーブルに読書灯まで完備。で、なんとなく「ここ、来たことがあるような……」と感じ、思い出したのがハワイ・ワイキキのザ・リッツ・カールトンのスパでした。明るさとか雰囲気は違うけど、しつらえがどことなく似ていると思ったら、スパを監修してるところが同じなのだとか。「ふふん、知っているもんね」という謎の優越感(?)に浸っていると、今回、担当してくれる蛇島千尋さんが、迎えに来てくれました。

いよいよ、施術がスタート。まずはカウンセリングから

蛇島さんは、ほっそりとした女性で笑顔がとてもチャーミング。落ち着いた物腰で、トリートメントルームへと案内してくれました。今回はたっぷり120分のコース。せっかくのスパです。長い方がいい。短いと慌ただしいですからね。うまいことパパを説得して、子どもたちをみてもらう算段をつけましょう。

くんくん、と嗅ぐボク。はぁ~癒やされる香り……。この時点でかなりリラックスモードに

あまりの香りよさに、びっくり!の図。編集A女史がこの写真を使え、と半ば強制的に……(笑)

スカルプマッサージに使われるクレイのクリーム。顔にも使えるほど優しいのだとか

スクラブで磨き、ラップで保湿。体をニュートラルにリセット

最初はカウンセリングで、本日の体調などを聞かれ、ベッドにうつ伏せに。顔のところに穴が開いているおなじみのスパベッドです。施術の前に深呼吸を3回。サイプレスなどの深い香りで心が落ち着き、体のマッサージを受け入れる準備が整えます。

「インヴィゴレーティング ソルト スクラブ」での体の角質や汚れを取り除きます。日々、きちんと洗っているつもりでも、不要な角質って、溜まるもの。特にお子さんの面倒を見ていると、なかなか自分のボディケアまでできないママさんって、多いはず。ひょっとして、ひじやひざなどはもちろん、手の届きにくい背中なんかも角質でゴワゴワしていませんか? そんなママにぴったりなのが、これ。ツブツブのハッキリとしたシーソルトは肌の余計なものをさっぱり取ってくれます。メンソールとライムのスッキリとした香りが気持ちよさをさらにアップ! とはいえアーモンドオイルでのばされているので、肌への当たりがきつすぎないところも素晴らしい。

ボディスクラブって、本当に気持ちいいですよね。背中の角質、取れまくり〜

ここで一度、シャワータイム! スクラブを洗い流すと、スベスベのツルツル肌。「もうこれで帰ってもいいのでは?」と思えるうっとりとした仕上がりです。とはいえ、まだまだ始まったばかり。ベッドへと戻ると、今度は「アルゲジェル」によるボディラップを行います。これはフランスの温泉水に海藻(アルゲ)、ミネラル、ビタミンを配合したものを塗布し、ラップでくるまれます。塩で揉まれて……ラップでくるまれるって、まるで調理されているみたい。まあ、冗談はさておき、セルライトやむくみ対策にいいのだそう。いわゆる痩身目的のラップだとキツキツに巻くのですが、これはふんわり。リラックスできます。

痩身目的のラップではないので、ふんわり優しく包みます。
塩もみされて冷蔵庫で寝かされる、お肉の気持ちがわかったような……

Profile
藤村 岳
男性美容研究家
大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの奥深さに触れる。その後、料理や健康などの生活情報誌に携わる。その後、料理や健康などの生活情報誌に携わり、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。数々の男性誌で連載を持ち、総合情報サイト『All About』では「メンズコスメ」のガイドも務めている。最近は男性ならではの視点を生かし、女性誌や美容誌でも執筆・監修を行う。また、テレビやラジオの出演のほか、講演・イベントなどでも活躍中。また、豊富な経験と知識を生かして、美容コンサルタントとしてマーケティングやコスメの開発にも携わる。国内外のホテルなどを訪れ、スパやエステ、トリートメントについても造詣が深い。

あなたにおすすめ

注目コラム