【心太】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.2】

コラム
公開日:2019/06/23
更新日:2019/07/23
【心太】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズVol.2】

日常で何となく使っている漢字クイズ第2弾がやってまいりました! 意外と間違っている読み方をしていることがあるかもしれない!? またまた普段の生活に隠れたあの漢字を出題していきますよ。さぁ、あなたは何問できるかな?? 早速、漢字クイズいってみよう!

「心太」はてさて? これなぁに?

タイトルにもあった「心太」!

何だと思いますか? これを大好きな人も多いはず。

漢字のイメージから考えると、なんだか寛大でおおらかな人のこと?なんて推測をしている方もいるのでは!?

ヒントは、食卓でよく見る食べ物....

正解は…

「心太」の読み方は?

=「ところてん」が正解☆

つるんとしてて暑い夏にはもってこいの食べ物ですよね。

その昔「ところてん」は俗に「こころふと」と呼ばれていたそうで、漢字では「心太」があてられたんだそうな。

まさかそのまま読んで「しんた」なんて答えてしまった人はいないかな?

「欠伸」=赤ちゃんの「欠伸」って可愛いですよね!これ、な~んだ?

この写真は大ヒント! 

赤ちゃんが眠い時に出るこの「欠伸」はシャッターチャンス!!

ママたちもよくランチの後の昼下がり、「欠伸」しているのでは??

おっと、少しヒントを出しすぎてしまったかな。もうわかりましたよね。

正解は…

「欠伸」の読み方は?

=「あくび」が正解☆

「欠伸」という字面からは、なかなか「あくび」と読める人は少ないのではないでしょうか?

これが分かったあなたは素晴らしい!!

「欠」は口をあけてする動きを表していて、「欠伸」はあくびをして背伸びをすることを表しているのだそう。

うんうん、背伸びをしながらする「欠伸」って最高かもしれないです!

「読本」=「〇〇ほん」

さぁ、いよいよ最後の問題です。

「読本」、あなたはどう読みましたか?

図書館の棚でよく見かけたり、子どもたちの学校でも「〇〇読本」なんてコーナーが作られていたりしますよね。

でもこれ、「どくほん」じゃないの? まさかの「よみほん」? 本当は何て読むの??

ヒントは、にごらない。

正しくは…

「読本」の読み方は?

=「とくほん」と読むのです☆

今までずっとにごらせて、「どくほん」だとばかり思っていましたが、正しくは「とくほん」と読むんですね~。

近年になり「どくほん」と読むことも多くなったため間違いではないのですが、ママだし、せっかくなら正しい読み方を覚えておいて損はないですよね♪

_______

いかがでしたか? 今回も目からうろこの「本当の」読み方が満載でした!! 回を重ねるごとに学びが多いこのコラム。「正しい読み方」を身に着けて聡明なママに大変身しちゃいましょう!

次回、第3回の「漢字クイズ」もお楽しみに~♪

関連リンク⇒⇒⇒【あり得る】なんて読む?【ママが読めないと恥ずかしい漢字クイズ】

文/佐藤彩

あなたにおすすめ

注目コラム