”授乳キャミソールってなに? 種類と選び方は? おすすめ14選!

コラム
公開日:2019/07/12
”授乳キャミソールってなに? 種類と選び方は? おすすめ14選!

1日になんども訪れる授乳タイム。母乳育児中のママにとって、家にいるときはもちろん、外出先でもスムーズにスマートに授乳できるよう、下着選びは意外と大切なポイントです。
ここでは、どんな授乳キャミソールがより使いやすいのか、その種類や選び方のポイントなどをお伝えします。

授乳キャミソールってどんなもの?

母乳で赤ちゃんを育てる場合、特に新生児期には、1日に何度も何度も授乳する必要がありますね。そんな時、着ている服や下着によっては、とてもストレスを感じることがあります。お腹のほうから服をめくり上げないといけないので寒い、あるいは襟元のほうから授乳していると服の襟が伸びてしまうといった経験をしたことのあるママも多いのではないでしょうか。

そんな時に活躍するのが授乳キャミソールです。授乳用キャミソールは、簡単に胸元だけを出して授乳できるようになっているので、不要なストレスがなくスムーズに授乳することができます。

授乳キャミソールにはどんな種類があるの?

授乳キャミソールには、大きく分けると4タイプあります。

クロスオープンタイプ

クロスオープンタイプは、左右のカップが中央でクロスしていて、その交差部分をずらして授乳します。片手で簡単にずらせるので、赤ちゃんを抱っこしたままスムーズに授乳ができるのが魅力です。

ストラップオープンタイプ

ストラップオープンタイプは、ストラップ部分についた留め具を外すとカップが外れる仕組みになっています。留め具を外すのに少し手間と慣れは必要ですが、生地を伸ばさずに授乳でき、特にバストの大きい方は授乳中にずらしたカップの圧迫感を感じずに済みますね。

かぶせ布つき(切り替えをめくる)タイプ

かぶせ布つきタイプは、カップの部分の布が二重になっていて、上の布をめくると授乳口が出るようになっています。露出が少なくて済むので、外出先での授乳でも安心感がありますね。

フロントボタンタイプ

フロントボタンタイプは、左右のカップ部分の間に3つ程度ついたボタン(スナップ)を外して授乳する仕組み。大きく開くのでしっかり胸を出して授乳でき、赤ちゃんの口に布が当たりません。

授乳キャミソールの選び方

丈夫な素材を選ぶ

授乳中は、下着に母乳が漏れたり赤ちゃんのよだれがついたりすることもあり、また、赤ちゃんの口にも触れるものだから、清潔に保ちたいですね。授乳キャミソールの生地は、伸びたり傷んだりしにくい丈夫な素材のものを選びましょう。

丈は長めのものを

授乳キャミソールは、マタニティキャミソールを兼ねている商品も多いですね。お腹が大きい時にもしっかりお腹や腰をカバーしてくれるよう、丈は長めのものを選びましょう。質の良い母乳のためにも、冷えは大敵です。

しっかりしたパットつき

妊娠・授乳期にはバストサイズがアップします。大きくなったバストを支え、バストトップをカバーしてくれるしっかりしたパットがついたものがおすすめです。

授乳キャミソールのおすすめブランド

授乳キャミソールを買うとき、どこのブランドがいいのか迷う人もいるでしょう。ここではおすすめのブランドを3つご紹介します。

犬印本舗

1902年に創業し、1966年からマタニティ・授乳用衣料を提案し続ける日本を代表するマタニティブランドです。実用性と使い心地のよさは歴史を感じますね。多くのアイテムが、大手通販会社や通販サイトでも取り扱われています。

公式オンライストアはこちら

エンジェリーベ

マタニティインナーやベビーウェアを中心としたオリジナル&セレクトブランド。使い勝手はもちろんのこと、そのデザイン性の高さからもママから絶大な人気を集めています。

公式オンラインストアはこちら

あなたにおすすめ

注目コラム