赤ちゃんの枕はいつから必要?タオルで代用する方法は?

コラム
公開日:2019/07/08
更新日:2019/07/11
赤ちゃんの枕はいつから必要?タオルで代用する方法は?

1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんにとって睡眠環境はとっても大切。「生まれた時はきれいな頭の形だったのに、いつのまにか絶壁になっていた…」なんて先輩ママの体験談もあり、赤ちゃんの頭の形も悩みの種ですよね。そこで今回は枕のお話。頭の形をよくする枕選びは?そもそも新生児に枕って必要なの? タオルで代用できるって本当? などママたちの枕のギモンを解決します!

赤ちゃんの枕の役割について知りたい!

頭の形を整える

赤ちゃんの時期に気を付けたいのが「絶壁」。赤ちゃんの頭は柔らかいため、いつも同じ部分を下にして寝ていると、その部分に圧力がかかって頭の形が変形してしまうんです。そんな赤ちゃんの絶壁防止のために枕が有効なことも。ドーナツ枕など、頭を支える部分がくぼんでいる枕は頭の形が良くなるとママたちに評判です。 

吐き戻し対策に

消化機能が未熟な赤ちゃんは、母乳やミルクの「吐き戻し」を頻繁に起こします。赤ちゃんが元気で機嫌がよければさほど気にする必要はありませんが、飲む度に吐き戻してしまう赤ちゃんも多く、ママの悩みのタネになることもしばしば。吐き戻し防止枕や自宅のタオルを使って赤ちゃんの頭の位置を少し上げてあげると、吐き戻しの防止になります。

新生児期の赤ちゃんに枕は必要?

本来、枕は睡眠時に理想的な姿勢を保つためのもの。いい姿勢で眠ることは心身の健康につながります。しかし、ママのおなかの中から出てきたばかりの新生児期の赤ちゃんは、大人と骨の作りが違います。大人の背骨がS字カーブになっているのに対し、ママのおなかの中でまるまっていた赤ちゃんはC字に曲がっているため、枕で頭を支えてもあまり意味がありません。そのため新生児には枕は不要。首が座るまでは、枕を無理に使用する必要はなさそうです。

赤ちゃんの絶壁の原因と予防法が知りたい

頭蓋骨はいくつかの骨が結合してできています。しかし赤ちゃんの頭は生まれてくるときに狭い産道を通れるように、頭の骨がまだ結合していないため、やわらかく変形しやすいのが特徴です。

いつも同じ向きで寝ていると絶壁になりやすい

生まれたのち、成長と共に少しずつ頭蓋骨が結合されていきますが、赤ちゃんは寝ている時間が長いため、どうしても後頭部に圧力がかかります。そのため、長時間同じ姿勢で寝ていると後頭部だけ頭の形が平らになってしまうことも。ほとんどは寝返りをしだすことで改善されますが、中にはそのまま絶壁が治らなかった…というベビーもいます。またパパやママの抱っこをする向きがいつも同じ場合や、いつも同じ方向を向いて寝る「向き癖」が付いている場合も、絶壁につながります。

予防するには同じ姿勢を長時間続けないこと!

絶壁を防ぐには、同じ姿勢をとらせないことが一番。ベッドやベビーカーに長い時間寝かせておかずに抱っこやおんぶをする、パパママが抱っこする時の向きを変える、向き癖がある場合は意識的に頭の向きを変えてあげる、といった日常の地道な努力で頭の変形が防げます。
そうはいっても忙しい日々の中でなかなか赤ちゃんの寝る姿勢まで気をまわしていられない!というママも多いはず。そんなときこそ枕やタオルを上手に使って絶壁対策をしてみてください。

赤ちゃんの枕はいつから使うのがいい?

大人と同じように睡眠姿勢を保つ意味で使う枕は、背骨がS字を描くようになる1歳前後から使用するのがおすすめ。ただ、頭の変形防止や吐き戻し、向き癖の対策には、赤ちゃんの首が座ってから使える専用の枕を使ってみるのもいいかもしれません。もし新生児から使用する場合は、「新生児から使える」と明記されているものを選びましょう。

赤ちゃんの枕の選び方が知りたい

絶壁防止には「ドーナツ枕」がおすすめ!

真ん中にくぼみのあるドーナツ枕は、頭にかかる圧力を分散してくれる優れもの。「頭の形がキレイになった」「一度絶壁になってしまったけれど、使い続けているうちにだんだんよくなってきた」と使ってよかった!という先輩ママたちの口コミも届いています。一方で、「購入してみたけど枕を嫌がって結局使わなかった」「寝相が悪く、枕の上で寝られなかった」という意見も。赤ちゃんにもよるようですが、一度試してみる価値はありそうですよ。

出典:www.amazon.co.jp

吐き戻しには傾斜のついた「吐き戻し防止枕」を

母乳やミルクを頻繁に吐き戻してしまう赤ちゃんには、上半身を起こしてくれる傾斜のついた吐き戻し防止枕(スリーピングピロー)がおすすめ。赤ちゃんが横になっても胃から母乳やミルクが戻ってくるのを防いでくれます。

向き癖には丸めた「タオル」が効果的

向き癖のある赤ちゃんには、いつもと逆方向を向かせた状態で背中にくるくる丸めたバスタオルを当てて姿勢を固定してみてください。中には「ドーナツ枕を使ってみたら、仰向けで寝られるようになって向き癖が治った!」という先輩ママも。

肌に優しい&丸洗いできるコットン素材が◎

赤ちゃんの肌は大人に比べてとっても敏感。素材によっては肌荒れを起こすこともあるため、枕のは綿やオーガニックコットンを100%使用したものを選ぶと安心です。さらに常に清潔な状態を保つために、簡単に洗濯ができるかも大きなポイント。洗濯機で丸洗いできるものが便利です。

先輩ママはどんな枕をつかってた?

編集部のアンケートでは「ドーナツ枕」を使用していたママは全体の約3割。赤ちゃんの「布団セットに付いていた枕」をそのまま使っていたというママや、「タオルで代用していた」というママ、そもそも「使用していない」というママも結構いました。

さらにママたちのコメントを見てみると……

「ドーナツ枕とタオルを組み合わせて使っていたら、頭の形がまるくなってきた」
「1人目は枕なしで絶壁になってしまったので、2人目は枕を購入。きれいな形になりました」
「寝ている間に動いてしまって、枕の意味があんまりなかった」
「うちの子はドーナツ枕を使うと起きてしまうので、バスタオルを折って代用してました」
「タオルのふわふわの触り心地が好きみたいでよくすりすりしてる」

と、枕の良し悪しは赤ちゃんによって個人差があるよう。色々試してお気に入りを見つけてみるのがよさそうですね。

赤ちゃんの枕のおすすめはコレ!

ドーナツ枕

ESMERALDA(エスメラルダ) ドーナツ枕

ESMERALDA(エスメラルダ) エスメラルダ ドーナツ枕 ギャラクシーグレーESMERALDA(エスメラルダ) ¥ 2,138 ※2019/07/21 22:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

おしゃれなデザインと使いやすさで先輩ママたちに大人気の1点。絶壁だけでなく、向き癖や後頭部が擦れて髪の毛が無くなってしまう寝ハゲにも効果◎。ストライプやパールグレースター、マリンボーダー、ボタニカルローズ……と10種以上から選べる豊富なバリエーションもうれしいですね。

東京西川 医師がすすめるドーナツ枕

西川産業 babypuff ドーナツ枕(中) サックス 綿100% LMF1501302西川産業 ¥ 1,489 ※2019/07/20 16:44 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

寝具専門店によるこだわりの赤ちゃん用枕。柔らかい素材でふんわり赤ちゃんの頭を包みながら、頭の変形を防いでくれます。もちろん丸洗いも可能。ゾウ、ウサギ、ヒヨコと動物をあしらったデザインもキュート♪

吐き戻し防止枕

サンデシカ 洗えるごきげんスリーピングピロー

サンデシカ スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕) ふわふわ6重ガーゼ ぞう 3134-9999-04サンデシカ ¥ 3,203 ※2019/07/20 16:43 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

10°のゆるやかな傾斜で母乳・ミルクの吐き戻しを防いでくれるロングセラーアイテム。授乳後にこの枕に寝かせてあげると、頭の位置が高くなり吐き戻しが改善されます。カバーだけでなく本体も丸洗いOK! 鼻づまりの防止にも役立ちそうですよ。

新生児から使える! 頭の形を整える枕

サンデシカ The Pillow Baby(ザ・ピローベビー)

サンデシカ 新生児から頭をまあるくケアするベビー枕 The Pillow Baby(ザ・ピローベビー)サンデシカ ¥ 2,916 ※2019/07/21 22:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

枕の専門メーカーとベビー用品の専門メーカーが共同開発した、新生児から使える枕。1日20時間以上寝て過ごす新生児でも首に負担をかけずに自然な姿勢をキープしながら、頭の形を整えることができます。向き癖や絶壁、寝ハゲ対策にも◎。洗濯機で丸ごと洗えるのもママにとっては助かります。出産祝いにも喜ばれそう。

ジェルトロン ベビー枕 

【ジェルトロン】ベビーまくらジェルトロン ¥ 2,600 ※2019/07/20 16:43 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

柔軟性と伸縮性に優れた二層一体構造の新素材「ジェルトロン」を使用。赤ちゃんの頭にしっかりフィットし、さらに体圧が分散されるため、ずっと寝ていても頭の形を保ってくれます。通気性も抜群で、暑い夏も快適です。

枕カバーはどんなものがおすすめ?

肌が敏感な赤ちゃんはちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまうことも。そのためベビーの枕カバーにはオーガニックコットンやガーゼ素材など、肌触りがよく、汗っかきの赤ちゃんの汗をしっかり吸ってくれる素材が◎。枕を購入するとだいたいセットで付いてきます。
いちいちカバーを外して洗うのが大変という時は、枕の上にガーゼやタオルを敷いてあげると、汗をかくたびに取りかえてあげることができて便利! ただし、ガーゼやタオルがめくれて赤ちゃんの呼吸をさえぎるようなことにならないように十分注意して。

赤ちゃんの枕はタオルで代用できる?その方法は?

先輩ママの中には、赤ちゃんのうちはタオルを枕代わりにしていたという人も。タオルのメリットってどんなところにあるのでしょうか?

枕をタオルで代用するメリットは?

いつも清潔!

タオルのいいところは、汗をかいたり吐き戻しをしてしまったときにすぐに別のタオルに替えてあげられるという点。しかも洗濯も簡単です。

好みの高さに調節できる

赤ちゃんの成長に応じて枕の高さを調節してあげられるのもタオルの便利なところ。基本的に枕が必要ない新生児には折らずにそのまま、首が座ってきたら折り畳んで少し高さをつける、など赤ちゃんの様子を見ながら適度に調整できるのが、ママたちに好評のようです。

赤ちゃんの枕をタオルで代用する方法

タオルはバスタオルかフェイスタオルを三つ折りか四つ折りに。赤ちゃんの頭の位置が高すぎると呼吸が苦しくなってしまうことがあるので、快適に眠れているか赤ちゃんの様子を観察しながら適度な高さに調節してあげてください。素材は肌に優しいオーガニックコットンや綿100%素材のものを。寝返りを打ち始めたら、タオルに顔が埋まって窒息事故につながらないよう、枕の大きさや素材に十分注意しましょう。

文/齋藤久美子

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム