ベビーフォーマルでおしゃれな装いを。男女別おすすめ15選!

コラム
公開日:2019/07/05
更新日:2019/07/11
ベビーフォーマルでおしゃれな装いを。男女別おすすめ15選!

どんな服を着てもかわいい赤ちゃん。たくさんの服を持っていてもその中にベビーフォーマルはありますか? 意外と着る機会のあるベビーフォーマルを、男女別にご紹介します。

ベビーフォーマルの着用シーン

赤ちゃんが生まれると、誕生にまつわる行事や、家族で出かける冠婚葬祭など、思いのほかフォーマルを着用するシーンがあります。どんな時にベビーフォーマルを着用するのか、それぞれのシーンを見ていきましょう。

赤ちゃんのイベントで着る

お七夜

日本古来の神事である「お七夜」。生後7日目に行うお祝いで、赤ちゃんの名前を書いた紙を神棚や床の間などに貼り、親類や隣近所の方などを招いてお祝いの席を設けます。生後7日目は退院の日と重なる場合もあり、退院の時に白いセレモニードレスを着ることもあります。赤ちゃんの初お披露目の場になるので、赤ちゃんが初めてベビーフォーマルを着用する機会となるでしょう。

お宮参り

赤ちゃんの誕生から、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行われるのが「お宮参り」です。
お宮参りは子供が初めて神社にお参りすることです。土地の氏神様に、無事に誕生した報告と、氏子として、今後の健やかな成長を見守ってもらうようにと祈願します。
日本古来の神事で、肌着と白羽二重の内着に、祝い着を羽織るのが正装と言われています。

ただし、誕生から間もない頃に行われる行事で、まだ生まれたばかりの赤ちゃんの外出のため、赤ちゃんの体調や天候もよく見極めることが大事です。また、赤ちゃんと両親の服装の格を合わせることも考慮しなければなりません。赤ちゃんだけでなく、産後間もないお母さんが着物を着るのは大変な時期なので、現在は和装の正装にこだわることはなく、赤ちゃんにもお母さんにも負担の少ないフォーマルを選ぶ人が多くなっています。神様の前に出るのに恥ずかしくないフォーマルを選ぶとよいでしょう。

お食い初め

生後100日を過ぎた頃、食べ物に一生困らないようにと願い、赤ちゃんがお膳を食べる真似をする儀式が「お食い初め」です。こちらも親類などを招いて行うことが多いので、ベビーフォーマルを着てお祝いする機会となるでしょう。

バースデーイベント

赤ちゃんの初めての誕生日、1歳の誕生日はお客様を招いて大々的にお祝いする家庭も多いかと思います。地域によっては一升餅を背負う習慣があるなど、1歳の誕生日ならではの行事が残っているところもあります。1年間無事に育ったお祝いと、これから未来に向かって歩き始める第一歩のお祝いとして、1歳の誕生日には特別な思いが込められています。この特別な日の主人公ですから、ベビーフォーマルで素敵な1日を迎えたいですね。

一般的な冠婚葬祭で着る

一般的に行われる冠婚葬祭でベビーフォーマルを着用するシーンについても見ていきましょう。

結婚式

生まれたばかりの赤ちゃんが出席することは少ないですが、両親に近い身内や、親しい友人の結婚式であれば、家族揃って出席することもあります。一般的なマナーとして、ゲストが白いドレスを着用することはNGと言われていますが、赤ちゃんのベビーフォーマルに関しては明確なOK、NGはありません。結婚式に花を添えるように、華やかでかわいらしいベビーフォーマルで出席するのが良いでしょう。

ブラックフォーマル

お通夜やお葬式は突然のことになります。赤ちゃんは出席を遠慮することも多いですが、近い身内などであれば、出席することもあるでしょう。また、予定されている法事であれば、親族が揃う場でもあるため、家族揃って出席することもあるでしょう。
こちらもベビーフォーマルに明確なOK、NGはありませんが、大人の服装のマナーに準じて、白や黒がベースとなるようなシンプルな服装を心がけるのが良いでしょう。

その他のイベントなど

お友達のバースデーイベントやパーティーなど、赤ちゃんもぜひ来てね!とお呼ばれする機会もあります。すぐに大きくなってしまう赤ちゃんですから、せっかくのかわいいデザインのベビーフォーマルを着られる期間も短いので、様々な機会にベビーフォーマルを着て、たくさんの思い出を残しましょう!

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム