琴奨菊和弘さん 子どもは親に迷惑かけるくらいがちょうどいい。とにかく元気いっぱいに、すくすく育ってほしい 【PAPA’S LIFE Vol.3 後編】

琴奨菊和弘さん 子どもは親に迷惑かけるくらいがちょうどいい。とにかく元気いっぱいに、すくすく育ってほしい 【PAPA’S LIFE Vol.3 後編】

連載 PAPA'S LIFE〜Vol.3〜琴奨菊 和弘さん

朝から晩まで、さらに一年を通じてスケジュールぎっしりの力士の毎日。大相撲の世界で活躍する琴奨菊関は、どんな育児ライフを送っているのでしょう。子どもとのふれあいの時間が決して多くはないなかで、琴奨菊関が大事にしていること、2歳になる息子さんへの思いなどを、おうかがいしてきました!


スポーツを通じ勝つ喜びや我慢することも覚えてくれたら

本場所や巡業などで、地方に滞在することが多い力士。琴奨菊関は、家を不在にしているときは必ず、家族とテレビ電話を通じて触れ合う時間を持っているといいます。

「力士は年に半分以上は家をあけているので、ほぼ子供に会えないんです。その中でも、巡業がない2月と6月が子どもと密に過ごせる大切な時期ですね。私が家にいるときは、お風呂や着替え、オムツ替えなどのお世話はひと通りします。絵本も読み聞かせしますし、一緒にいられるときは、たくさん息子と会話をしようと思っています」

長男の弘人くんは、心身ともに成長めざましい2歳。最近は習い事もスタートしたそうです。

「つい先月から、レスリングを始めたんです。初めは全然できなかったのに、いつの間にかでんぐり返しができるようになっていたり、我が子ながら本当にすごいなって思います。レスリングをやっていると、運動神経がよくなるのはもちろんですが、体の使い方などもわかるようになるんです。昔は木登りとか、日常の遊びのなかで運動神経を鍛えられたんですけど、今はいろいろと危険なことや心配なこともありすぎて……。少し年齢的に早いかなと思いましたが、とても心のある監督さんで、安心して弘人を任せられると思ったし、勝つ喜びを味わったり、レスリングを通じて我慢することを覚えてほしいと思って。それと、レスリングがある日は、夜コロッと寝るんで(爆笑)。そこ結構大事ですよ!!」

大事なのは子どもの気持ち。親はそのサポート役

足腰がとてもしっかりしている弘人くん。パパのマネをして四股を踏んでいるときも、まったくブラつかないさすがの安定感! お散歩のときも、弘人くんの歩くスピードがあまりにも早いため、琴奨菊関は自転車に乗ってついていくこともあるとか! 身体能力の高さは、やはり遺伝的なものを感じます。将来にも期待してしまうのでは?

「私は自分の夢を子どもに押し付けたりしたくはないんです。本人が自分で生きる道を見つけたら、子どもの気持ちや意向にそって、親としてサポートしていきたいと思っています。私が小さいころ、両親が自宅の庭に土俵を作ってくれて、そこで毎日稽古をしていたんです。(地元の)福岡県内で勝てない相手がいたら、その相手が通う道場まで家族が連れて行って練習を見たりもしました。そんな家族の支えがあって今の自分があるので、子どもにもそんな支え方をしたいと思っています」

親になら迷惑をかけてもいい。伸び伸びと成長を!

インタビューが行われたのは、琴奨菊関が所属する、佐渡ヶ嶽部屋。そこにはたくさんの力士がともに生活をしています。パパの稽古を見に、よく遊びに来るという弘人くん。お弟子さんやたくさんの大人に囲まれても物怖じせず、自分からコミニュケーションをとるくらい社交的! そんな息子の姿を、琴奨菊関は微笑ましく見つめます。

「子どもの夢は無限大。将来に関しては、本人の好きなことをしてほしいですね。親としては、さまざまなことに触れさせて、いろんなチャンスを与えたいです。スポーツだけじゃなく、海外にも行かせたいし、もう少し弘人が大きくなったら、動物を飼って、友達にもなってほしい。いろんな触れ合いを通じて、大きくなってほしいというのが私の願いです。厳しくするところはするけれど、それ以外では自由に。元気あふれる男の子になってほしいですね。子どもは親に迷惑をかけるくらいがちょうどいいし、親にだったら、迷惑をかけてもいいんですから」

関連リンク⇒⇒⇒ 琴奨菊和弘さん 今の時代、子どもに厳しくできるのは親だけ。たくさんの愛情もけじめも、ちゃんと伝えたい 【PAPA’S LIFE Vol.3 前編】

PROFILE
琴奨菊和弘さん
大相撲力士
1984年1月30日生まれ。福岡県出身。佐渡ヶ嶽部屋所属。小学生のときから相撲を始め、高知県の明徳義塾中学校へ進学。中学3年生のときに全国中学校相撲選手権大会で優勝し、中学横綱に。明徳義塾高校を卒業後、佐渡ヶ嶽部屋へ入門。2002年1月場所に初土俵を踏む。2011年大関昇進、2016年に初優勝を果たす。現在の番付は前頭筆頭(2019年5月場所現在)プライベートでは2015年に結婚、2017年4月に長男となる、弘人(ひろと)くんが誕生。
佐渡ヶ嶽部屋ホームページ

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課) 取材・文/長澤幸代(Milly)


この連載について

大相撲の世界で活躍する琴奨菊関、プライベートでは2歳の男の子のパパ! 愛情たっぷりのなかにも、礼儀を重んじる力士ならではの育児風景がありました。一年の半分以上は地方にいるというハードな毎日のなかで、どのようにお子さんとのふれあいの時間を持っているのでしょう。

最新の記事

琴奨菊和弘さん 子どもは親に迷惑かけるくらいがちょうどいい。とにかく元気いっぱいに、すくすく育ってほしい 【PAPA’S LIFE Vol.3 後編】

琴奨菊和弘さん 今の時代、子どもに厳しくできるのは親だけ。たくさんの愛情もけじめも、ちゃんと伝えたい 【PAPA’S LIFE Vol.3 前編】

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム