プールで遊べるおもちゃおすすめ12選&手作りおもちゃ6選!

コラム
公開日:2019/07/02
更新日:2019/07/11
プールで遊べるおもちゃおすすめ12選&手作りおもちゃ6選!

夏といえばプール! 子供は水遊びが大好きですよね。今回は、簡単に作ることができるプールのおもちゃとおすすめのおもちゃを紹介します。市販のおもちゃはもちろん、親子で手作りしたおもちゃで遊べば、より楽しい夏の思い出になることは間違いなし! ぜひ、試してみてくださいね。

プールのおもちゃにはどんな種類があるの?

最近では、大人も驚くような画期的なおもちゃがいろいろ登場しています。例えば、水風船を一気に何十個も作ることができる「ウォーターバルーン」。作り方は簡単。ホースに風船の束をつなげて水を入れ、ある程度膨らむと自然に束から風船が外れるというもの。風船を結ぶ手間もなく、数十秒で何十個もの水風船を作ることができます。

小さな子も夢中になって遊んでくれそうなのが、噴水のように数カ所の穴から水が噴き出る「スプリンクラーボール」とビニールプールの縁から水が噴き出る「噴水マット」。キャッキャと声を上げて遊ぶ姿が目に浮かぶよう。すべり台が付いたビニールプールも、飽きることなく楽しんでくれそうですね。

フルーツや動物型など、かわいいデザインが魅力的なのが、飲みもの専用の浮き輪「ドリンクホルダー」。いつでも飲みものが飲めるので、熱中症予防にも使えます。小さなおもちゃや人形を乗せて遊んでも喜びそうです。

さらに、夏の思い出作りにピッタリなのが、子供用にコンパクトにデザインされた「キッズカメラ」。水深30mまでの防水機能搭載で、泳ぎながら水中撮影を楽しむことができます。撮影が難しい場合は、大人が代わりに撮ってあげても〇。夏の思い出を形に残してみませんか。

プールのおもちゃの遊び方

せっかくなら市販のおもちゃを使って、いろいろなアイデアに富んだ水遊びを楽しみたいもの。例えば、水風船に魚の絵柄を描いて結び目に輪ゴムをつければ、水風船釣りが楽しめます。きれいな石やスーパーボールなどを水中に散らばせて、水中宝探しゲームをするのも喜びそうですね。定番の水鉄砲遊びは、廃材を使って手作りするのもおすすめです。

おもちゃを作ったり遊んだりする際は、事故やけがを防ぐため、赤ちゃんの月齢に合ったものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんが遊んでいるときは保護者がそばで見守り、目を離さないようにしてくださいね

プールのおもちゃを手作りする方法は?

牛乳パックやペットボトル、食品トレイなどの廃材を使って、簡単にプールのおもちゃを作ることができます。親子でチャレンジしてみてくださいね。 

牛乳パックで作る「水中メガネ」や「船」

牛乳パックを縦半分に切るだけで船本体が完成。キラキラテープやビニールテープを貼ってオリジナルの船を作りましょう。余ったパックで旗を作って立てたり、花びらや人形を乗せて遊んでも。

ペットボトルで作る「シャワーじょうろ」

ペットボトルを半分に切り、上の部分をひっくり返してはめ込みます。底にキリで穴を開ければ完成。切り口は危ないのでテープで保護しましょう。マスキングテープや油性ペンを使って絵柄を描けば、オリジナルじょうろの完成です。

ペットボトルで作る「ロケット」

ビニールテープや油性ペンを使って、ペットボトルに好きな絵柄や模様を描いたら水を入れます(ビーズなどを一緒に入れてもきれいです)。水の中に沈めて手を離せば、ロケットのように飛び出しますよ。入れる水の量によって飛び出す速さが変わるので、いろいろ試してみて。

マヨネーズ容器で作る「水鉄砲」

容器の中をきれいに洗ったら、表面にビニールテープや油性ペンで好きな絵柄を描きます。フタを外して水を入れ、容器を押せば勢いよく水が飛び出します。食器用洗剤の容器でも〇。

食品トレイを魚の形に切って作る「魚釣り」

耐水性のある食品トレイを洗ったら、魚の形に切ります。油性マジックで目や口を描き、口先に磁石を付けて水に浮かべます。釣り竿は、割り箸に磁石を付けた紐を結べば完成。 

色付きスポンジで作る「お菓子」

赤、青、黄色などの色付きのスポンジを用意し、両端を輪ゴムで結べばキャンディの完成。丸くカットして中をくり抜けばドーナッツになります。食用トレイを使ってお皿やスプーンを作れば、水遊びしながらおままごともできますよ。

あなたにおすすめ

注目コラム